破局から同棲・結婚まで!「付き合って半年のカップル」に起こること

お付き合いが順調に進み、いよいよ半年が経った……といったときに、様々な変化がカップルごとに起こるものです。あるカップルは結婚を考え始めたり、あるカップルは別れを考え始めたり。そんな「お付き合いして半年」という時期の現実を探ってみましょう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:付き合って半年ってどんな時期?

付き合って半年って、カップルにとってどんな時期なのでしょうか?

付き合いたての緊張や初々しさが徐々に落ち着き、お互いの信頼感が増してきます。

また、相手のいいところばかり見えていた最初のころとは異なり、悪いところやイヤなところも見えてくる時期でもあります。

よくも悪くもお互いを深く理解し始める「付き合って半年」は、その後の関係にとって、とても重要な意味を持ちます。

 

2:まだ早い?付き合って半年で同棲する際の注意点5つ

付き合って半年ほどで「同棲」を検討するカップルもチラホラ。とくに年齢を重ねていくと、お付き合いの先に「結婚」のふた文字がちらつきます。

そんなカップルが結婚も念頭に置いて、同棲を試すこともあります。

しかし、付き合って半年での同棲はまだちょっと早いのではないか?という懸念もあります。お互いの理解が深まったとはいえ、一緒にいる時間は、長くても旅行などの数日間程度だったのではないでしょうか?

お互いのことが本当に好きでも、人と一緒に生活を送ると、どうしても今まで通りにはいかないこともあります。

では、同棲するときどのようなことに注意すべきなのでしょうか?

半年で同棲する際の注意点

1.価値観の共有

「デートのときは羽振りのよかった彼氏が、実は家ではとても倹約家だった」、「びっくりするほど家具にこだわりが強い人だった」などなど、同棲を始めようとした途端に、彼の新しい面が見えてくることも。

家賃や光熱費の目安、家具・家電に対するこだわり、インテリアや部屋の雰囲気に関すること、などなど価値観の共有を早めにしておきましょう。

引っ越ししてから価値観の不一致でケンカ別れ……なんてことになると、とっても大変です。

2.家事の分担

家事の得手・不得手や、家事をこなす時間帯や周期などは、人それぞれ異なります。同棲をするなら、家事はどちらがするのか?何が得意なのか、苦手なのか?などなどを話し合っておきましょう。

「同棲したら家事は彼女が全部やってくれるはず……」なんて甘い考えの男性もいます。女性も、彼氏に気を遣って家事をすべて引き受けてしまいがち。

長年同棲しても不満やストレスがないように、家事は分担したり、曜日で当番制にしたり、それぞれのカップルに合った方法を見つけましょう。

3.夜遊び

夜の飲み会が意外と多いことや、残業が多くて夕食は一緒にとれないこともある、などなど、帰宅時間に関することも同棲するとケンカの要因のひとつに。

同棲をしたら夜遊びを控える、外食や飲み会を減らす、などの配慮が必要な場合もありそうです。

できれば、同棲前に普段のライフスタイルを共有し、相手がイヤがることは何かを把握できると対策しやすくなります。

4.ベッド問題

大好きな彼氏と一緒に寝ると幸せ……!という女性もいらっしゃいますよね。でも、彼氏のことは大好きだけどひとりで眠った方が落ち着く、なんて方もいるのではないでしょうか。

同じベッドで寝ることに抵抗がある場合は、早めに相手に相談しましょう。同棲用にダブルベッドを買ったのに、ほとんどひとりで寝ている……なんてことになると、ちょっともったいないですよね。

5. 恥じらいのなさ

一緒に生活をしていると、特別だったはずの彼との時間が日常になります。一緒にいることに慣れてしまい、まるでひとりでいるときのように恥じらいのない姿を彼に見せてしまうことも。

平気で彼の前で着替えられるようになったり、すっぴんを恥ずかしいと思わなくなったり。中には、「トイレのドアを開けっぱなしで使うことにも抵抗がなくなった」という女性もいます。

一緒にいても疲れない、気心が知れた仲、というのは素晴らしい関係です。でも、お付き合いして半年でまだまだラブラブしたいと感じていた彼氏はショックを受けてしまうことも。

恥じらいがなくなりすぎないように注意しましょう。

 

3:付き合って半年で結婚を決めた理由5つ

付き合って半年で結婚を決めたカップルもいるんです。半年なんて、まだ結婚するには早いのでは……?と思う人もいるかもしれません。

結婚を決めた理由はどんなことなのでしょうか?

