【年末座談会SP】幸せなSNSとの向き合い方は?今年流行語「インスタ映え」から考えた(後編)

マドカ・ジャスミンと『Menjoy!』ライターとの座談会も後半戦へ! 後半はマドジャスことマドカ・ジャスミンさんの肩書き『合コンコンサルタント』の話から始まり、『Menjoy!』ライター共に3人の知られざる恋愛話まで。最近はTwitterでナンパが流行ってる? 幸せを掴むためには、SNSとどう向き合うべきなのか? とことん語りつくします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

→【年末座談会SP】幸せなSNSとの向き合い方は?今年流行語「インスタ映え」から考えた(前編)はコチラ

1:肩書の「合コンコンサルタント」って何?

桃倉:「マドジャスさんの肩書ですが、『合コンコンサルタント』っていったい何なんですか?」

マドジャス:「そうですね、ただなんとなく肩書が欲しくて。“コンサルタント”とか名乗ると、なんかカッコいいじゃないすか」

毒島:「どんなことをするんですか? 合コンの幹事的な?」

マドジャス:「はい。その場にいない場合もありますが、女の子のセッティングからお店選びまで」

桃倉:「プロデューサーみたいな感じですか?」

マドジャス:「合コンの幹事ともいえるし、プロデューサーともいえますね、それらすべてひっくるめて、『合コンコンサルタント』みたいな」

合コンではしゃべれる女がモテる

たくさんの合コンを見てきた『合コンコンサルタント』だから語れる、合コン秘話について聞いてみました。

桃倉:「どんな人から依頼がくるんですか?」

マドジャス:「外資系から銀行員まで、幅広いですよ」

毒島:「ちなみに、どんな女性がモテますか?」

マドジャス:「そうですね~、かわいいだけじゃモテないですね。合コンですから、しゃべれて場を盛り上げられるような子。そして、なるべく依頼者のニーズに合う女性を呼んでいます」

毒島:「かわいいだけじゃダメなんですか?」

マドジャス:「かわいい子だけと飲みたいのなら、キャバクラに行けばいい話。でも、依頼者は合コンをしたいわけですから」

「かわいいだけじゃモテない」なんて話はウソかと思っていましたが、合コンコンサルタントが言うのなら、本当なんでしょう。合コンで求められるのは、トーク力らしい!

これを聞いた女子諸君、顔を磨くよりトークを磨け! ついでに歯も磨いとけ!

知人同士の集まりだからこその問題も

合コンというのは結局は誰かの知り合い。まったくの他人ではなく、知人同士の集まりだから安心できます。でも、ときに面倒くさいこともあるようです。

桃倉:「合コンって結局は知人同士の集まりじゃないですか、少し揉めたら、かなり面倒臭くなりません? たとえば、付き合ってもないのに“やっちゃった”だとか」

マドジャス:「ああ、ありますね。みんなしゃべりますから、すぐに広まるし」

毒島:「揉めごとが起きたら処理するのも、合コンコンサルタントの仕事なんですか?」

マドジャス:「基本、合コンのセッティングから開催まで、そのあとは個人に任せてますが、よく相談されますよ~」

毒島:「大変ですね」

桃倉:「結局、共通の知り合いが何人かいるわけですもんね。イヤだな~、1回やったら知り合いの竿姉妹がたくさんできるわけか(笑)」

マドジャス:「そうですよ、“人類はみな兄弟”ではないですが、世間は狭いですから」

毒島:「もしかしてこの3人もどこかでつながっていて、実は竿姉妹だったりして」

マドジャス:「ないない(笑)! でも確かに一夜の過ちとはいえ、体の関係を持ってしまった相手がほかの女とやったのとか聞くと、(合コンではありがちだけど)なんとも言えない気持ちになりますよ~」

桃倉:「私もそれイヤ! だから合コン苦手かも(笑)。呼ばれないですがね!」

やはり、お酒を交わす場でもあるわけですから、知人同士の集まりとはいえ、後戻りはできないトラブルはつきもの。

そんな間に立って指揮を執る『合コンコンサルタント』は、思っている以上に大変な仕事かも。

 

2:恋人とのLINEで心がけていること

数々の合コンを経験してきたマドカ・ジャスミンさん。自分もたくさんの経験をしてきたはず! 今回は、そんなマドジャスさんの恋愛話を少し聞いてみましょう。

また、全員プロのライターなわけで。対面ではなく、文面上(LINE)での彼とのやりとりで心がけていることはあるのでしょうか。

マドジャス流交際契約!

