優しい彼氏だけど別れたい…彼氏との「別れ方」講座【優しい彼氏編】

彼氏と別れたいと思う原因はたくさんあります。彼がDVだったり、浮気ばかりするようならすぐにでも別れる決心ができますが、もしも優しい彼氏だったら? こちらから別れを切り出すのが申し訳なく思ってしまうかもですよね。今回は、「優しいんだけど、でも別れたい……」っていう彼との別れ方をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:優しい彼氏との別れ方は? 別れてもいいの?

付き合っている彼は優しく接してくれる。それでも別れたい。ハッキリとした理由がないのに別れたいと思ってしまったときは、迷いが生じるものです。

(1)優しいけれど、不安な気持ちになる理由

優しい彼を持っている人の中には、“優しいからこそ不安になってしまう”という人もいます。相手があまりにも尽くしてくれると、「どうしてこんなに相手が優しいのか?」という幸せな悩みも出てきてしまうんです。

普通の人は優しくされたら喜びますが、度を超した優しさは「何か裏があるんじゃないか」という想像を生み出す要因にもなります。また、「自分には、こんなに優しくしてくれる彼は相応しくない」と思ってしまう人もいるでしょう。

(2)優しいからこそ別れるのが大変?

こんな風に、優しい彼だからこそ不安に駆られてしまった場合に別れを考える人もいます。でも、これが以外と大変なんです。

相手に明らかな非があれば、それを原因に別れる口実を作ることもできます。ですが、優しくて尽くしてくれる彼に「なんとなく不安になるから別れよう」と言っても、わかってもらえるはずもありませんよね。

そして、優しい彼なら、あなたが「別れたい」と言ったとき、きっとこう返してくるでしょう。「どうして? 僕にダメなところがあるなら直すから教えて」と。こんな風に食い下がってくる相手を冷たく突き放せますか?

(3)なぜ優しい彼氏と別れたくなってしまうのか?

優しい彼と別れたくなってしまう原因は様々。「優しすぎて物足りない」というのもそのひとつでしょう。

人はないものねだりをしてしまう生き物です。自分の彼がちょっと強引だと「もっと優しくして欲しい」と言い、彼が優しすぎると「もう少し強気で強引なほうがいい」と言い出すのです。

もちろんほかにも理由はあるでしょうが、刺激が欲しくなるということは多いのではないでしょうか?

 

2:優しい彼氏と別れる方法!別れ方10ステップ

さて、優しい彼と別れるのがなかなか骨の折れる作業だということがわかってもらえたと思います。では、そんな彼と実際に別れるまでの10個のステップをご紹介します。

ステップ1:連絡の回数を減らす

まず彼との連絡の回数を減らします。このくらいなら自分の方に負担も少なくすんなりできる人が多いはず。

彼からの連絡は相変わらずの数だったとしても、自分からの返事はなるべく遅くしてみるといいでしょう。勘のいい彼なら、ここであなたの変化に気が付いてくれるはずです。

ステップ2:会う回数を減らす

連絡の回数を減らしたあとは、会う回数を減らしていきましょう。

理由はなんでもいいです。たとえば「ちょっと仕事で疲れているから会うのが大変」とか、誘われるたびに「友達との約束が入っちゃってて……ごめんね」とか。

ここで彼がちょっと強引にでもデートの約束を取り付けようとしてきたら、ドタキャンをしてみるのもひとつの手です。ただし、その理由は体調不良か仕事のどちらかにしておいた方が、穏便に済ませられるでしょう。

ステップ3:会っても態度を冷たくする

会う回数を減らしても、まだ彼が全然あなたの変化に気づいてくれない可能性だってありますね。会ったときに普通に接していては、いつまで経っても彼は気づいてくれないかも。

会う回数を減らしつつ、会ったときにも心ここにあらずのような状態で彼に接してみましょう。相手が目の前にいるとなかなか冷たくするのが心苦しいかもしれませんが、ここが踏ん張り時です。

ステップ4:「好き」と言わない

彼に定期的に「好き」と言っているのなら、それを止めることも重要。しばらくの間「好きだよ」とか「愛してるよ」などという、わかりやすい言葉での愛情表現をなくしてみましょう。

彼がふと「最近好きって言われてないな」と気づいたときには、彼の方から「最近好きって言ってくれなくなったよね」と聞いてくるかも。その時、もし勇気を出せれば「うん、そうだね」と言ってみても良しです。

