カップルのセックス回数を大調査!みんな月に何回くらいしているの?

みんなのセックス事情、気になりますよね。自分と彼氏は少ないのか、もしくは多すぎないか!? 何回するのが普通なのかな……等々。カップルのセックスの回数を、恋愛心理カウンセラーの筆者が大調査しました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:カップルのセックスの回数を大調査!

何が普通とか、何回がいいということでもないのかもしれませんが、自分たちカップルのセックスの回数が多いのか少ないのか、はたまた標準なのかは、誰もが気になるところでしょう。

そこで今回は、1カ月にみんなが何回くらいセックスをしているのか、思い切って大調査しました。

年齢別にセックスの回数について解説するほか、既婚者、未婚者の違いにも焦点を当ててみましょう。

 

2:20代カップルのセックスの回数

20代で、お相手のいる人のセックス回数は、平均4回/月。

これはあくまでも平均で、既婚・未婚のいずれかによっても回数は変わる傾向にあります。

最もセックスの回数が多いのは、未婚のカップルで、その相手はもちろん交際相手。ですが、例外として「セフレや浮気相手のほうがエッチをする!」という男女もかなりの数いることがわかっています。

20代男性がセックスをしたくなくなる最大の原因は、「仕事が忙しい」、「疲れている」、「そんなヒマはない」ということ。

既婚でも仕事が忙しくて、セックスに意識が向かないという男性はたくさんいます。

ただ、それ以上に「単に面倒くさくて、したくない」20代男性も多いみたい。

セックスというと、自分本位では済まず、特に男性にとっては相手に尽くす必要もある行為です。

面倒なことをするくらいなら自分で手っ取り早く、と考えてしまうのかも。

一方の20代女性は、「面倒くさい」という人もいますが、「忙しくて疲れている」、「性欲がない!」という人も多く見られます。

 

3:30代カップルのセックスの回数

30代で、お相手のいる人のセックス回数は、平均3回弱/月。

月に3回もセックスしていれば、“いいほう”と思うべきなのかもしれません。

30代の男性も、20代と同じく、「仕事が忙しい、疲れている」「面倒くさい」という理由が、セックスをしたくない2大理由でした。

そしてまた、この理由は女性にとっても同じようで、特に30代では男女ともに、「仕事が忙しい、疲れている」と答える人は急増しています。

ただ、男性に比べて「性欲がない」と答える女性はかなり多いので、男性のほうは「面倒くさいけれど、もっとセックスをしたい」と考えているケースも多いことがうかがえます。

男性の言う「面倒くさい」の中には、「乗り気ではない相手を誘うのが面倒くさい」という意味あいも含まれているのかも……。

セックスレスは関係の悪化や崩壊につながることもあるので、女性側も「性欲がない」「面倒くさい」ということを理由に断らず、セックスに対して積極的になるのがおすすめです。

 

4:40代カップルのセックスの回数

40代で、お相手のいる人のセックス回数は、平均2回弱/月。

20代から見てきて、月1回ずつセックスの平均回数が落ちてきている計算です。40代になると月2回に満たないのがなんだか寂しいですね……!

そして40代では、男女ともに、仕事や家事が忙しいというよりも、「セックスなんて面倒くさーい」という人が急増!

でもその裏側にはやはり、40代になるまで相手とのセックス回数を増やす努力ができず、相手に断られることに臆病になってしまって、いつの間にかセックスそのものが億劫になってしまったというような事情が見え隠れ……。

日本人はシャイだというようなことも言われますが、相手の性的な魅力を褒めたり、口に出したりすることが「はしたない」とされがちな文化。だからこそ、年齢を重ねるごとにセックスはどんどん高い壁を持つようになってしまいます。

でも、40代の人は男性を中心にもちろん女性も、「もっとセックスをしたい」と考えている人が多いのも現実。

今よりももっと、相手の性的な魅力を褒めたり持ち上げたりすれば、男女がお互いにセックスに対する積極性を回復することができるかも。

そして、今よりももっと、仲良しな40代カップルになれる可能性が、まだまだあるような気がします。

 

5:最大の理由はコレだった!

ここまで、「仕事が忙しい」「家事が忙しい」「面倒くさい」等々、さまざまなセックスをしたくない理由が並びました。

しかし、ひとたび“セックスをしたいのに、できていない理由”に焦点を当てると、最大の理由が見えてきます。

それは、「相手がセックスに応じてくれない」というもので、これが全世代の男女のお悩みになっているのです。

20~30代の女性は、このほかに、忙しくて時間がないとか、子どもがいるからできない……という理由を挙げています。

結果的に、そのパートナーとなる男性は「妻が応じてくれない」という理由を挙げざるを得ないようですね!

 

さて、ここまでをご覧になって、あなたの性生活と比べてみて、どうでしょうか?

あなたは、「仕事で忙しい! 家事忙しすぎてムリ!」と思っているかもしれませんが、パートナーのほうは、「もっとベッドで仲良くしたいのに、応じてくれない……」と考えているかもしれません。

もしくは、あなたが「もっとしたい!」のに、パートナーは「忙しくてムリ」なのかも。

お互いに相手の家事を手伝ったり、マッサージで仕事の疲れを癒したりすることで、どの世代の男女ももっと仲良くセックスできるかもしれません。

全カップルのおよそ半数がセックスレスだと言われる現代。お互いのちょっとした心配りがセックス回数の回復につながるということを頭に置いておくといいですね。