彼が感激するクリスマスサプライズ5選!一生の思い出つくる方法教えます

みなさんはクリスマスにサプライズを計画していますか? 「いちばん恋人と一緒にいたい日」というイメージのあるクリスマス。今年はイブが日曜日ということもあり、何かステキな計画を立てたいですよね~。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:クリスマスのサプライズ、計画してる?

オープンテーブルが行った『レストランでのサプライズ演出に関する消費者意識調査』によると、「レストランでのサプライズ演出をしたきっかけ(理由)」1位は、ダントツ(75.1%)で「自分以外の誕生日」であるものの、2位は「クリスマス」(22.1%)!

なんと3位の「結婚記念日」(20.7%)、4位の「プロポーズ」(15.6%)を超える数値です。「クリスマス」の特別度がよく現れた結果ではないでしょうか。

また、この意識調査の対象となったのが、「レストランでのサプライズ演出をしたことがある関東在住の25歳~64歳の男女353名」ということで、「サプライズ好き」な人たちが、「クリスマス」をいかに狙い目だと捉えているかわかりますね。

私たちも負けていられないっ!?

 

2:一生の思い出!彼の記憶に刻まれるクリスマスのサプライズ演出 5選

というわけで、「一生、彼の記憶に刻まれる」クリスマスのサプライズ演出を『Menjoy!』でもご紹介していきますよー。やってみてね。

(1)誘拐サンタ

「プレゼントは私ー!」なんて、ド定番すぎて、サプライズにもなんにもならない。それをやるなら、屈強なサンタを雇い、白い袋に包まれて、彼の前まで運ばれていきましょう。

「僕が欲しいものはコレだったんだ! サンタさん、ありがとうっ」と、きっと彼も大感激してくれるはず!?

サンタが届けてくれたのならば、「心から欲しいもの」に決まってますからね。

(2)ケーキ対決!

クリスマスには、デコレーションケーキを予約して、ちゃんと用意してくれる優しい彼氏も多いはず。

でもそんな彼に思い切って対決を挑んでみましょう!

「なんでっ!? なんでクリスマス用のケーキなんて買ってしまったの!? あれは前もって大量に作る必要があるから、そんなにおいしいものはできるわけないんだよ? その割に高いし……。ほらっ。こっちのいつも売っているほうのケーキを食べてごらん?」

クリスマス用ではないケーキならば、そんなに並ばなくても買えます。

せっかく用意したケーキを罵倒されて、口あんぐりしている彼に、あなたセレクトのケーキを押し込んであげれば、“うんま〜い!”とほっこり確実、めでたしめでたし。これぞギャップ萌えですね!?

(3)モミモミの木

クリスマスツリーと言えば、モミの木。ちょっと街に出れば、ステキなツリーがたくさんありますね。

美しくデコレーションされたクリスマスツリーを眺めながら、「わぁ〜っ!」とかわいく感動して、腕にちょこんと胸を押し当てる……くらいでは、「彼の一生の記憶」になど残りませんッ。

クリスマスツリーに彼が感動していたら、すかさず有名なもみの木の歌、『オークリスマスツリー』を歌いましょう。

そして、そのとき、「モミの木」のところを「モミモミ」に変えて、彼の股間に手を伸ばし、実際にモミモミしてみてください。

もし別れちゃったとしても、クリスマスが来るたびに、彼はあなたのことを思い出してしまうでしょうね……。

(4)「来年も一緒にいられますように☆」

「じゃあ俺は、ケーキを買って部屋を飾り付けしておくよっ」

「じゃあ私は、クリスマスツリー担当ねーっ!」

……迎えた当日。「うんしょ。うんしょ」とあなたが一生懸命に持ってきたのは、なんと「笹」!

