性格イケメンってどんな特徴?「性格イケメン診断」で彼をチェック!

顔がイケメン……に留まらず、現代では、「性格イケメン」というカテゴリーができつつあるのをご存知ですか? どうせ付き合うなら、顔イケメンより性格イケメンのほうがいい!? 今回は、そんな性格イケメンの生態を、恋愛心理カウンセラーの筆者がまるっと解説致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:性格イケメンってどんな男性?性格イケメン診断でわかる!

(1)イケメンだからと言って性格が悪いわけではもちろんない

あなたのイケメンの印象って、どんな印象ですか?

「顔がよければ性格もいいはず!」

……と思いたいところですが、現実的にはそういうものじゃないことを、あなたも私も知っていますよね。

しかし、同じように、

「イケメンだからきっと性格悪いんだろうな……」

というのもまた、ただの偏見! イケメンだからといって、性格がよくないとは限りませんよ!

もちろん、イケメンであることが災いして、性格が悪くなってしまった男子もいるでしょう。

しかし、あくまでもイケメンの全員が全員、性格が悪いわけではない、ということは、最低限認識しておきたいものです。

(2)イケメンで性格もいい「顔イケメン+性格イケメン」もいる!

女子にとっては夢のような話!

顔もイケメンなのに性格もいい、いわゆる「顔イケメン+性格イケメン」のダブルコンボも、世の中にはありえます。

……そう、ありえます! ありえなくはないのです!

ただ、相手がイケメンだと、つい、何を言われても信じたくなっちゃって、こちらが騙されやすくなってしまうというのも、あるっちゃある。

男性を性分を見極めるとき、顔だけではなく、性格がイケメンかどうかも気に掛けたいものです。

 

2:性格イケメン診断!彼は「性格も」イケメンかな?

(1)他人に対してていねい

仲間や彼女に対して、ていねいに接するのは、ある意味当たり前のこと。

むしろ注目したいのは、たいした関係性のない他人に対する態度です。

たとえば、レストランの店員さんに対して、きちんとした態度がとれているかどうかは、大切な見極めポイントとなるでしょう。

「友達や彼女にはそれなりにていねいに接しているようでも、赤の他人に対する態度がふてぶてしい」という人も、いるんですよね。そういう人は、性格ブサメンです。

(2)思いやりがある

他人に対して思いやりがあるかどうかも重要です。

子供やお年寄りなど、社会的弱者に対する思いやりを持っているかどうかには、特に注目しましょう。

人はいつ、自分自身が社会的弱者になってもおかしくありません。

そのような可能性は、万人が持っていると言えます。

彼氏自身がそうなるかもしれませんし、彼女がそうなるかも。あるいは、両親。今は若くても、やがて年をとる。社会的弱者に向かって進んでいると言えます。

そうなったときに、自分自身やあなた、あるいは両親を大切にできる人なのか? 子供が生まれたときに、その弱さを理解して、慈しむことができるのか?

性格イケメンなら、今も将来も、思いやりのある態度がとれます。

(3)家族を大事にしている

性格イケメンは、自分の家族を大事にしていることが多いようです。

彼自身の家族が何かしらの問題を抱えているケースでは別ですが、そうでない限り、家族を大切にし、良好な関係を築こうと努力を続けています。

家族を大事にすることで、結果として、お互いが、いちばん居心地よく過ごせるということを知っているのです。

今、自分の家族を大切にしていない人が、結婚してパートナーの家族を大切にすることは、ほとんどできません。

やり方がわからないからです。

でも、それはなぜかと考えると、彼の家族、特に親が彼に、家族を大切にする方法を教えてくれなかったからなのかも。

つまり、家族を大切にできない男性と結婚すると、結婚後に苦労する可能性が高いということ。

性格イケメンは、今の家族も未来の家族も大切にする人が多い。むしろ「大切にしなくてはならない」と考えています。

(4)悪口を言わない

人の悪口を言うことは、人を不快にする最大の方法のひとつです。

性格イケメンは、人の悪口を言いません。

悪口を言うと気分がいい、という人もいますが、それは性格ブサメン。

性格イケメンは、悪口を言うのも聞くのも好きではないのです。

(5)誰かのせいにしない

悪いことが起こると、人のせいにすることが日常化している……。

こうした人は性格ブサメンです。

でも、自分に非がある場合、認めなければ、それ以上のステップアップはできませんよね。

しかも、自分のせいにされた人は、たまったものではありません。

付き合ったら、彼女のせいにすること間違いナシ。何か起こったときも、責任を取ってくれませんよ!

性格イケメンにはこのようなことはないでしょう。

(6)恩に着せない

人に対して親切にする人は一定数います。

しかし、中には、親切にしたことを、「この前○○してあげたんだからさあー」と恩に着せるタイプの人もいるので要注意!

性格イケメンには、「やってあげたことはすぐ忘れる」というタイプが多いんです。

(7)同性の友達に誘われている

女性でも、同性の友達に一切誘われないタイプの人を、なかなか異性にオススメはできないな……と思いませんか?

