年末は要注意!男が忘年会で「お持ち帰り」をしたがる心理4つ

忘年会で「女性をお持ち帰りしよう!」と画策する悪い男も少なくありません。一体どうして男性たちは忘年会で女性を“お持ち帰り”したがるのでしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:独特の開放感があるから

「仕事もひと区切りを迎えるし、年末年始にはお休みが待っている……、忘年会には、そんな独特の開放感がありますよね。開放感があると、ついつい大胆になるので、女の子を口説いちゃうんです」(男性、27歳)

クリスマス、仕事納め、そして年末年始の休暇ーー。男性は、「今年も終わりだなぁ~」と、年末独特の開放感に包まれます。そこに忘年会での大量飲酒が加わると、ついつい行動が大胆に。

その場にいる女の子を口説き、あわよくば、お持ち帰りしたくなってしまうのでしょう。

 

2:ボーナスが出たから気が大きい

「ボーナスが出ることも大きいと思います。お金があると、気が大きくなるじゃないですか? お酒を注文するのにも躊躇なくなりますし、最悪、そのままホテルに直行することになっても、財布にお金があるから気にしないっていう……」(男性、27歳)

「お財布にお金が入っていると気が大きくなるから」。ボーナスが出たばかりでお財布がホカホカになっているというのも、男性を大胆な行動に走らせる要因になっているようです。

普段は「お金ないから、もうお酒を頼むのはやめよう」と思う男性でも、「今日は忘年会! お金もあるしジャンジャン飲もう!」と財布の紐が緩みます。その結果として酒量が多くなり、女性のお持ち帰りを狙う……という行動になるようです。

 

3:かわいい子も顔を出すから

「会社の飲み会には絶対に来ない子っていますよね? そういう普段飲み会に来ない子も、忘年会には来るんです。しかもかわいいとなると……。ついついテンションも上がっちゃいますし、今日はチャンスだと思って、口説きにいっちゃうんですよね」(男性、28歳)

忘年会は1種の“強制イベント”です。「忘年会だから」と言われると、普段は会社の飲み会に参加しない子も断りにくくなってしまいます。「普段は顔を出さない子が今日はいる!」。そんな絶好の機会を男性は逃しません。

普段より酒量も多くなりやすい忘年会。女性陣も酔っぱらうでしょうし、2次会、3次会と深夜まで及ぶことが少なくありません。そんな“好条件”が揃ってしまうと、男性は「今日なんとかならないかなぁ」と、ヨコシマな考えを抱いてしまうことがあるようです。

 

4:女の子を酔わせやすいから

「忘年会はみんな飲むからですよ。普段あんまり飲まない子も“忘年会だから”と言えば、ガードが緩んでお酒を飲んでくれますから……。女の子を簡単に酔わせることができるんです。ということで、“その先”を企んじゃうのはしかたがないんです」(男性、28歳)

「忘年会なんだし、今日ぐらいいいじゃん」。男性にそう言われると、女性も「まぁ、忘年会だしいいかな」と思っちゃいますよね。でもそれ、男性の思うツボです。

お酒を勧めても断らない、いつもより酔っている……。そんな女性の姿を見ると、男性の下心はどんどん膨らんでいきます。そして女性が酔っぱらい、前後不覚になると、男性は「お持ち帰りしたい!」と考えるようになるんです。

自分の身を守るためにも、お酒はほどほどにしておきましょう。

 

いかがでしたか?

これらの男性心理を知っておけば、危険な男性の毒牙から逃れることができるかもしれませんよ。年末の忘年会には危険がいっぱいです! くれぐれもご注意を!