【画像付き】女のモテ顔診断!あなたは「モテる顔」してる!?

見た目より中身が大事……といいますが、恋愛において“顔”は重大な要素ですよね。では、愛される“モテ顔”ってどんな顔? 『Menjoy!』が徹底調査を行いました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:彼氏の顔・あなたの顔は“モテ顔”ですか?

モテる顔って一体どんな顔? 美人、イケメンがモテるのは確かですが、ただそれだけでは説明がつかないような気もしますよね。

「女のモテ顔の特徴は?」「美人じゃなくてもモテる顔ってあるの?」「男のモテ顔と女のモテ顔に違いはあるの?」……そんな数々の疑問に、メイクアップアーティストで『顔を見れば9割わかる』著者の及川尚輔氏に答えていただきました!

 

2:「女のモテる顔」の特徴

(1)毛穴レスのつるすべ肌

「肌がキレイなことは男女共通のモテ要素、とくに女性のほうが顕著です。女性のモテ顔で絶対に押さえておきたいポイントは“毛穴が目立たないこと”。

毛穴が開いていると男性的に見えて、一気にモテ度が下がってしまいます」。

(2)頬がふっくらしていること

「女性の場合、頬がふっくらしているとかわいらしい印象で、モテ度が上がります。

逆に、女優の天海祐希さんなどは、“美しい顔”ではあるのですが、面長で男性的に見えるため男性ウケはしにくいといえるでしょう」。

確かに、天海祐希さんは“モテ顔”というより“イケメン顔”ですよね。

(3)ナチュラルなアーチ型の眉

「“いかにも整えました”という感じの細眉よりも、ある程度の太さのあるナチュラルな眉が望ましいです。そのほうが柔らかな印象を与えます。たとえば、長澤まさみさんや有村架純さんですね。

また、直線的な眉は強情に見えてしまうので、ゆるやかなアーチ型がいいでしょう。色はライトブラウン。最近の勢いのある女性芸能人では、この色のアイブロウマニキュアを使われている方が多いのではないでしょうか」。

(4)大きな瞳

「瞳が大きいこともモテの要素です。人の顔には、普遍的に美しいと感じられる“美の黄金比”というものがありますが、女性の場合、それよりもやや大きいほうがモテると思います」。

(5)長いまつ毛

「目があまり大きくなくても、まつ毛が長いとかなり印象が違います。“モテ顔”というには、12mmくらい欲しいところです。

ただし、まつ毛エクステやマスカラで盛りすぎると下品な印象になりますので、注意しましょう」。

(6)涙袋がある

「目の下がふっくらとして涙袋があると、優しく愛情深いような印象になります。これも女性のモテ顔の要素といえるでしょう」。

(7)鼻筋が通っていてまるみもある鼻

「鼻筋が通っていることは大切なのですが、鼻先までシャープだとプライドが高そうで男性からは敬遠されてしまうかもしれません。

新垣結衣さんのようなちょっとまるみもある鼻のほうが、親しみやすさを感じさせてモテ度は高いでしょう。

また、鼻の穴が隠れているよりも若干見えるくらいのほうが、純粋で性格がよさそうな印象なります」。

(8)適度に厚い唇

「唇が薄いと冷たそうに見えますし、セクシーじゃありません。唇の平均的な厚さは上唇が約8mm、下唇が約10mmといわれていますので、それよりややふっくらしていると“モテ唇”といえるでしょう。女性の場合、メイクでみずみずしいツヤ感を出すことも大事ですね。

それから、口角がキュッと上がっていることは、男女共通のモテ要素です」。

(9)顔が左右対称である

「これも男女共通のモテ要素ですが、顔はなるべく左右対称に近いほうが望ましいです。見る人に安心感を与えます」。

 

3:毛穴レスのモテ顔づくりに使える!オススメアイテム5つ

sponsored

(1)マザー製薬「Remery(リメリー)」

Remery(リメリー)」は、ポツポツ毛穴や角栓、メラニンを含んだ古い角質による黒ずみやニキビなどが気になる、いちご鼻ケア専用の美容液。

使い方は簡単! 朝晩1日2回、洗顔後すぐ、いつものスキンケアの前に、専用のスポイト2プッシュ分を鼻につけるだけ。「すっぴんに自信がもてるようになった」「鏡を見るのが楽しくなった!」と口コミでも人気です!

 (2)リアルビューティケア『メルライン』

あごやフェイスラインは、他の部分に比べ毛穴が小さいために皮脂がつまりやすい。汗腺が少なく乾燥しやすいインナードライ状態のせいで皮脂の過剰分泌がおこる……。

メルライン」は、そんな、あご、フェイスラインの特徴によってできてしまうニキビ専用の医薬部外品保湿オールインワンゲルです。

ヒアルロン酸など10種類もの保湿成分で乾燥から肌のうるおいを守り、独自抽出のビオカタライザープラセンタにより、健康な肌サイクルをサポート。さらに日焼けによるシミ・ソバカスやニキビ跡もケアしてくれ、なめらかな肌に!