ステップ5:キスを拒む

言葉での愛情表現を止めると同時に、彼とのスキンシップも拒み始めることが必要です。会えばキスの1回や2回は普通にするでしょうが、彼がキスしてこようとしたらさりげなくかわすのです。

あからさまに拒むのが怖かったら、「人前だから」と理由をつけてもいいでしょう。でも、できればだんだんとキス自体を嫌がるフリをするのがGood。

ステップ6:記念日や誕生日は別の予定を入れる

優しい彼はあなたとの記念日や誕生日をしっかり覚えていてくれて、いつもお祝いをしてくれるはずですよね。でもそんな大切な日に彼女が別の予定をいれていたら……さすがに、鈍感な彼でも「ちょっと様子がおかしいぞ?」と気づいてくれる可能性大。

特に誕生日などは、相手に「私の心があなたから離れています」と暗に伝えるには絶好のチャンス。プレゼントなど先に用意されないように、「今年の誕生日は友達と過ごすから」と断ってしまいましょう。

ステップ7:笑顔を見せない

ここまですれば大抵の彼はあなたの心が離れていることに気づいてくれて、なんらかの行動を起こしてくれると思います。ここからはかなり冷たく相手を突き放していく段階です。

彼と会っても笑顔を見せず、つまらなそうに振舞ってみましょう。彼は必死であなたを楽しませようとするかもしれませんが、ここで喜んでしまっては今までの苦労が水の泡です。

ステップ8:ほかの男性とも遊ぶ

彼に少しずつ違和感が伝わってきたら、ほかの男性と遊んでいることを伝えてみるといいでしょう。もしかしたら浮気と勘違いして怒るかもしれませんが、もしそれで相手から別れを切り出してくれたら、自分から振らなくて済みます。

ただし本当に浮気するのはルール違反かも。

ステップ9:「一緒にいるのが辛い」とつぶやく

彼との間に段々と悲壮感がただよってきた段階で、彼と一緒にいるときに「一緒にいるのが辛い……」とつぶやきます。

これはかなりの確率で別れの決定打になりますので、相手にしっかり聞こえるように言うことが大事です。

ステップ10:「別れ話」をする

「一緒にいるのが辛い」とつぶやいても、彼はまだ「なんで?」と食い下がってくるかもしれません。でももうここまで言ってしまったのなら、何を言っても同じです。

ついに「別れましょう」と告げるときがきたのです。

彼はすんなりと納得してくれないかもしれません。でも、心が折れないようにしてくださいね。中途半端な別れ方は、逆に彼を苦しませる結果にもなりかねませんから。

 

3:優しい彼氏との「別れ話」エピソード3つ

さてここで、実際に優しい彼と別れた経験のある女性たちに話を聞いてみましょう。

(1)最後まで優しかったけど……好きと思えなくなった

「その彼は本当にいつも私を大事にしてくれて、最後の最後まで優しかったんです。でも、そんな彼といても何も得るものがないと思えてきて。一緒にいても意味ないんじゃないかって感覚になってからは、好きだって気持が薄れてきちゃって。散々悩んだ挙句に、別れを告げました」(Fさん/28歳)

(2)「嫌い」と思わせてくれたのも優しさ?

「彼との間にちょっとずつ距離を感じるようになってきてたんです。そしたら、ある日彼がいきなり別れようって言い出して。私が理由を聞いても“俺の気が変わっただけだから”って。

その時はショックでしたけど、結果的に私は彼を憎むことができたから、別れるのも楽だったなぁって。最後まで“嫌われる優しさ”を持ってたんだと思います」(Iさん/29歳)

(3)せめて自分が「嫌われ役」に……

「優しすぎて自分がダメになりそうだって思って別れを決意しました。別れの話をしても全然納得してくれなかったから、最後は私が“本当は別に好きな人ができちゃったんだよね。今はその人のことで頭がいっぱいなの”ってウソをついて。

彼を傷つけちゃったかもしれないけど、彼はその方が納得しやすいと思って」(Nさん/30歳)

 

4:優しい彼氏を「怒らせちゃった体験談」3つ

優しい彼と付き合っていると、なんでも許してもらえると勘違いし始める人もいます。でも優しい彼だって怒ることはあるんです。

(1)仕事中に連絡しすぎて……

「彼が優しすぎて仕事中でも連絡したらすぐに返事返してくれるから、どんどん遠慮がなくなってきちゃって。私はまだ学生だったから、仕事中の彼のこととか想像できなかったんですよね。

でもある日、連絡を1日中続けてたらさすがに怒っちゃって“俺、仕事してるのわかってるよね?”って。反省しました」(Wさん/24歳)