男性でも同じ。性格イケメンには、同性の友達が、まあまあ以上の数、いるものです。

性格がイケメンなら、人から誘われますし、学校を卒業しても、同級生から誘われたり、入社してから同僚に誘われたりしているもの。

同性の友達から誘われるかどうかって、大事なところです。

(8)自分のことを後回しにできる

性格イケメンは、自分のことを後回しにすることに、ためらいがありません。

人間は誰でも、ある程度は、「自分のやりたいことをやりたい」、「自分を優先したい」という気持ちをもっています。

性格イケメンの場合は、他人のそうした欲求を汲み取って、自分の欲求はちょっと我慢したり、後回しにできるのです。

たとえばデートなら、女子の「○○したい」を優先してくれると同時に、女子の「リードされたい」という欲求を優先してくれることもあります。だから、関係がうまくいきやすいのです。

 

3:彼に教えてあげて!「性格イケメンになる方法」

(1)優しくなろう

とにかく、性格イケメンに「優しさ」は必要不可欠のものです。

それも、女性だけとか、気に入っている女性だけとかいう、限定した相手ではなく、「みんなに優しくする」ことが大切です。

(2)ポジティブになろう

ネガティブとポジティブ、どちらが人から好かれると思いますか?

正解は、ポジティブです。気付いている人も多いでしょう。

どうしてもネガティブに考えてしまうというタイプの男性は、ポジティブな思考を学ぶとともに、とにかく「ネガティブなことは、口にしない」ことを心がけましょう。

最悪、ネガティブなセリフを口から出さなければ、ポジティブなタイプに見えてきます。

(3)不快感は態度に出さないようにしよう

ネガティブ・ポジティブに通じるところがありますが、何か不快なことがあったからといって、不快感を態度に出さないように気を付けましょう。

特に気に入らないことがあったといって、態度が明らかに投げやりなのに、

「何かあった? 悪いコトしたかな?」

と聞かれると

「別に」「なんでもない」

などと答えるタイプは最悪!

(4)非を認めよう

何かができないときや、失敗してしまうときは誰にでもあります。

大切なのは、しくじってしまったあとの態度!

「自分には非がない」と主張したり、相手のせいにしたり、あからさまに機嫌を悪くするのは、もちろん性格イケメンとしてNGです。

むしろ、相手に非があったとしても、「自分にも責任の一端があった」と考えるくらいであれば、性格イケメンの素質アリでしょう。

(5)相手の気持ちを推測しよう

すべてに通じることですが、相手が今、どのような気持ちで過ごしているかを推測しましょう。

性格ブサメンの中には、推測できないどころか、その努力さえしない人が多いものです。

相手の気持ちが推測できれば、どのような対応が正解かもわかってくるでしょう。

 

4:究極の選択!「顔イケメンと性格イケメンどっちを選ぶ?」

(1)顔イケメンを選ぶ

「顔が気に入らなければ性格がどんなに良くても付き合っていけない」

「好きな人の顔はイケメンに見える」

などの意見が女性の中から多く聞かれます。

実際に、「顔イケメンと性格イケメンどっちにする?」と聞かれた場合、「顔」と答える女性は大体3割くらい。ですが、顔がある程度好みではないと、「長い人生、一緒にい続けるのは無理」というのも事実かも。

ちなみに既婚女性の中からは、

「ケンカになっても相手の顔が好きだから毎回許してしまう」

というような意見も聞かれますよ。

(2)性格イケメンを選ぶ

「いくら顔が良くても性格がよくなかったら無理」

「いつもビクビクした気持ちで過ごしたくない」

など、性格イケメンを選びたい女性たちからは、顔だけよくてもね……という意見がたくさんありました。

性格イケメンを選んで得するところは、「とにかく大事にしてもらえそうなところ」。

いくら顔がいい相手でも、自分のことを大事にしてくれない男性とはお付き合いしたくない、というのが彼女たちの本音です。

(3)そのほか

「やっぱり長く付き合うからには、価値観が一致するって大事! 性格というより価値観ですね」

という意見もあり、なかなか的を射ています。

「ただ優しくて、なんでもかんでもこっちの言うことを聞いてくれる必要はないけれど、優しさの中に、自分との共通点は必要!」。確かにそれは必須事項かも。

ほかには、

「顔よりも、性格よりもカラダでしょ!」

という大胆タイプの女子も!

カラダ……。これも好みが分かれるところですが、「顔より面積が広いから」と言われれば確かにそうかも!?

抱き合ってしまえば顔は見えないので(?)、首から下がどうなっているかも大切と言えるかもしれませんね。

 

5:顔も性格もイケメンがいい!

筆者の意見としてはやはり、

「顔も性格もイケメンがいい!」

と思います。ただし、これは世間一般で言う、芸能人のようなイケメンとはちょっと違うかも。

好きになった人の顔には、愛着が湧いてイケメンに見えたり、あるいは、一般にはそんなにイケメンじゃないけど、私から見たらイケメン……ということもよくあります。

そんな彼氏が性格もイケメンだったら最高じゃないですか?

恋人選びの基準は様々あるかと思いますが、あなたも性格イケメン彼氏を探したり……、あるいはあなたのイケメン彼氏を、性格イケメンに育ててみてくださいね。