(3)ハーバーリンクスジャパン「サラフェプラス」

サラフェプラス」は毛穴を引き締めて汗を抑えてくれるフェノールスルホン酸亜鉛を配合した、顔にまで使える薬用制汗クリーム。

朝の洗顔後、化粧水のあと、汗をかいたりテカりがちなおでこや鼻に塗布! その上からメイクをすると、汗によるメイク崩れが防げます。メイクが落ちがちな眉毛部分にもおすすめですよ!

(4)アヤナス「AS BBクリーム」

敏感肌専用ブランドから登場した高機能BBクリームの「AS BBクリーム
」。毛穴だけでなく、小じわ、黄ぐすみにまでアプローチしてくれ、カバー力とツヤ出し効果に定評があります。

敏感肌ブランドだから、睡眠不足やストレスなどでゆらいでいる状態のときでも安心。うす~く伸ばすだけで、毛穴がすぅ~っと均一に! なめらかで明るいナチュラル肌が実現します。

(5)オンリーミネラル 「薬用ホワイトニングファンデーション」

厳選されたミネラルのみしか使用していない、洗顔せっけんのみで落とせるミネラル100%の「薬用ホワイトニングファンデーション」。微粒子が皮脂とまじりあって、毛穴もムラなくしっかり密着、ナチュラルでなめらかな毛穴を見せない肌に仕上げてくれます。

しかも、日焼け止め・化粧下地・コンシーラー・ファンデーション・フェイスパウダーと、ひとつで5役! 忙しい朝でも ささっとベースメイクができます。つけたまま眠れるほど肌にやさしいから、1日中、なんなら彼と一緒の朝までメイクしていても安心です。

今回は、無添加処方や医薬部外品を紹介していますが、もし、お肌に異常を感じたら、使用を止め、必要に応じて専門医に相談してくださいね。

 

4:女のモテる顔診断!チェックポイント

「かわいい系が好き」とか「キレイなお姉さんタイプがいい」など、人によって好みはそれぞれ。及川氏によれば、顔には個性があり、女性の場合、6つのタイプに分かれるそうです。

各タイプの代表的な“モテ顔女優”を挙げていただきました。

(1)北川景子(クールタイプ)

「北川景子さんの場合、鼻先が高い、顎がシャープ、下唇のほうが上唇よりも厚い、などのパーツの特徴から、とてもプライドが高い印象。自分からアタックするのではなく、相手から告白されるのを待つタイプのように見えますね。

そうすると、恋愛に消極的な現代の草食男子にとっては“高嶺の花”で、ちょっと手が出しにくい存在といえるかもしれません。Daigoさんのように自分から積極的にアプローチできる男性だといいのですが。ちなみに、キレイな二重で上がり気味の目はドMの男性にモテます」。

実際、Daigoさんは交際発覚以前から「自分はドM」と公言していました。“女王様に仕えたい”男性には、クールタイプの顔がドストライクということでしょうね。

(2)新垣結衣(エレガントタイプ)

「さきほども例に出しましたが、鼻に丸みがあって人当たりがソフトに見えます。それでいて、鼻筋は通っているので気品がある。

瞳が大きいのはもちろんこと、涙袋もあって最高のモテ目です。

それから顎が丸いので世話好きに見え、年下にもモテるでしょう」。

そういえば、先日、電車内で「ガッキーがいかにかわいいか」について熱く語り合っている男子高校生グループがいました。新垣結衣さんは“モテ顔”の代表格といえるかもしれませんね。

(3)石原さとみ(セクシータイプ)

「石原さとみさんといえば、唇の印象が強いですが、目元も要チェックです。二重でまつ毛が長く、潤んだ瞳、そして涙袋もしっかりある……。モテ要素を兼ね備えています。

それから、人中(鼻と上唇の間の溝部分)が短いのも特徴的ですね。人相科学的には人中が短いのは“八方美人”とされるのですが、そこがまた男性から見ると口説きやすい印象で、モテ度アップにつながっているのかもしれせん」。

(4)綾瀬はるか(フレッシュタイプ)

「左右非対称という点では、モテ顔の条件に反しているものの、肌の透明感、ナチュラル眉、鼻筋が通りつつ丸い鼻など、モテ要素の多くを満たしています。

また、北川景子さんとは対照的に、下唇よりも上唇のほうが厚いので、男性に惜しみなく愛を注いでくれるような印象です」。

(5)小嶋陽菜(キュートタイプ)

「典型的なキュートタイプで幸福なモテ顔です。目も眉も鼻も丸みがあり、周囲の人を和ませます。頬がふっくらしているので社交的なイメージも。

唇が上下ともに厚く、口角が上がっているところからセクシーさも感じられるお顔です」。

パーツをひとつひとつ見ていくと、モテ要素をほぼパーフェクトにそろえている感じですね。

(6)前田敦子(アクティブタイプ)

「AKB48時代からよくいわれていたことですが、いわゆる“美人”要素はあまりないのに、好感度の高いモテ顔です。

鼻は高くないし、顔の左右のバランスもあまりよくありませんよね。それでも、目が大きくてキラキラしていることや、エラが張っていることがモテにつながっているのでしょう。