(2)ふざけてつねりまくってたら……

「彼って何をしても笑って許してくれるんですよ。だから怒ったときはすごく驚きました。ベッドでイチャイチャしてたときに彼の二の腕とかお腹とかのお肉をちょっとずつ摘んでたんです。

最初は笑ってくれてたんだけど“痛いからやめろよ”って言うのを聞かずに続けてたら、“本気でやめろって!”って」(Hさん/27歳)

(3)ほかの男と遊んでる姿を見せすぎた

「優しすぎて何をしても怒らない男性って、ちょっと怖くなりません? だから自分への愛が本当なのか試したくなっちゃったんだと思います。最初は普通に“本当に愛してる?”とか聞くだけだったんですけど、段々エスカレートしちゃって。

その彼私がほかの男性と遊んでても怒らなかったんですけど、彼とのデートをすっぽかしてまで遊んでることがバレた日にはさすがに激怒されちゃいました」(Mさん/28歳)

 

5:それでも大好き!優しい彼氏のエピソード3つ

こんな風にときに不安にさせられる優しい彼氏ですが、やっぱり大好きという女性は多いです。

(1)いつでも「会いたい」と言ったら来てくれる

「彼は私が“寂しいな”とか“会いたいな”って言うと、すぐに来てくれます。もちろん仕事中とかはムリですけど、それでも朝まで仕事してそのまま会いに来てくれたりとかしたときは感動しました」(Wさん/24歳)

(2)ほかの女の子のことで怒ったらお詫びのプレゼント

「優しすぎるくらい優しい彼なんですけど、そのせいもあってか、ほかの女の子からもモテるしよく遊びに誘われてるんですよ。それに嫉妬して怒ったら、謝ってくれた上に、次のデートの時“お詫びになんでも好きなモノ買ってあげる”って言われちゃいました」(Hさん/27歳)

(3)毎日「愛してるよ」

「彼、優しいうえに、日本の男性では珍しいくらい愛情表現も豊かなんです。だから毎日“愛してるよ”って言ってくれます」(Mさん/28歳)

毎日“愛してるよ”なんて言われたら…やっぱり大好き

 

6:優しい彼氏から来た優しいLINEを大公開!

次は優しい彼からきたほっこりするLINEを教えてもらいました。

(1)「いつも癒してくれてありがとう」

「彼から来ていちばん嬉しかったLINEは、“いつも俺のこと癒してくれてありがとう。Mは俺の最高のパートナーだよ”ってやつですね。もちろんスクショして寝る前とかに見てニヤニヤしちゃてます」(Mさん/28歳)

(2)「眠れるまで付き合ってあげる」

「私が“怖い夢観て起きちゃった”ってLINEしたら、“じゃあ、怖くなくなって、眠れるまで付き合ってあげるよ”って言われました。優しいでしょ!」(Hさん/27歳)

(3)「地震大丈夫?」「雷大丈夫?」「大雨大丈夫?」

「彼ちょっと過保護なところもあるんです。私が怖がりだからっていうのもあるんですけど、地震があるといつも“地震大丈夫?”って送ってきてくれるし、“雷大丈夫?”とか、この前なんて“大雨だけど大丈夫?”って。ちょっと笑っちゃいました」(Wさん/24歳)

 

7:優しい彼氏と別れても後悔しない?体験談3つ

最後に、優しい彼と別れた後どんなことが起きたのか、女性たちの体験談を聞いてみましょう。

(1)罪悪感が消えない……

「彼が優しかった分、振るときも辛かったんですけど、別れて1年経った今でも、彼の優しさを思い出すと苦しくなるし、“あんなに優しかった彼をなんで振っちゃったんだろう”って罪悪感が消えないですね。でももう元に戻るつもりはないので、しかたないって諦めてます」(Yさん/27歳)

(2)いまでも友達

「彼がなんでも許してくれる人だったからなのか、初めて別れてからも友達でいられる関係になってます。たぶん一生このまま友達でいられるんじゃないかな?私はそう願ってますね」(Kさん/30歳)

(3)優しい彼氏が豹変!?

「付き合ってたときには1回も怒らなかった彼が、別れ話をした瞬間にいきなり怒り出して超怖かったです! でも今思えば、逆にあんな本性が隠れてたなら、結婚とか考えなくてよかったなぁってホッとしています」(Sさん/29歳)

 

こんな優しい彼氏がいる女性は羨ましく見えるかもしれません。でも、彼女たちには彼女たちの悩みがあるんでしょうね。