大好きな彼を飽きさせない!「愛され続ける」秘訣3つ

付き合い始めの頃は誰だってラブラブですが、付き合う時間が長くなると恋愛感情の炎も弱まり、いつのまにか風前の灯火……。でも大好きな彼には「いつまでも愛されたい」「大切にされたい」そんな風に思っている人は多いはず。では、一体どうすれば彼に愛され続けることができるのでしょうか? 恋愛心理カウンセラーの筆者が、大好きな彼に飽きられないための秘訣をご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:いつも身だしなみを整えておしゃれをする

多くの男性が口を揃えて言うことがあります。

「相手の女性にはいつも綺麗でいてほしい」

男性は、自分が年をとっても、相手にだらしないところを見せ始めても、女性にはいつまでも綺麗でいてほしいと思うものです。

そして、これを聞き流していると大変なことに! 放っておくと、男性は本当に綺麗な女性のところへ行ってしまいます。

ここで言う“美しさ”は、必ずしも“顔の造形の美しさ”ではありません。年相応に綺麗であり続けること、身だしなみやおしゃれをちゃんとしておくことが大切なのです。

付き合い初めの頃は、綺麗にお化粧をしてヒールを履いて出かけていたけれど、最近はノーメイクでも平気だし、服装にも気を使わなくなっている。

こんな彼女は多いのではないでしょうか?

しかし、こうした気の緩みは黄色信号です! すぐにでも自分自身を見直した方が得策。愛され続けたいと願うなら、いつも彼の前では綺麗な身だしなみを保ちましょう。

彼の理想も少し意識して

また服装や髪型は、自分自身のスタイルを持ちながらも、やはり彼の好みを少しずつ取り入れることも大切。

彼に愛され続けたければ、彼の理想に近づくことも必要です。

美しくいる努力を続けることが、彼に愛され続けるために必要な最低限の努力でもあるのです。

難しく考えなくても気をつければ誰にだってできる、とてもシンプルで簡単なことですね!

 

2:「ありがとう」をちゃんと言う

付き合って長いカップルだと、「この人だからいいや、大丈夫」などという甘えが出てくるかもしれません。

「やってもらって当たり前」「私だってやってあげている」という感覚。

「ありがとう」という何ともない当たり前のような言葉が、相手にきちんと言えていないのでは?

親しき仲にも礼儀ありというように、たとえどれだけ付き合いが長くなっても礼儀は大切にしたいものです。

感謝の気持ちを言葉に表わす

日常の些細なことでも感謝の気持ちを言葉に表わしてみては?

男性は、自分の行動に感謝してくれる女性をもっと大切にしたいと思うものです。

自分から「ありがとう」と言えるようになると、自然と相手も「ありがとう」と返してくれるようになります。

とても素敵な関係ですね。

 

3:時々距離を置いてみる

男性は束縛されるのがあまり好きではありません。自由でいたいと思う気持ちも女性より強いもの。

「今何してる?」「明日は何してる?」「すぐに会いたい」

この気持ちはひとまず落ち着けて、束縛しすぎないよう心がけたいものです。

たまには、毎日自分からしていたメールをやめて、相手からの連絡を待つのも一つです。

毎週末のデートが当たり前になっているとしたら、そのうちの1回を自分のための時間に使うのもいいでしょう。

自分磨きに使ったり、自分自身と向き合ったりすることで、マンネリが解消され、2人の時間をより大切に思うことができるはずです。

毎日一緒にいることや、ずっと近くにいるのもいいですが、たまには距離をおいてみるのも、愛され続けるためには必要な時間になるでしょう。

 

ちょっとしたことが愛されの秘訣!

「大好きな彼に愛され続けたい」「飽きられたなくない」女性であればきっとそう思いますよね。

愛されつづけるのはとても難しそうに思いますが、実際は日常の何気ない言葉使いや行動で、マンネリを防ぐことが可能です。

ちょっとした気遣い、ちょっとした我慢、彼といつまでもラブラブでいつづけるために、今からでも簡単に行動できますよ!