彼氏の束縛はどこまで許せる?「束縛彼氏の特徴や心理」と診断法

彼氏からの束縛ってどこまで許せますか? 正直、彼氏の束縛を好きな人と嫌いな人がいると思います。束縛されていると愛を感じるというタイプと、束縛はただ苦しいだけというタイプです。どちらの価値観もありだと思いますが、相手を選ぶ際には注意が必要でしょう。今回は束縛彼氏について解明していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:彼氏に束縛されたいって思うのは変ですか?

(1)彼氏が束縛してくるのは愛情?

「彼氏に束縛されたいのに、してもらえない……」こういう風に悩んでいる女性の多くは、「束縛=愛」だと考えているのだと思います。

ですが、男性の束縛にも色々な種類があり、相手を自分の支配化に置きたいという支配欲求からの束縛や、相手が他の男と話しているのを見るのが嫌だという嫉妬から来る束縛、自分に自信がないせいで束縛するなど様々です。

単純に「束縛してくれないのは、愛してくれていないんだ」と考えるのは早計でしょう。

(2)束縛ってどこまでなら普通なの?

逆に束縛されすぎて、「そんなことまで口を出してくるの!?」という彼氏に辟易しているという女性もいるはず。

束縛ってある程度までは当たり前と言えそうですが、度を超した束縛はデートDVにもなりかねません。

基本的には「あなたの意見を尊重してくれるか?」が過度な束縛かどうかの見極め点だといえるのではないでしょうか? 理由もなくあなたの意見を無視するような束縛は、ただの暴力です。

 

2:友達関係に口を出す!?束縛彼氏の特徴7つ

では実際に束縛彼氏に束縛されすぎた女性たちの意見から、束縛彼氏の特徴を見てみましょう。

(1)SNSのつながりを全部聞かれる

「付き合ってすぐの頃に、私がSNSで繋がっている友達全員について、“この人とはどういう関係?”“一緒に遊んだりするの?”って聞かれてちょっと引きました。

付き合う前からの友達関係についてとやかく言われたくはないので、適当に答えてましたけど、その後もずっとSNSをチェックされ続けてて、それがストレスで別れちゃいました」(Oさん/28歳)

(2)一日中LINE

「最初はすごく寂しがり屋な人なのかと思ってたんです。だって、朝起きたら“おはよう”から始まって、“行ってきます”とか“昼休憩だよー”とか会社でもずっとLINEを送ってきて、会社から帰っても逐一私が何しているのか聞きたがって、“おやすみ”って言うまでLINEが続くんです。

最初はラブラブだったから楽しかったけど、途中から疲れちゃって。なんか一日中見張られているみたいな気分になっちゃいました」(Kさん/33歳)

(3)飲み会に行ったら彼も同じ店に!?

「会社の飲み会に行くことになって、彼に聞かれたからお店とか時間とかを伝えておいたんです。そしたら、飲み会の途中で同じお店に彼が一人で入ってきて! “こわっ”って思いましたね。

トイレに行くフリをして近づいて“どうしたの?”って聞いてみたら、“〇〇にダメな虫がつかないように見張ってるんだよ(笑)。帰りは一緒に帰ろう”って言われて。その後しばらく会社の飲み会は怖くて行けなくなりました」(Gさん/28歳)

(4)LINEに返信がないと電話が

「LINEってすぐに返信できるところが魅力なんでしょうけど、正直それが重荷になることってありません? 疲れてたりして、読んだけどそのまま寝オチしちゃったりとか。

でも今の彼、LINEに返信がないと何度も連続でメッセージ送ってくるし、この前既読のままスルーしてお風呂入ってたら、電話がかかってきて、いきなり電話で“何してるんだよ!”って怒鳴られちゃって……。

“お風呂入ってた”って言ったら、“本当か?”とか疑ってくるし、もう別れようかと思っています」(Eさん/30歳)

(5)友達全員に紹介しないと疑う

「前に付き合ってた彼が束縛彼氏でしたね。私の友達全員に紹介してって言われたときはかなり引きました。別に友達に紹介するのは良いんですけど、全員じゃなくても良いじゃないですか? こっちだって女の付き合いがあるし。

でも、そうやって紹介していない友達と遊びに行くって言うと“本当は男と会ってるんじゃないの?”とかって疑ってくるんですよ。本当に信じられなかったです」(Tさん/29歳)

(6)付き合ってすぐに半同棲状態に

「束縛してくる男性って寂しいのかわからないですけど、付き合うといつもすぐに家に泊まりにきて、そのまま何日も居座ったりして、半同棲状態になっちゃうことが多いですね。“家、帰らないの?”って聞くと、“他の男でも上げたいの?”とか疑いをかけてくるから面倒なのでそのままにしちゃいます。

ただ、本当に私のこと考えてくれてるなら、ちゃんと同棲したいんですけど、だいたい男性は自分のテリトリーはそのままにしておきたいみたいで、中途半端な状態が続いちゃいます」(Nさん/27歳)

(7)自信がない

「相手を束縛して安心したいってことは、自分に自信がないからなんでしょうね。束縛してくる男性って、たいていちょっと自分に悪いことがあったり失敗すると“どうせ俺なんか”とか言う気がします。

本当に自信があるなら、彼女から振られる心配もしないだろうし。そういう自信がないから振られないように必死になって、それが束縛になるんだと思ってます」(Hさん/30歳)

