彼氏がダサい…ッ!ダサダサコーデ8つと「彼氏の服装を変える」コツ

みなさんの彼氏は「ダサイ」ですか? 彼のファッションがダサめだと,、服装を変えたくなりますし、思わず服をプレゼントしてあげたくもなりますよね。今回は、みんなの彼氏のダサダサコーデと、「彼氏の服装を変える」コツを徹底解説します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「彼氏がダサい……」もう彼氏の服装を変えるっきゃない!?

ダサさ炸裂なファッションで自信満々にしている彼に気付いてしまったが最後、彼のことをちっとも「カッコいい」とは思えなくなりますよねぇ。

(1)ダサい彼氏にウンザリした瞬間…

ダサい彼氏にウンザリする瞬間って、意外と巷に溢れているのではないでしょうか。

スーツ姿の彼はカッコよく見えたのに、私服で会った途端に「こんなにダサいなんて……」と、愕然としたという話はよく聞きます。

私服を最初に見るシーンは、彼女にとっていろんな意味でドキドキの瞬間!

(2)ダサい彼氏に服をプレゼントしようと思うのだが?

ダサい彼氏をダサくなくするために、「そうだ! 洋服をプレゼントしてあげよう!」と、決意する女子も多いはず。

しかし、「いったい、どんな服をプレゼントすればいい?」、「もしも、プレゼントした服を着てくれなかったら?」、「服をあげたら“あなたってダサいね”って言っているみたい!?」などと、いろんな苦悩が彼女の頭をよぎります。

 

2:彼氏をダサいと思ってしまったダサダサファッション8つ

ここからは、彼のことを「ダサい」と思う女子に聞いた、彼氏のダサダサファッションを8つご紹介ッ!

(1)シルエットが懐かしいデニム

ずっと昔に流行ったシルエットのデニムは、ひと目見て「だ、ダサい……」ということに。

(2)サイズが合っていないボトム

ダボダボだったりピチピチだったり。明らかにサイズが合っていないボトムを履いている男子は、それだけでダサさ炸裂。

貧乏くさくも見えます。

(3)意味不明なロゴもの

イミフなロゴが入っているアイテムを嬉々として着ている彼も、「何それ!?」ですよね。

「そんな服、どこで見つけてくるの?」と思っても、聞けない……。

(4)ヒドすぎるメッセージ入りトップス

英語がわからない彼が、ヒドイ英語の書いてあるTシャツを嬉々として着ていたら……。彼女としては恥ずかしくなります。

外国人の彼氏が「俺は天才!」とか「天ぷらは人生」とか書いてあるTシャツを着ている、逆バージョンもしかり。

(5)シワシワの服

トップスでもボトムスでも、シワシワのアイテムを平然と着ていると、「ダサすぎだよ~」と叫びたくなるものです。

(6)色使いがチグハグ

紫のトップスに赤のパンツなど、「ゴルフウエアですか!?」と言いたくなるような色使いを街中でされてしまうと、「ダサいよ~」と思ってしまう女子、続出です。

(7)髪色と合わないテイスト

金髪の彼がコンサバなコーデをしていたり、黒髪の彼がぶっ飛んだコーデをしていたり……。髪色と合わないファッションに身を包んでいると、チグハグな印象からのダサさが炸裂。

(8)靴がいつも普通のスニーカー

スーツなのにスニーカー、フォーマルな場なのにスニーカーなど、「スニーカーは万能おしゃれアイテムだ!」と信じてやまない彼氏は、TPOをわきまえられないダサ男。

おしゃれなスニーカーならまだダサくないのに、普通スニーカーを履くせいで、さらに残念な感じになっています。

 

3:ダサい彼氏のプレゼントに選んであげたいアイテム3つ

では、ダサい彼氏にはどんなプレゼントをあげたらいいのでしょうか!?

(1)コート

羽織るだけで、ダサいコーディネートを一瞬でカバーしてくれるコート。秋冬時期、彼のダサさを隠してくれる万能アイテムです。

(2)マフラー

ダサいコーデにも、トレンドっぽいマフラーをひと巻きすれば、なんとかごまかしが効くことも。

今年なら、チェック柄がオススメです!

(3)バッグ

ダサいコーデでも、おしゃれなバッグを持たせてみると「それなり」になることも。

どんなファッションにも合わせやすいおしゃれバッグは、ダサい彼の救世主になります。

 

4:ダサい彼氏に服をプレゼントしてあげるときの注意点3つ

では、ダサい彼氏に「洋服をプレゼント!」というシーンでは、どんなことに気を付ければいいのでしょうか!?

(1)口が裂けても「ダサいからコレ着て」とは言わない

本音をすぐ口にしちゃう女子ほど、「いつもダサいから、今度からコレ着てね」などと、服をあげた理由を話したくなります。が、ここはグッと我慢。

本音を言ってしまうと、彼が傷つきます。

(2)絶対に嫌いそうなテイストは贈らない

ダサい彼でも、彼なりにファッションのポリシーがあるかもしれないので、「これはさすがに……絶対、嫌いだろうな」と思うテイストの服は、贈らないほうがいいでしょう。

せっかく贈っても、着てもらえなければ、ダサい彼は永遠にダサいままですから!

(3)ぴったりサイズを贈る

どんなにおしゃれな服でも、サイズが合っていないと途端にダサくなるので、プレゼントするときにも、ジャストサイズを選ぶのはマストです。

 

5:ダサい彼は、時間をかければなんとかなる!

「ウチの彼、ほんとダサすぎ!」と憮然としている女子もいるでしょう。けれど、ダサさは彼女であるあなたの努力でなんとかなります!

彼を傷つけないように、さりげなく“ダサくない路線”にシフトしていけるよう、長期戦に切り替えて、彼のファッションセンスを育てていってあげてください。