彼氏にイライラする!これ倦怠期!? 「彼氏にイライラしない方法」10選

彼氏にイライラしちゃうこと、ありますか? 女性にはありがちな、彼氏イライラ。これって倦怠期なのでしょうか? 彼氏にイライラしない方法を、恋愛心理カウンセラーの筆者がご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:彼氏にイライラする!別れたい!…と思ったら?

(1)彼氏にイライラは倦怠期?

彼氏にイライラする。これって倦怠期なのでしょうか?

結論を言うと、必ずしも倦怠期とは限りません。

もちろん、倦怠期である場合もあります。ですが、女性側の性格や、彼氏に対する捉え方も関係していますから、いちがいに「倦怠期だからそのうち解決する!」で片付けるのも危険です。

(2)イライラ伝染!? 彼氏にイライラされることはある?

逆に彼氏が女性にイライラすることだってあります。

特に、倦怠期の場合は、彼氏側も女性にイライラしていることも。

自分のイライラだけではなく、相手のイライラも汲み取ってあげると良いのですが、倦怠期はお互いがイライラを伝染させて関係が悪化することもあるので、注意したいですね。

 

2:彼氏にイライラしない方法10選

(1)なぜイライラするか書き出す

彼氏のどこにイライラしたのかを、イライラするたびにノートに書き出してみましょう。

今日のデートでは、なぜ、どうなった結果イライラしてしまったのか?

いつも彼のこんなところにイライラしている……等々。

イライラには原因があるもの。ですが、ただイライラしているだけでその原因が何なのか、自分でも把握していない人がほとんどです。

(2)彼の嫌なところを書き出す

イライラするほどではないけれど、彼の嫌な部分が関係しているかもしれません。

見た目やクセ、性格など。

書き出してみると、それが意外に別のイライラの原因になっていることもあるし、イライラするほどじゃないよね……と気付くかも。

(3)書いたことを見直してみる

見直すときの視点は主に、

「○○してくれないからイライラしているのか、どうか?」

という部分に持ってきましょう。

2人の関係にお互いある程度慣れてくると、会えるだけで嬉しかった人は、会えるのが普通の人になり、尽くしたいと思っていた相手は、自分には尽くしてくれない相手に変化します。

あなたが不満を持つべきでないところに、不満を持っている可能性もあります。

逆に、彼が当然すべき義務を怠っているということもあるでしょう。

イライラの原因はどちらでしょうか?

(4)彼がイライラしていそうな原因を書く

自分がイライラする原因について、ひととおり考えたら、反対に彼が私に対してイライラしていそうなことについて、書いてみましょう。

先述したように、特に倦怠期の場合、あるいは倦怠期でなかったとしても、男性だって女性にイライラすることはあります。

彼が自分のどんなところにイライラしているのか。

そして同様に、イライラされて当たり前なのかどうか。

これを認識しておくと、今後彼に対してどのような態度を取っていくべきかがわかることがあります。

(5)会いたいと思うまで会わない

付き合いが長くなると、彼と会うことは週のルーティーンの中に組み込まれてしまうことがあります。

例えば、毎週土曜日の午前10時から午後8時までは彼と会う。

まるで、彼氏という名前の会社のようではありませんか?

会社なら、イライラしてしまって当たり前です。

普段のルーティーンの枠をぶち壊してみましょう。

会うペースが変わるだけで、何かが変わるかもしれません。

(6)彼の好きなところを書き出す

彼のイライラするところや、嫌いなところについては、既に山ほど書き出しました。

今度は好きなところや、いいところを書き出してみましょう。

それに、出会った頃にしてもらって嬉しかったことも。

すると、次にイライラしそうになったとき、彼の良いところを思い出して、イライラする気になれなくなるのです。

(7)いつもと違う場所に行く

イライラには、やはり慣れが関係しています。似たようなデートを繰り返すことで、

「またかよ……」

と、イライラしてしまう。斬新なことがないので、相手のいいところも見えなくなってしまう……ということもしばしば。

やはりそんなときは、2人でいつもと違う場所に行くのが1番です。

ここで問題がひとつ。いつもと違う場所に出向くことで、かえって相手のボロが出ることがあるのです。

慣れない場所でのデートは、道や場所もわからないことが多いし、迷ったり探したりのつまずきも自然と増えます。そんなときに発生する、地図を見るとか、人に聞くといった面倒ごとを、彼女にだけ押しつける男性もいます。

そんな相手との斬新なデートは、イライラがおさまるどころか倍増してしまうのです。

いつもとの違いを自分とともに楽しんでくれる相手なのか、いつもと違うからこそ増える面倒をあなたに全部押しつける相手なのかを、見分けるテストでもある、と心得ておきましょう。

イライラ倍増の相手なら、わざわざ一緒にいることもないかも。

(8)彼には彼の自我があることを思う

いくら、彼氏にイライラするといっても、彼氏には彼氏の自我があって、やりたいことも行きたい場所もあるのです。

そのことを、長期間一緒にいると、うっかり忘れてしまいがち。

「彼には彼の意志、自我があるのよね……」と考えると、嘘のようにイライラがおさまるケースなら、この先長く一緒にやっていける相手でしょう。

(9)彼のことをあまり見ない

彼氏にイライラするのは、彼氏のことを見すぎているからかもしれません。

色々と観察しすぎるから、自分の思いどおりにならない彼にイラっとしてしまう。

それならいっそ、見て見ぬふりをして、スルーできるところはスルーするスタイルも賢い対処法です。

(10)いざとなったら別れてもいいんだし、と思う

彼氏とは、ずっと付き合うことを前提に、

「こういうところ直してほしい!」

なんてイライラしてしまいませんか?

彼氏なんだから、いざとなったら別れてもいいんだよね! と思うことで、逆に

「いやいや、これは別れるほどのことじゃない」

と思い直せることもあるでしょう。

 

3:どうしようもないときは、別れたっていい!

男女の関係は結婚していても、相手にイライラしたり、負の感情をどうにもできないときが訪れることもあります。

何がイライラの原因かわかっていたら、それを相手に理論的にぶつけることだってできるでしょう。

でも、それでイライラが解消しないときは、別れたっていい!

そう逃げ道を設定することで、逆に、相手との関係を建設的に持ち直すことも可能になるかも知れませんよ。