「一夜限りの関係」で性病や妊娠も…!? みんなの衝撃体験談!

一夜限りの関係……。なんだかロマンチックな響きもありますが、もしもそれで性病、妊娠なんてことになってしまったら、た~いへん! 今回は恋愛心理カウンセラーの筆者が、そんな一夜限りの関係の真実を大曝露! みんな、どれくらい一夜限りの関係をしてるの? 一夜限りの関係がうまくいくことってあるの……? などなど、一夜限りの関係のアレコレをご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:一夜限りの関係ってしたことある?

まずは、みなさんがどれくらい一夜限りの関係を経験しているのか、改めて確認してみましょう。

今回は、日々数多くの女性相談者から恋愛相談、カラダの相談をいただく恋愛心理カウンセラーの筆者が、経験からおおよその割合を統計してみました。

 

(1)女性で「経験アリ」は30%

女性で、「一夜限りの関係を経験したことがある!」と答えた方は、全体のおよそ30%。

意外と多い……! と思いませんでしたか?

一夜限りの関係に持ち込まれてしまうまでは、人それぞれ様々な経緯があります。詳しく聞いてみると、その経緯は何パターンかに分類できます。

お酒の勢いで

まずはお酒の勢いで、というパターン。

よくありますが、お酒を飲んでいると、視界にフィルターがかかってしまい、飲み相手の男性がすごくカッコ良く見えてしまうことがあるのです。

さらに、エッチに対するハードルもイケない気持ちも低下してしまい、最終的にその相手とベッドイン……。

実はこれ、“ビール・ゴーグル効果”などと名付けられている、れっきとした心理学的効果のひとつなんです!

失恋の痛手で

このほかには、失恋の痛手で、というパターンもあります。

辛い恋をして、それを忘れたいがためにゆきずりのエッチに手を出すわけです。そして、ここにもお酒が絡んでいることも多々あるのは確か。

失恋で傷ついているのに、翌朝になってよく知らない人とヤってしまったショックで、その傷がさらにエグられることもままありますので、注意したいパターンです。

 

(2)「後悔した」は40%

一夜限りの関係を持った女性たちに、後悔したか、しないかを訊ねると……。

なんと、およそ40%が「後悔した」と答えています。

この中には、

「後悔したかなぁ……しないかなぁ……。うーん、でもやっぱり、よく考えてみると、後悔したかな」

などと、ちょっと曖昧ですが「よく考えたらやっぱり……」という人も混じっています。

そんな「ワンナイトラブを後悔した」みなさんが、どんなことに後悔しているのか? ちょっと覗いてみましょうね。

 

2:「一夜限りの関係」で後悔したこと

一夜限りの関係を経験した女性が後悔したこととは、一体どんなことだったのでしょうか?

 

(1) 噂になってしまった

一夜限りの関係だから、とホテルを利用したら、ホテル街を歩いているのを同僚に見られてしまい……。

こんなオチは最悪です!

次の日になったら、会社で「新しい彼氏ができたの?」などウワサになっていることも。

「もう別れたの……」

とピンチを切り抜けるしかないかも!?

 

(2)性病が不安になった

一夜限りの関係を持つときは、性病のことなどまったく気にならないことが多いもの。

でも、あとになって急に、性病の不安が頭をもたげることだってあります。

相手が知っている人ならともかくとして、相手がどこの誰だかわからないような状態では、連絡もとれず、不安だけが募ることも……。

 

(3)妊娠が不安になった

一夜限りの関係を結ぶときには、精神的に不安定で、イライラしているときも多いもの。

たとえば仕事や私生活で辛いことがあったり、彼氏にフラれた……などというときは、ストレスでホルモンバランスが崩れていることも少なくありません。

そこにワンナイトラブの後悔が加わったら……。ストレスで生理周期が遅れる場合もあるんです!

「もしかして妊娠じゃ……!?」

なんて、次の生理が来るまで気が気ではない生活が続いてしまいます。

 

(4)癖になってしまった

なんということでしょう!

