彼氏を傷つけない別れ方5つ!LINEで「別れたい」を伝えるには?

彼に別れを伝えるのって大変ですよね。自分の気持ちがなくなっているとはいえ、1度は好きだった相手ですし、「相手の気持ちを考えると、切り出すのはどうしても辛い……」と感じてしまうでしょう。ですが、気持ちがないまま付き合うのは、お互いの時間の無駄。しっかりお別れをするのも、大人の恋愛のマナーです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:彼に別れを切り出すとき、どう伝える?

彼に対して愛情を感じなくなったら、別れを告げなくてはいけません。

そんなとき、あなたならどんなふうに別れを切り出しますか?

本音を言えば、相手に察してもらって、なんとなくすれ違って、そのまま「終わりにしよう」と自然な流れで言えたらいいのですが、なかなかそういうことにはなりません。

彼に別れを切り出すなら、しっかりと別れの言葉やシチュエーションを選ぶ必要があります。

別れ方が酷いと、彼の記憶の中で、一生、「イヤな女」として残ってしまいますからね。

 

2:相手を傷つけない!彼氏との綺麗な別れ方5つ

別れはいつか訪れる可能性があるもの……。そうはわかっていても、なかなか相手に受け入れてもらうのは難しいですよね。

「なるべくなら、好きだった彼を傷つけたくない」と考えるのも普通でしょう。

そんなふうに綺麗に別れるためのポイントをご紹介します。

(1)価値観が違うことを話す

男性がいちばんイヤがる別れ方として、「理由がわからないまま別れを切り出される」というものがあります。理由を言わないと、いくら「別れて欲しい」と伝えたところで、男性は納得できません。

もちろん決定的な何かがないのに、なんとなく気持ちがなくなるということもあります。それでも、自分との価値観の違いなど、例を出して、男性が理由をしっかりと受け止められるようにしてあげることが重要です。

(2)段々と疎遠にする

別れを告げる前には、何かしら前兆となる行動をしてもいいでしょう。そのほうが男性側としても、少しずつ「もしかしたら……」という思いを持ってくれるかもしれません。

連絡の回数を少しずつ減らしてみるとか、LINEの返事を素っ気なくしてみるなどで、彼に「心の距離が遠くなっていること」を理解してもらって、心の準備をしてもらうのです。

ですが、自然消滅を狙うのはやめましょう。男性は、いつ別れたのかもハッキリとせず、もやもやとした気持ちで過ごすしかなくなってしまいます。ひと言でもいいので、「別れましょう」の言葉は言うようにしましょう。

(3)自分が悪者になる

相手を傷つけない方法として、「自分が悪者になる」という方法があります。

振られた経験があるならわかると思いますが、別れたあと、相手に恨みの感情を抱ければ、そのぶん、失恋の辛さは軽くなります。

ですが、そのために「浮気をした」などと嘘をつくのは、相手を余計に傷つけてしまう可能性があります。

悪者になるとしたら、仕事や家庭の事情などで「あなたのことを考えるだけの余裕がない」と伝えるのがいいかもしれません。「別れるのは、自分が恋愛する余裕がないせいだ」と伝えれば、彼は傷つかず、諦めやすくなります。

(4)冷静な態度でいる

別れ話をするときに大切なのは、ケンカしないことです。

もちろん別れ話を切り出した瞬間、相手がいきなり怒り出してしまい、そのまま別れることに……なんてケースもあります。ですが、あなたのほうは、あくまでも冷静に。涙なども見せないほうが、男性は後腐れなく別れられます。

感謝の気持ちは伝えてもいいですが、相手に「しばらくしたら復縁できるかも」などという希望を持たせるような別れ方はNGです。

(5)自分の言葉でハッキリ伝える

自分から彼に別れを伝えるのが大変だからと、人から伝えてもらう方法をとると、彼を傷つけてしまいます。カッコ悪くてもいいので、自分の言葉でしっかりと相手に別れを伝えること。これこそが、誠意ある別れ方でしょう。

相手の男性も、あなたの心からの言葉なら、多少時間はかかっても理解してくれるはずですよ。

 

3:LINEで上手に別れを伝える方法3つ

今はLINEで別れを伝える人も増えているようです。上手に別れるためには、どんな文章を送るのがいいのでしょうか?

(1)「ここしばらく、自分の心と向き合って考えました」

LINEは短文で相手にメッセージを送るのが基本ですが、別れのLINEの場合は例外です。多少長くなってしまっても、あなたの思いをしっかりと書くほうがいいでしょう。

たとえば、「ここしばらく、自分の心と向き合って考えました。今まで色々なことがあったけれど、今の私には〇〇君と付き合っていける余裕がありません。今は仕事も忙しいし、中途半端な気持ちで恋愛を続けていても、お互いに無駄な時間を過ごすだけだと思います」など。

手紙をしたためるように、何度も読み返しながら書いて、1回ですべてを言い終わってしまうほうがいいでしょう。

(2)スタンプは伝わない

LINEにはスタンプという便利なツールがあります。ですが、別れのLINEの場合には、スタンプは使わないほうがいいでしょう。LINEは微妙なニュアンスを伝えるのが難しいツールです。

別れのLINEにスタンプを使ってしまうと、余計に相手にあなたの本気度が伝わらなくなってしまいます。

(3)敬語で話す

LINEで別れを伝える方法として、「敬語で書く」という手法があります。

敬語はていねいというだけでなく、相手との距離をもたせる言葉遣いでもあります。

恋人同士が敬語で話す場合というと、すごく怒っている場合などでしょう。敬語を別れのときに使って、相手にあなたの気持ちを冷静に受け止めてもらうのです。

もし、短文で別れを伝えたい場合には、「ごめんなさい。あなたに対する気持ちがなくなりました。別れてください」などのように、無駄なことは一切言わずに、結論だけを伝えるほうがいいでしょう。

 

4:別れは次の恋愛の始まり

長く付き合った恋人との別れは、自分が冷めているとしても辛いもの。ですが、次の恋愛をするためにも、別れ方は重要です。

「この恋とキッパリ決別しなければ次に付き合う人にも申し訳ない」という気持ちで、しっかりと別れを告げられる女性になってくださいね!