大逆転!興味なかったけど…「デート行ってみよう!」と思ったLINE4つ

出会ってすぐは興味がもてなかった男性でも、LINEをしているうちに「あれ、ちょっとおもしろそうかも。デートくらいは行ってみてもいいかな?」なんて思いなおすこともありますよね。そんな興味のなさを覆す、お誘いLINEを覗き見ッ! 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:ていねいな敬語のお誘い文章

「まるで仕事のメールのような敬語でていねいな長文のデートへのお誘いLINEがきて、ちょっとキュンてしちゃいました。LINEやデートのお誘いに不慣れな感じや、誠実で真面目そうな感じが好印象!

全然興味はなかったんですけど、もしかしたらいい彼氏になるかも?と思い直してデートに行ってみました」(24歳)

LINEでは珍しい

LINEは短文をポンポンッとテンポよく送りあえる気軽さが楽しいものです。

そんな中、ていねいな敬語で長文のLINEが来たら、目を引きますよね。相手がよほど真面目な性格なのか、LINEに慣れていないのかは定かではありませんが、一度会ってどんな人なのか確かめたくなっちゃいます。

 

2:ワインの試飲会など、面白そうなイベント

「いい人なのは伝わってくるんだけど、面白みに欠けるし、もう会わなくてもいいかな……なんて思っていた男性がいたんです。

でも、その人はワインの試飲会や、地元が近い人を呼ぶ飲み会など、様々なアイデアでお誘いをくれたんです。案外おもしろい人なのかな……っていつの間にか興味を持っちゃいました」(27歳)

普通のデートに飽きたら

面白そうなイベントに誘ってくれる男性は貴重ですよね。単純なデートに飽きてしまったら、こんな男性とお付き合いしてみるのもおもしろそうです!

沢山の面白そうなイベントやお店などに、常にアンテナをはっている好奇心豊かな男性は、会話しているだけでも勉強になるかも。

 

3:話題のお店に行きたいから、付き合ってもらえない?

「オープンしたばかりで、ネットやテレビで話題のお店に、“俺が行きたいから付き合ってもらえない?”と誘われたことがあります。

本当は女性を喜ばせたいのに、俺が行きたいと言って気を遣わせないようにする大人っぽさがステキでした」(25歳)

大人の気遣い

大人の気遣いにキュンとしてしまいそうです。行きたいところを聞かれるのもいいですが、ステキなプランをバシッと提案してくれる男らしさもかっこいい!

 

4:ちょっとLINEに付き合ってみる?

LINEの内容次第で、女性の気持ちがころッと変わることもあるんですね。

ナシ……と簡単に切り捨てず、少しLINEに向き合ってみると相手の印象も変わってくるかもしれませんよ!