 

3:愛してくれてるの?束縛してくる彼氏の心理5つ

束縛って愛情なんでしょうか? 束縛してくる彼氏の心理を暴いてみましょう。

(1)失うのが怖い

まず一番にあるのは、失うのが怖いという心理状態です。相手が自分から離れていってしまうのではないかと思うと、不安になり過剰に相手の行動を気にしだします。そしていつでも自分の手の届く範囲にいてもらえるようにするために束縛という手を使うのです。

(2)自信がない

先ほどの女性のコメントにもあったように、束縛をしてくる男性はたいてい自信を持っていません。本当に自分に自信がある男性は、もっと精神的にも余裕があり、相手を束縛するほうが相手が離れていってしまうと理解できます。

(3)いつも以上に愛している

もちろん束縛の原因が愛情であることもあります。それまでに経験した恋愛とは全然違う次元で、「この人のことは絶対に離したくない」と思う気持ちが暴走すると、どうしようもなく不安になって束縛という行動にでるのでしょう。

(4)自分が上にいないと気がすまない

男性によっては、自分の方が女性(彼女)より上にいないと落ち着かないという考えの人もいます。こういう男性は相手を束縛することで自分の支配下に置いて、自分が偉いと勘違いして満足を得るタイプです。権威欲などが強いとこういう行動にでやすくなります。

(5)束縛していると思っていない

このパターンが一番厄介とも言えるかもしれませんが、恋人とは情報や交友関係などをすべて共有するのが当たり前と思っている男性も中にはいます。そういう男性は、彼女の友達とは自分も友達になるのが当然と思っていたり、彼女の行動は全部把握しておくべきと思っているので、自分が束縛彼氏だと気づいていません。

 

4:当てはまるほど要注意!束縛彼氏診断8個

束縛彼氏の特徴や心理を見てきたところで、あなたの彼が束縛彼氏かどうかを簡単に診断する項目をチェックしてみましょう。当てはまれば当てはまるほど、束縛彼氏と言うことができるでしょう。

(1)SNSをチェックしてくる

彼はあなたのSNSをいつもチェックしていませんか? 彼が「見ていない」と言っていても、あなたの伝えていない行動を知っていたりする場合もあるので気をつけて。

(2)行動範囲を把握しようとする

「友達と遊びに行く」と伝えたときに、「誰と?」「どこへ?」などを詳しく聞いてくるなら束縛彼氏といえるでしょう。

(3)友達関係に口をだす

友達と遊んで帰りが遅かったりした場合、彼から「その友達とはあんまり遊ばないほうが良いよ」などと言われる場合があります。友達関係に口を出し始めたら要注意です。

(4)抜き打ちで家に来る

休日や平日の夜などに、抜き打ちテストのように家に遊びに来たことはありませんか? その場合彼は「あなたの時間は自分の時間」と思っている可能性があります。

(5)会社の仕事に口を出す

束縛の度が大きくなると、仕事のやり方にまで口を出してくる男性がいます。仕事のやり方や会社に対してまで口を出す権利はありません。

(6)スマホをチェックしたがる

行動を全て把握するためには、今はスマホをチェックするのが一番早いといえます。「スマホ見せてー」と気軽に言ってきていても、それは束縛行動の一環かもしれません。

(7)PWを共有したがる

いくら恋人同士とは言え、SNSやスマホのパスワードなどを共有したがるのは度を超しています。一緒に貯金をするために口座を新しく開設したときなど、いつも使っているパスワードは教えないようにしましょう。

(8)好きな食べ物を押し付けてくる

束縛彼氏の特徴の一つとして、相手を自分色に染めたがる傾向があります。デートでいつも彼の好きな食べ物を勧められたり、服などの好みをこっそり伝えられたりするのも束縛の方法の一つです。

 

5:彼氏はどこまで束縛OK?男が逃げ出す束縛の境界線3つ

ここまで束縛彼氏の特徴などをお話してきましたが、逆の場合はどうなのでしょうか? 男性が嫌がる束縛の境界線を探ってみました。

(1)「遊びに行く」は信じて!

男性は時に一人や男性同士で遊びに行く時間を必要とします。彼が休みの日は全部自分(恋人)との時間だと考えていると、彼は逃げていってしまいます。「遊びに行って来る」と言うのなら、信じて待っていましょう。

(2)LINEの返信がなくても怒らない

男性は仕事の時間とプライベートの時間をキッチリ線引きしていることが多いもの。特に仕事の合間に来たLINEなどには返す余裕がないことだってあります。既読スルーをされたからと言って、過剰に反応して「何で返事を返しえてくれないの!?」などと責めるようなことをすると、彼は離れていってしまいますよ。

(3)女友達も許して!

彼が女友達と仲良くしているのをみると、焼きもちを妬いたり、不安になることもあるでしょう。ですが、彼が浮気をしているのでなければ女友達との関係に口出しをするのはご法度。心の狭い女だと思われないように気をつけてくださいね!

 

6:束縛されすぎは要注意!

恋人ならある程度は束縛されたいと思うのも女心です。ですが、あまりにも自由を奪うような束縛をしてくる彼は、本当は自分のことしか考えていない自己中なだけかもしれません。

束縛の強さ=愛の大きさなどという勘違いをしないように気をつけていないと、周りの友達関係まで壊されてしまうかもしれませんよ。