気になるその理由を教えてもらいました。

(1)ほかにいなかった

「ほかにいい相手もとくにいないし、お互い結婚したい願望があったし、年齢的にも結婚したかった」……という理由。

ほかにいなかったから、だなんて、ちょっと消極的な答えのようにも感じますが……。それでもふたりが納得していて幸せなら、何の問題もありません。

(2)似ていた

「性格や雰囲気が自分と似ていて、運命を感じるほど」だったそう。この人だと感じて半年でプロポーズ。

自分と似ていることが結婚のきっかけや理由になることもあるんですね。

確かに、筆者からみても、このふたり、雰囲気がとっても似ているんです。そして、笑顔もなんだか似ている。お似合いの夫婦です。

(3)将来設計が立った

付き合って半年だけど、「貯金も十分貯まっていたし、ふたりの仕事や子供が欲しいことなど、将来設計がすっきり見通せた」というもの。

「将来の計画も一致し、お互いを選んだ先の未来が明るいと確信したから結婚に踏み切ることができた」のだとか。

(4)地元に一緒に帰る

東京で出会い、お付き合いを始めたふたりは偶然にも地元が同じ県の隣の市だったそう。そんなふたりは実は「そろそろ地元に帰りたい……」という思いを持っていたんです。

ふたりで一緒に地元へ帰ろうという話になり、そのタイミングで結婚しました。地元に帰りたい時期と、付き合って半年の時期が重なったんですね。

(5) 取られたくない

「かわいい彼女をほかの人にとられたくなくて、急いで結婚の話を進めた」という男性も。「大好きな彼女と一生一緒にいたい、ほかの男性にとられるのが怖い、と焦ってしまった」そうです。

結婚して、安心が欲しいのは男性も同じなのかもしれませんね。

 

4:付き合って半年で別れる要因5つ

先ほど紹介した「半年で結婚するカップル」とは反対に、「半年で別れるカップル」も。

その理由は一体なんだったのでしょうか……?

(1)思っていた人ではなかった

「半年経って、相手の本質が見えてきたが、それが自分と合わなかった」という意見。

「こんな人なんだろうなぁ」と付き合い始めたころに妄想した人物像と、本当の彼女がかけ離れていってしまったんですね。

(2)結婚は無理

「付き合っているのには十分な彼女だけど、結婚は無理だと感じて別れた」という男性も。「彼女の家事能力の低さや子供っぽさが、妻にするには無理かなぁと感じてしまった」のですって。

付き合いたい相手と結婚したい相手の理想が違うという男性にありがちなケースかもしれません。

(3)ほかに好きな人が……

「付き合って半年で彼女とマンネリ気味になり、そのときほかの女性に心を奪われてしまう」ということも。

付き合いたての刺激的な恋愛感情は、ずっと続くものではありません。そのマンネリや倦怠期を超えて仲を深められるかどうかが重要そうです。

(4)浮気

「彼女が浮気していると知って、ケンカになって別れてしまった」という事例も。浮気が原因で別れるカップルは時期に関係なくいますが、付き合って半年という時期は、安心感やマンネリなどの理由から浮気に走ってしまいがち。

お互いが浮気しないように、初心を忘れず相手を大切にする努力が必要かも!

(5)将来を考えて

付き合って半年経って、今までのふたりの関係を振り返ったり、これからの将来を考えたりする機会もありますよね。

そんなとき、自分が将来やりたいことと、彼女のしたいことが将来必ずすれ違い、両立できない……とネガティブになってしまうことも。もちろんお互いの結婚願望の有無も原因になります。

 

5:付き合って半年のお祝い!オススメプレゼント5選

付き合って半年、相手に「ありがとう」を伝えるプレゼントを贈るのもオススメです! 半年祝いで彼氏に送りたいプレゼントをご紹介。

(1)ルームウェア

付き合って半年たち、お互いのお家に遊びに行くことも増えてきますよね。そんなとき、自分の家に置いてもらう彼氏専用のルームウェアをプレゼントすると喜んでくれるかも!

女性ものの服を貸してあげても、サイズが小さかったりして落ち着きません。そんな彼が家でリラックスできるルームウェアはプレゼントにぴったり!

(2)手紙

半年の感謝を素直に書き表した手紙をプレゼントするのもオススメ。

付き合って数年後、こんな時期もあったね、とふたりで振り返ることもできますよ。半年間、手紙を渡す機会なんてなかった……という方は、ぜひ試してみてくださいね。

(3)お揃いの食器

おそろいのマグカップやカトラリーなど、ふたりで使えるものをプレゼントするのもステキです。

(4)マフラー

付き合って半年たつと、彼の好みも少しずつ分かってくるもの。しかし、洋服のサイズなどはちょっとまだ分からない……なんてことも。

マフラーなら、サイズを細かく気にする必要もありません。彼に似合いそうな色や、好みのものをプレゼントしやすいですね。この時期にピッタリのプレゼントです。

(5)おしゃれなお菓子

半年のプレゼントは、大げさなものでなくても大丈夫。いきなり、「半年間、ありがとう」とちょっとしたものを渡すだけでも喜んでくれますよ。

お菓子だと、彼氏も気負いすることなく受け取れます。可愛らしい「ありがとう」の文字入りクッキーやチョコレートなどを選んでみてください。

 

まとめ

結婚することになったり、別れてしまったり、案外何にも変わらなかったり。それぞれの「付き合って半年」があるようです。

付き合って半年の時期を上手に乗り越え、カップルの絆を深めましょう!