少なからず「一夜限りの関係がクセになってしまう」という女性もいるのは事実です。

一夜限りの関係で後悔しているはずなのに、クセになってしまい、また次も一夜限りの関係を求めて夜の町に繰り出して……。

よくないとわかっているなら、なんとか、ほかのことで心の穴埋めをしていきましょうね。

 

(5)好きになってしまった

一夜限りの関係の相手を、好きになってしまった……。そんなことだってありえます。

元々、男性に比べて女性は、「カラダを重ねると相手に情が移り、好きになりやすい」という性質を持っています。

これに対して男性は、一夜限りの関係の相手と付き合いたいと思う人は少ないんです。ですから、「必然的に叶う確率の低い恋」が、新たな悩みのタネとなってしまうでしょう。

 

(6)朝になったらブサメンがいた

酔いに任せて、一夜限りの関係を持った結果、朝になったら自分の隣に、シラフだったら絶対にあり得ない相手が寝ていた……!

そんな悲劇を体験した女性もいるようです。察するに余りありますね。

ある意味、朝を迎えたときが、「最大級に後悔してしまう瞬間」でしょう。

 

(7)すごく冷たくされた

一夜限りの関係といっても、気持ちよくして気持ちよく終わる関係だってあります。でも……。

エッチが終わった瞬間に、相手の男性からすごく冷たくされたら、後悔せずにはいられません。

実際、一夜限りの関係を持とうとする男性のほとんどが、その先の進展よりも、目の前のエッチのことだけを考えているので、「エッチが終わったら相手の女性は必要ない」と思ってしまうこともあるんです。

しかし、いくら「カラダだけが目的」だからといっても、エッチのマナーは守って欲しいですよね。

 

(8)得るものがなかった

一夜限りの関係で女性が感じる後悔に多いのが、

「男と別れてから冷静に考えたら、得るものも、残されたものも、何もなかった」

というものです。

確かに、エッチはしました。そして、一時的にでも快楽を感じられたり、辛いことを忘れられたりはしたのかもしれません。

しかし、辛い記憶は翌朝になれば戻ってくるし、かといって新たに得たものがあるかと言われれば、何もない。相手においしい思いをさせただけムダだったのかも……と思ってもしかたないですね。

 

3:脈はナシ?「一夜限りの関係」の男性心理

ロマンチストな女性たちは、「一夜限りの関係から、本当に好きな人に発展して、やがて恋人同士に……」なんてことを、少なからず期待してしまうもの!

でも、それって、男性から見たらどうなのでしょうか?

一夜限りの関係は、ただの“脈ナシ”なのかどうか、気になる男性の本音をぶっちゃけー!

 

(1)「もう1回したい」のか「付き合いたい」のか

男性は、一夜限りの関係を持った女性に対して、「もう1回したい!」と思うものでしょうか? それとも、「付き合いたい」と考えるものなのでしょうか?

筆者の感触では、一夜限りの関係を持ったことのある男性で、相手のことを本気で好きになったことがある、あるいは好きだからシちゃった……という男性は、30%くらいです。

つまり、一夜限りの関係で「付き合いたい」という感情を覚える男性は、わずか30%!

残りの70%については、少なくとも、「真剣交際」は考えていないようです。

また、70 %のうち、「付き合いたくはないが、もう1回したい」という人もごくく少数。

付き合いたくはないけど、もう1回したい……というのは、つまり「セフレが欲しい」のと同じことですね。

男性陣からは「ワンナイトラブはセフレが欲しいからするわけじゃない」「2度と会わないことが前提だから、連絡先の交換も必要ない」という意見もありました。

そもそも、「あと腐れがないように、一夜限りの関係は行きずりの相手とだけ」という男性も多いんですよ!

 

(2)「責任」をどう考えているか?

一夜限りの関係に伴う“責任”について、男性はどのように考えているのでしょうか?

女性は、「エッチをしたのだから、お互いに責任がある」と考えてしまいがちですよね。

一方の男性は、「一夜限りの関係なのだから、責任はない」と考えがちです。

男性からしてみれば、相手に気持ちはないので、責任を取る気もない、といったところでしょうか。

全員が全員ではありませんが、男性の中には

「責任を取りたいと思えるような相手なら、一夜限りの関係ではなく、最初から告白する」

という人もいます。

裏を返せば、「責任を取りたくないからワンナイトラブなんだ!」ということも、女性としては知っておいたほうがいいのかもしれません。

 

(3)「一夜限りの関係から結婚!」Aさんの話

色々と絶望的なお話もしましたが、一夜限りの関係には、絶対に未来はないのか!?

と思いきや、現実を見ると、そういうわけでもないようです。

一夜限りの関係から結婚してしまった、女性Aさんのケースをご紹介します。

Aさんのワンナイトラブの相手は、職場の同僚で、飲み仲間。彼が仕事で失敗した日に、アルコールが入って彼は泥酔。彼を送ったものの、そばを離れられずにいたところを××××!