桃倉:「マドジャスさんに聞きます。いろんな人を見てきているとは思いますが、自分は男性とどのような恋愛をしてきましたか?」

毒島:「男性の落とし方とか聞きたい」

マドジャス:「過去に、気に入った男性に猛アタックして、いざエッチで挿れる直前に“付き合って!”と契約交渉を交わしたことありますよ(笑)」

毒島:「まさに契約ですね(笑)」

マドジャス:「まぁ、こんな感じで付き合うまでは簡単なんですがね。問題は付き合ってからですよ。付き合ってすぐに女の影が……」

桃倉:「彼とはどんなLINEをしていたんですか?」

マドジャス:「忙しかったのか、LINEもなかなか続かず、結局彼は、私の知名度で“少しネットで有名な奴と付き合ってるわ~”という認識でしかなかったと思います。

やっぱり、お互いをある程度わかり合ったあとで、付き合うほうがいいですね。そのためには、LINEなんかもやっぱり、まめなほうがいいと思います」

LINEはお互いのことをよりよく知ることができるツール。最低限の連絡ツールなんて言わないで、くだらない情報でもお互いのことを交換しあうことは大切なんですよね。

『Menjoy!』ライター2人の恋愛LINE

マドジャス:「桃倉さんは彼とのLINEはどんな感じですか?」

桃倉:「私は好きな人には即レスですよ。駆け引きとかなしに。駆け引きとかして返信の速度見ても、お互いいいことなんてないですよ。最近では駆け引きどうこうで、返信をあえて遅くするテクニックもあるようですが……。即レスはお互い気分がいいものです」

桃倉:「毒島さんは? 彼とのLINEで何か気を付けていることとかありますか?」

毒島:「私は、LINEって結局は顔がお互い見えないから、勘違いされないような文を毎回考えてます」

マドジャス:「それ、大事ですよね~」

LINEでの会話、いくら仲がよくても、お互い顔が見えないので軽はずみな発言は要注意。

3人とも自分なりに相手に気を使ったLINEを心がけてはいるようですね。

 

3:Twitterでナンパ!? SNSでの出会いとは

最近ではSNSでナンパは当たり前? 実際にされたり、逆ナンした経験はないのかをぶっちゃけます!

マッチングアプリよりもTwitter桃倉

ナンパといえば、以前『Menjoy!』の企画でノリノリで逆ナンをしていた桃倉。ナンパといえば桃倉。された経験含め、SNSでも逆ナンの経験について語ります。

毒島:「桃倉さん、SNSでナンパされたことありますか? そういえばこないだ、企画で逆ナンしてましたが」

桃倉:「あ、あたしですか? あー、あるっちゃ、ありますよ。毎日、Twitterで変なアカウントから“セックスしようよ”って来ますよ。逆ナン、懐かし(笑)」

毒島:「それナンパ? マドジャスさんは?」

マドジャス:「ナンパというか、DMで会いたいとか言われると、やばそうな奴じゃない限り会いますよ。特に女性が多いですかね」

桃倉:「あ~そういうのだったら、ちょっと気になる子にちょっかいでファボだとかリツイートとかして仲良くなってから、冗談でリプで“飲みに行こうぜ”なんて誘ってそれからDMくるの待ちます(笑)。DMは相手から!」

毒島:「完全に釣ってる、さすが桃倉」

桃倉:「マッチングアプリとかより安心じゃないですか? 実際にその人の発言とかも見れるし!」

桃倉の言うように、Twitterでそうやってちょっかいをかけてると、本当に向こうからDMが来るのだとか。これ、ほぼ逆ナンでしょうね(笑)。

 

4:幸せになりたいっ! いったい“誰に対する”SNSか?

最後にゲストのマドカジャスミンさんから、SNS上での自分の立ち位置に迷う女性(キラキラ女子など)に対してひと言!

桃倉:「では、時間になりましたので最後に何か、マドジャスさんから一言!」

マドジャス:「あ、えと……“SNS上での立ち位置の迷い”というのは、きっと誰に、どうモテたいのかというのがわかっていないんだと思います。

なので大切なのは、“自分が何を求めているかをいちばんに考える”こと。

たとえばね、“本気で誰かと付き合いたい”のであれば、港区で遊んでいる若手俳優なんてのは彼女作る気なんかさらさらないし、そんな人たちにモテようとするSNSの発信はマジで無駄だから!

あとインスタグラマーだとかぶりっこだとかは、みんなにウケたい、みんなに好かれたい人がすればいいの。

それよりも、“誰に好かれたいか”を明確にして、その人に好かれるようなことをSNSで発信していけばいいと思う! うん、こんな感じ!」

毒島:「そうですね、万人ウケって、難しいようで意外と簡単。毒島はこんな感じですが、本来の私は結構万人ウケかも。でも、それだと、どうしてもどこか溝は埋まらないような……」

マドジャス:「でしょでしょ! そこなんですよ!」

桃倉:「え、私、逆に万人ウケ苦手かも……」

毒島:「桃倉さん、すぐ特定の人に対してツイートするからね(笑)」

マドジャス:「誰に対しての発信か明確なのは、いいことではないですか?(笑)」

 

万人ウケを意識したSNSは、偽った姿であるーー。身に覚えありませんか?

今や、SNSは現実世界と、ほぼイコールに存在しています。そんな世界とどう向き合っていけばいいのか、少しでも迷いがある人に届けばと思います。

 

【プロフィール】

マドカ・ジャスミン・・・『合コンコンサルタント』。多くのメディアでコラムを手掛け、テレビなどにも多数出演。