後述しますが、女性に限っては、エラが少し張っていることもモテの一要素です」。

“欠点”ともいえる顔のパーツが、親しみやすさを感じさせたり、個性的に見えたりすることも人気の秘訣かもしれませんね。

 

5:男性のモテ顔の特徴

ここまで、女性のモテ顔について見てきましたが、過去記事「【画像付き】男のモテ顔診断!みんなの彼氏は“モテる顔”してる!?」を参考に、男性のモテ顔の特徴もおさらいしておきましょう。

(1)きめ細かい肌

男も女も清潔感が第一! ニキビ跡やシワ、シミ、たるみといった肌トラブルのない、きめ細やかな美肌はモテの必須要素です。

(2)シャープな小顔

かつては石原裕次郎さんのような存在感のある顔がモテましたが、今は男性も小顔ブーム。エラが張り過ぎないシャープな輪郭であることも重要です。

(3)適度に濃くアーチ型の眉

凛々しすぎる太眉は、今の時代にはウケません。太すぎず細すぎず、適度なカーブのある眉が、いまどき男子のモテ眉です。

(4)眉と目の間が近い

眉と目の間が近いほうが、フレンドリーで寄り添ってくれるような印象になるので、モテ度がアップします。

(5)目がはっきりと二重で大きい

切れ長で涼しげな目は男らしい印象ですが、最近は男らしさよりも中性的な顔が好まれる傾向。女性と同様、男性も二重で大きい目のほうがモテます。

(6)笑うと目じりが下がる

今まさしく大ブレイク中の坂口健太郎さんが典型例ですが、笑ったときに目尻が下がる男性は優しげな印象で女性ウケ抜群です。

(7)鼻が高い

鼻の付け根から高く、鼻筋が通っていることも男性のモテに欠かせません。また、男性の場合は、鼻先がスマートに尖っているほうが好まれます。

(8)鼻と口の間がゆったり広い

鼻と口の間に適度な間隔があると、知的な印象になります。

(9)口角が上がっている

これも男女共通ですが、口角が上がって引き締まった口元はモテ度をアップさせます。

 

6:ここが違う!「男のモテる顔」との比較

男性と女性では、“モテ顔”に共通点も多いのですが、以下のような違いもあるようです。

(1)男性のエラはNG、女性のエラはOK

「男性の場合、小顔でシャープな輪郭がモテ顔の条件。エラも張っていないほうが望ましいのですが、女性の場合、この条件があまり当てはまりません。

エラが張っていても女性はモテるんです。たとえば、大島優子さんや堀北真希さん。エラが張っているとしっかり者に見えるので、女性に甘えたい男性からモテます」。

(2)男性は“下がり目”、女性は“上がり目”が最近のモテ傾向

「最近の傾向として、男性は優しげな下がり目のほうがモテますが、逆に女性の目は少し上がり気味のほうがモテます。上がり目のほうが意思が強そうに見えるからです。

たとえば、石原さとみさんは、目が丸く、涙袋があることで垂れ目のイメージもありますが、よく見ると垂れ目じゃありません。優しそうでいて、凜とした面もあるのが、モテにつながっているのでしょう。

昔と違って、今は男女平等……むしろ女性のほうが強くなりつつあることが、“男性は下がり目、女性は上がり目”人気の背景にあるのかもしれません」。

 

今回は、女性・男性のモテ顔の特徴の総まとめを行いましたがいかがでしたか? 女性の場合、うまれつき美人ではなくても、メイクしだいで“モテ顔”を作ることはできます。今回の記事をご参考に、あなたもモテ顔を目指しましょう!

 

モテる顔を目指すならスキンケアにも気が抜けないッ!|PR

記事あったように、毛穴レスのつるすべ肌はモテる顔を目指すなら、外せないポイント。モテる顔づくりには絶対に欠かせない“つるすべの肌“を目指すなら、スキンケアコスメの選び方も大事です。

でも、「何か対策したいけれど、何から手をつければいいかわかない・・・」
そんなお悩み女性にこそ、おすすめなのが『糀肌くりーむ』です!

朝晩のお手入れは、これひとつで完了!うるおいを与えるだけでなく、しっかりと閉じ込めるから、続けるうちにぷるぷるの肌に。乾燥しやすいデコルテ、ひじやひざなどもしっとりと整えます。

美肌を育む成分が凝縮した、「糀」のチカラを活かしたスキンケア。ロート製薬『糀肌くりーむ』が大人の肌をしっとりと輝かせます。

気持ちまでやわらかに和んでくるようなやさしさと、しっとりとうるおってくる肌を体験してみませんか。

今なら先着1000名様限定で500円モニター募集中!

 

【取材協力】

及川尚輔・・・京都生まれ、京都育ち。これまでメイクアップを通じて、のべ10万人以上の顔を分析してきた実績をもつ。エスティローダーやボビイブラウンに所属し、日本を代表するメイクアップディレクターとして女性誌やテレビ出演、ファッションショーなどで活躍。近著に『顔を見れば9割わかる』(アスコム)がある。公式サイト:http://www.a-b-c.tv/

 

【参考】

及川尚輔(2016)『顔を見れば9割わかる』(アスコム)