エッチの誘いまで!酔って男友達に送っちゃったナイショのLINE

お酒に酔っているときは気が大きくなって、普段は絶対に言わずに心にしまっておくようなことも言ってしまったり、LINEをしてしまいがち。特にLINEは後に残るため、酔いが冷めてみたら「なんでこんなLINE送っちゃったの……」という後悔LINEを送ってしまっている可能性も。そんな体験を女性たちに聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:酔って送ったLINEほど怖いものはない

酔っ払って電話をかけるクセのある人もいますが、電話だと相手からも「酔ってるな」と思ってもらえるぶん、マシかもしれません。それに、ディテールを覚えていなければ、ダメージは少なく済むもの。

怖いのはLINE。確実に自分が打ったメッセージと、「既読」の文字……。起きて後悔して、恥ずかしさのあまり「非表示」にしてしまったり……。

 

2:酔って男友達に送っちゃったナイショのLINE3つ

(1)「今の彼と別れたら付き合おうね」

「女子会で飲みすぎて、羽目を外しちゃったのか、朝起きたら、“今の彼と別れたら付き合おう!”っていうLINEを男友達に送っちゃってたことがあります。

ちょうどそのとき、彼氏とケンカしていて、その友達のこと、ちょっと良いなぁって思ってたんです。でも、実際に別れるとかまでは考えてなかったのに……。お酒の勢いって怖いですね」(Iさん・29歳女性)

(2)「なんで○○くんには彼女がいるの?」

「私、酔うとけっこう人に絡んじゃうみたいなんですよねぇ。だから、なるべく飲まないように気をつけてるんですけどね。失敗したことはたくさんあります。

気になる男友達がいて、でもその人には彼女がいたんです。それをお互い知ってて仲良くしているのに、酔った勢いで“なんで○○くんには彼女がいるの?”ってLINEしていました。

“そんなこと言われても……”っていう返信来てました。それ以来、その彼とは距離ができちゃいましたね」(Gさん・26歳女性)

(3)「エッチだけでもダメ?」

「お酒が入るとどうしてもエロ系にオープンになっちゃいますよねぇ。普段からちょっとエッチとかしてみたいなぁっていう相手には、かなり危ないこと送っちゃうことがあります。

で、ちょっと前にアプリで知り合ったばかりの人に、“私のこと、どう思ってるの?”って絡んじゃいました。反応があまりよくないことに不安になったのか、“やっぱり、私って魅力ないかなぁ”とか、送っていて、最終的には、“エッチだけでもダメ?”っていうLINEをしていました」(Sさん・28歳女性)

 

3:まとめ

普段心の中に秘めた思いがあると、酔ったりしたときに表に出てきちゃって危ないということもありそうです。

だからと言って、酔っていない状態で送ったら完全にアウト。やはり、酔ったときはLINEしない癖をつけておきたいものです。

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!