「自称キラキラ男子」のカン違いLINEを3連発で晒し上げ…ッ!

みなさんは、自称キラキラ男子からのカン違いLINEが届いたことはありますか? 自称キラキラ男子たちのLINEは、キラキラした生活を見せびらかしたい欲にまみれていますが、女子から見ると「カン違いの極み?」と言いたくなるほどユニーク。今回は、そんなLINEを3連発で晒し上げ……ッ!です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:「芸能人の知り合いとか多いからさ、呼ぼうか?」

「キラキラ生活には芸能人のお友達が欠かせない」と信じてやまないカン違い男子たちは、嬉々として「俺、芸能人の知り合いとか多いからさ。今度、呼ぼうか?」などと、自慢げなLINEを送りつけてきます。

女子としては「飲み会にゲストが来てくれたら、盛り上がりそう!」と思うので、「ぜひお願い」と半分社交辞令も交えて返信。

ところが、この手のカン違い男子から届く返事は「じゃあ、芸人のケンジマンって奴呼ぶよ。まだデビューしてないんだけどさ」と、デビュー前の素人さんの名前を出して来たんですッ。

ケンジマンは何も悪くないのですが、女子としてはテンションだだ下がりに……。

 

2:「昨日も六本木ではじけちゃったよ~」

「キラキラ生活には、繁華街ではじけるスタイルが欠かせない」と思っている自称キラキラ男子。

「俺、昨日も六本木ではじけちゃったよ~」と、一方的な自分通信を送りつけてきます。

こちらも華やかな生活を送っている女子は「私も六本木いた!どこにいたの?」「言ってくれれば合流できたのに~」と返信しますが、自称な男子から返ってくるお返事は、往往にして「定食屋」や「安いチェーンの居酒屋」、「チェーン系のカラオケボックス」だったりします。

ホンモノのキラキラ生活を送っている女子にしてみれば、ガッカリな返答を嬉々として送りつけ、「俺って、キラキラでしょ?」的なアピール。

疲れますね。

 

3:「俺さ、女子からのLINE多くてさ、けっこう繁華街にいるんだ」

自称キラキラ男子は、聞かれてもいないのに「俺さ、女子からのLINE多くてさ、けっこう繁華街にいるんだ」などと、激しい自己アピールをしてくるのも特徴。

こんなLINEが届いたときには、100%社交辞令で「へ~モテるね!」などと、テキトーな返信をする女子も多いことでしょう。

ところが、そのあとの返事を見て驚愕。

「うん。俺さ、酒飲まないじゃん? だから夜中によく声がかかるんだよね」と、つまりのところ“タクシーがわり”で、夜中に呼ばれているだけ……。

ここまでカン違いが極みまで突っ走っていると、どう返信したらいいのかわからなくなっちゃいます……。

もはや返す言葉が見つからず、スタンプでお茶を濁してみた女子。

 

自称キラキラ男子たちのLINEは、カン違いにあふれていて、とってもユニーク。

みなさんも、こんなLINEが届いたら返信に困っちゃいますか!?