元々の知り合いや、仲間だった相手との一夜限りの関係は、そのあと気まずくなるのを避けたいという思いから、そのまま“なあなあ”で済まされることも多いもの。

しかし、彼のことを好きになってしまったAさんは、なんと、後日彼を昼間のデートにお誘いしたのです。

何度か会って、あらためてお互いに会話を重ねた上での夜のデート。

そのとき、とうとう彼から「付き合おう」のひと言を引き出し、最終的に数年後、ふたりは結婚へ……。

あとから彼が告白したところによれば、飲み友達だったころから、Aさんのことを「ちょっといいな」とは思っていたものの、言い出せなかったそう。

カラダの関係を結んだ後も、なりゆきでエッチをしてしまったことで、正直「終わった……」と思った彼でしたが、彼女から誘いをもらって、告白する勇気をもてたのだとか。

仲間内でのワンナイトラブは、実は「元々いいなと思っていた」という好意から発生しやすいものなんですね!

それを知らずに、「気まずいから」という理由で相手と距離を置いてしまうと、せっかくの付き合える可能性を潰してしまうことにも!?

 

4:一夜限りの関係で「妊娠」!?

一夜限りの関係で、妊娠することってあるのでしょうか? 「そんなことないでしょ!」なんて甘く見ていると、困ってしまうことになるかも……。

 

(1)1回だけだって可能性はある

実際に、たった1回の性交渉であっても、妊娠の可能性あります。

タイミングが合えば妊娠は“しちゃう”もの! また、周期の上では大丈夫と思っていても、女性の周期は、自分が知らないうちにズレている場合もあります。

1回だから、はまったく安心材料にはなりません!

 

(2)ピルで避妊、コンドームで性病対策

一夜限りの関係で気をつけたいのは妊娠ばかりではありません。

性病もまた、一夜限りの関係で女性が抱える可能性のあるリスクのひとつ。ひとたび性病にかかってしまえば、それが完治したとしても、不妊や子宮外妊娠といった後遺症リスクを抱えるケースも!

これらの危険を避けるためには、たとえワンナイトラブであったとしても、コンドームでの性病対策と避妊は不可欠です。

また、日常的に低用量ピルで避妊をしておくことも有効でしょう。

ご存じの方も多いと思いますが、低用量ピルだけでは性病対策にはなりません。低用量ピルを飲んでいる方も、コンドームは必ず忘れないようにしてくださいね。

 

(3)アフターピルのことも知っておこう

大変! なんの避妊対策をせずに一夜限りの関係を持ってしまった!

周期を計算してみても、妊娠しちゃう可能性が否めない……そんなときには、アフターピルが役立ちます。

アフターピルはエッチをしてしまった後の緊急避妊薬。正しく服用すれば妊娠の可能性を限りなく減らすことのできるお薬で、実際、海外では、不幸なトラブルに巻き込まれた場合の対策として、親が娘にアフターピルを持たせているという国もあります。

日本では、アフターピルは産婦人科で処方してもらえます。取り扱っていない医院もありますので、ネットなどで事前に調べてみてください。

アフターピルには服用のリミットがあります。それはエッチのあと72時間。つまり3日間です。そして、服用時間が遅くなればなるほど、避妊率がじりじりと下がることも知られています。心配なことがあった場合には、翌朝すぐに産婦人科へ。

金曜夜のワンナイトラブのときにも、土日に処方してくれるクリニックなどもあるので、「処方してくれるところがない」なんて諦めず、ネットなどで調べてください。最悪、月曜日でも、理論上は間に合います。

「週末を不安でいっぱいで過ごして、友達に相談したら、絶対アフターピルをすぐ飲んだ方がいいと言われて月曜朝にクリニックで処方してもらった。そのとき、妊娠していたかどうかはわからないけれど、できることはやったんだからと安心感につながった。妊娠もしなくて、本当によかった」

という人もいます。

ちなみに、アフターピルは保険適用外の薬なので、検査も含めて費用は1万円~3万円ほどかかります。

不用意な妊娠ほど、女性を傷つけることはありません。ワンナイトラブがダメとはいいませんが、なし崩し的な行動は、自分自身をさらに苦しめる可能性があることも忘れないでください。

とはいえ、人間は完璧ではありません。“間違い”をおかすことだってあります。万が一、不安なことがあったら、ひとりで抱え込まず、すぐに専門家に相談してくださいね。