やめてください…!男が「遊びの女にだけする」エッチのテク3つ

みなさんは、男子からどんなエッチテクを使われた経験がありますか? 気持ちよくしてくれるのはいいけれど、そこに愛情がないと、心も体もボロボロになってしまいますよね。今回は『初めてのオーガズム: 26人のハツイキ告白』の著者、箱崎キョウコさんに「男が遊びの女にだけするエッチテク」を解説していただきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:エッチ中毒にさせようとする

箱崎「エッチの快感を悪用して、自分に夢中にさせようとする……これは“遊びの女”にやりがちな行為です。

本命になればなるほど、一緒にいる時間が多く、長くなってきますから、そんな子をエッチ中毒にさせてしまっては、自分の身も持ちません。

“エッチだけ”という関係だからこそ、それだけを求めるように快感で手懐けようとするのです。愛情や優しさなどが使えないぶん、エッチで必要とされないと離れていってしまいますしね。

本当に好きな相手をモノにしたくて、エッチを悪用してくる男子もいますが、これは“モノになったとき”に変わります。

女子が愛情を示しているのに、ずっと“エッチ中毒”にさせようとする態度しか出てこないようでしたら、遊びの可能性は高いですね」

 

2:イジめてから、優しくする

箱崎「“もう好きじゃないから”とか“向こう行けよ”とか、精神的なイジメを受けたあとで体を優しく触られると、自分が求めていた愛情を激しく感じてしまい、気持ちよくなってしまう人がいます。

この倒錯した快感を与えようとしてくる場合も、“遊びの女”である可能性が高いですね。

体の快感はすごくありますが、基本的に日常で精神が不安でいっぱいになりますから、本命相手にそんなひどいことはできないはずです。

相手がそんな状態になってしまったら、自分だって付き合うのが大変です。“遊びの女”くらいの距離感がなければ、これを実行しようとは思わないでしょうね」

 

3:気持ちよくさせてもらうことしか考えていない

箱崎「最近多いのが、“自分だけ気持ちよくなること”を考えているパターン。やはり、本当に好きな人には嫌われたくないですから、“気持ちよくなりたい系”の男子だって、本命が相手だったら一生懸命、相手を気持ちよくさせようとするはず。

これも気持ちがひとつもなく、あなたに触ってもらうことばかり考えている場合は、“遊びの女”認定されている可能性が高いですよ。

気持ちよくなっている彼を見て、“こんな姿をさらけ出して、私がいないともうダメだし、私のことを大好きなのね”などと思ってはいけません。

彼はあなたではなくても、自分を触ってくれる人なら誰とでも、気持ちよくなることができます。

触っている相手よりもむしろ、触られている自分に意識が集中しているとも言えます。そういう自分大好き人間なんですね」

 

男が遊びの女にだけするエッチテクを3つ解説していただきました。やば……私、こういうのされてる!と思ってしまった人は、今一度、彼との関係性を見直してみることをオススメします。