ついやりたくなっちゃけど…ダメ!「生理中に送りがちな」後悔LINE3つ

昨日までは大声で笑えるほど超元気だったのに、生理が近づいてくるとまるで別人になったかのような変わりっぷり。そして気が付けばスマホを手に取り、LINEで彼氏や好きな人に何かを打ち始めるではないですか。その送信ボタンを押す前に、ちょっと待った! その内容、本当に相手に送っていい内容でしょうか? 生理時によくある「女子が書くダメLINE」、ご紹介します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:被害妄想LINE

生理中や生理前の女性の大敵といえば被害妄想。

あってもないことを勝手に悪い方向に想像したり、思い込みが激しくなってしまったり、自分では分かっているのに歯止めがきかないまま被害妄想はどんどんひどい方向へ。

一番信頼している彼氏で、普段は疑ったりもしないのに、生理になると「浮気してるでしょ!」「あの子のこと本当は好きなんでしょ!」と言ってしまうこともあるのではないでしょうか?

筆者も彼と付き合い始めの頃は、あまりの被害妄想にびっくりされたことがありました。まさに、上記のようなLINEを送り、気づいた彼氏が「お風呂入ってたー」とすぐに電話をしてきました。

当時の筆者はほんの10分間の未読でも不安になり、脳内は妄想の世界が勝手に繰り広げられていました。付き合い始めの頃はかなりドン引きされていたとは思いますが、今では理解してくれるのでありがたいことです。

それでもこんな被害妄想LINEは送らないのが一番良いのですが…。

 

2:愚痴三昧LINE

生理中や生理前は特にイライラしますよね。それは十分わかります。

なので上の文章のように、どうしてもイライラしたことを彼に愚痴ってぶつけてしまいたくなるのが女性。ただ誰かに聞いて欲しいだけ。「そうだね、あいつムカつくね」と共感が欲しいだけ。分かります。

でも、男性はそんなこと分からないのです。どんなに生理だと伝えようが、ここまで愚痴ってくるか!? と思うのが男性の本音。

「もしやこれが彼女の本性なんだろうか?」と彼女の性格の悪さだって疑ってしまうことも、ないとは言えません。

ちょこっとした愚痴ならともかく、愚痴が続くと彼も疲れてしまいます。LINEメッセージは未読状態に…。

こういう文章には、一番自分の醜い部分が出てしまいます。それを見られてしまうので、気をつけたいところですよね。

 

3:別れたいLINE

生理時はとっても情緒不安定。情緒不安定になると、なぜか世間や周りのもの全てに不安を感じてしまい、その不安を一体どのように処理していいのか分からなくなってしまいます。

不安になりすぎてコントロールがきかず、彼氏に「別れたい」と言ってしまったり。でも本当はただ、気にかけて欲しいだけ。もっとかまって欲しいだけで、本当に別れたいわけないんです。

でも、そんなことを男性が理解するわけもなければ、“かまってもらいたいと思っている”とも分からないでしょう。

最悪のシナリオを考えれば、彼もあっさりと「わかった、別れよう」なんて承諾しちゃうパターンも……。

そんなことになってしまったら取り返しのつかないことで後悔してしまいます。

 

送る前に必ず考え直して!

特に生理中は無自覚にも思ってないことを相手に言ってしまいがち。女性ならば分かっても、いくら彼氏とは言え、男性には理解できないことがたくさんあるのです。

彼氏に一度落ち着いて相談ができるのであれば良いのですが、生理の悩みはなかなか伝えにくいですよね。

そんな時には、自分が何を書いているのかを必ず読み直し、そして考え直しを心がけてみてください!