「おい! これ、ちげーよ! 七夕のヤツだろっ!」

びっくりしてつい強めの口調になっちゃう彼に「えーん」と泣いちゃうあなた。

「ごめん。誰にでも間違いはあるよな……」

と焦った彼が頭ポンポンしてくれるのは必至。

最後は電飾に照らされた笹に、仲良く「来年も一緒にいられますように☆」と書かれたラブラブな短冊がチカチカ。

間違えたふりして短冊まで用意しているところが、天然に見せかけてあざとさ強めのサプライズですね。この季節に、笹の木をどこで手に入れるかってのが問題ですね……。

(5)「イブ」

今年2017年のクリスマスはイブが日曜日ということもあり、24日から一緒にいるカップルが大半でしょう。

だいたい待ち合わせ場所に現れたときから、彼氏は必死でクリスマスを盛り上げようと、「メリークリスマス!」なんて言ってくるに決まっています。

そこですかさず、冷めた顔して「イブ」と付け足してあげましょう。

その後も、「クリスマス」が出たら必ず「イブ」と改めてあげてください。

例えば、チキンやらケーキやら食べたって、

「うめー! やっぱクリスマス(「イブ」)はこれだな……」

「クリスマス(「イブね」)……に彼女がいるって、やっぱベタだけど最高だわ」

……こんなふうにかぶせるように言うのがポイント。そして、彼が言い終わったら、また真顔で改めて、「イブね」と訂正しましょう。

「なんかイヤな感じだな……」と思わせておくのは全部伏線で、0:00、ついにクリスマスに突入した瞬間、「メリークリスマース!」と満面の笑顔で彼にキスしてあげてください。

「あ、彼女はイベント関係はちゃんとしたい子なんだな……。しっかりしてるな!」と思った彼は、あなたとの結婚まで考え始めてしまうに違いありませんッ。

 

3:彼がクリスマスにしてくれた最高のサプライズエピソード

サプライズするよりもサプライズされたいっ! そんなふうに思う女子は多いのではないでしょうか? 女子たちに「彼がクリスマスにしてくれた最高のサプライズエピソード」を聞きました。

(1)カルテットの生演奏

「クリスマスはお家デートでふたりきり……だったんですけど、彼が“でも服とかはちゃんとしようぜ”と言ってくれたので、ステキなディナーテーブルに仕上げて、飾り付けもして、オシャレなドレスに似合う部屋にしました。

ワインも飲んで、クリスマスっぽいステキなディナー。

でも、“なんか足りなくない?”と彼。

“あ、音楽ないね!”と気づいた私。YouTubeでなんかそれっぽい音楽をかけようとしていたら、彼が席をたって、玄関のほうへ。

なんと弦楽カルテットが現れて、ふたりのためにクリスマスソングを数曲弾いてくれたんです!

“頼んどいた”とか言って、本当にステキっ! 一生の思い出です」カナ(仮名)/27歳

(2)聖書の一節を…!

「“クリスマスだから……”と、彼が聖書の一節を英語で朗読してくれました。何を言っているのかわからないけど、カッコよかった(笑)。でも、“何言っているのかわからないよー!”と言ったら、結婚式の神父さんのモノマネをして、日本語で言ってくれたんです。

“アイハ〜、カンヨウデアリ〜、アイハ〜、シンセツデース……”って。

もうおかしくって! 腹を抱えて笑いました! でも、最後に……。

“マナミさん。アナタは〜、……俺を一生、愛してくれますか?”って!

なんと指輪を出してきてプロポーズ! 完全に泣いたー! もちろんOKしましたよー」マナミ(仮名)/31歳

 

4:まとめ

クリスマスのサプライズについてご紹介してきました。いかがでしたか?

サプライズするもよし、サプライズされるもよし。愛する人といられれば、それで幸せです。

でもね、最後のエピソードに出てきた聖書の一節、『コリントの信徒への手紙』第13章の4節から7節でイエスによって語られる「愛」とは、恋人への愛だけではなく、もっと深く大きな「愛」のことなのです。

隣人を愛せ、敵を愛せ……と愛を説いたイエスの誕生日であるクリスマス。あなたの心が、みんなへの愛で満たされたのならば、「神様からの愛」というこの上ないサプライズがきっと訪れるでしょう。

どうかみなさんが聖なる心で、ステキなクリスマスを過ごせますように……。

 

【参考】

レストランのサプライズ演出に関する消費者意識調査 – オープテーブル

 

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!