モテる男の特徴は?「モテる男に共通する特徴・雰囲気・LINE」からモテる男の落とし方まで

結局、特定の男子に人気が集まってしまうのが世の常です。では、いったいどんな男子がモテるのか? 今回は、その謎に迫ってみましょう。モテる男を攻略すれば、簡単に落とすのも夢じゃない⁉︎
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

1:モテる男子を好きになったことある?

食べ物の嗜好が人それぞれなように、恋愛対象となる相手の好みも、基本的には人ぞれぞれです。

ですが、やはりそこには個人差だけではなく、文化や社会の影響を受けて、一定の傾向は存在します。結果それが、“モテる”ということです。

そのため、友達と同じ人を好きになったとか、好きになる人が“モテる男子”ばかりだったとしても、なんら不思議ではありません。

(1)モテる男は落ちにくいのか

「モテる男子は落ちにくいのか?」という疑問は、誰しもあるでしょう。結論からいえば、女子次第ではあるものの、落ちにくいということありません。

もし、“落ちる”というのがベッドをともにするということであれば、落ちない男子はいません。それは、本能的(動物的)に男子(オス)は、自分の子孫を次世代に残す確率を上げるために、チャンスがあれば繁殖をしたいと考えるからです。

しかしながら、“落ちる”というのを真面目な交際として考えると、話は別。たとえていうなら、食べ放題の店に行って、ひと口ずつ全部の料理を1度は口に入れたとしても、最終的にちゃんと食べる料理は自分の好みに合う1番好きな料理だったりするのと同じです。

(2)モテる男子と付き合うと苦労する?

ここでいう“苦労する”というのは、「浮気の心配をしなくていいか?」ということですよね。

浮気をするかどうかは、見た目がかっこいいからでも、モテるからでもありません。モテることや外見に魅力があるかどうかは、浮気をすることとは関係がないんです。

なぜなら、浮気をするかどうかは恋愛スタイル(恋愛に対する心理的な要因)の違いで決まるものだから。イケメンでも浮気をしない人はたくさんいますし、反対にブサイクでも浮気をする人はたくさんいます。

なので、モテる男子と付き合ったから苦労するとは限りません。

 

2:女が惚れる「モテる男子」に共通する特徴

ところで、一体どんな男子がモテるのでしょうか。

(1)仕事ができる

仕事ができる男子は、モテます。それは有能であるということ。将来における社会的地位の高さや収入の高さを暗示させます。

動物の世界でいえば、群れのリーダーであり、狩りの能力が高いということ。そういうオスと一緒にいると、自分自身の生活は安泰ですし、そういう能力の高いオスと繁殖をすれば有能な子孫が残せます。

そのため、本能的にそういうオスにメスは集まります。それと同じことが、人間にもあてはまるのです。

(2)笑顔が多い

昔は、寡黙(口数が少ない)な男子がかっこいいとされた時代もありました。例えば、故・高倉健さんみたいに。ただ基本的には恋愛も人間関係のひとつ。寡黙な人よりは、適度に言葉でコミュニケーションがとれる人の方がモテるのは間違いありません。

ですが、寡黙かそうでないかよりももっと大事なことは「笑顔」です。笑顔は、友好の証であり、親密さの表現。なので、笑顔の素敵な人とは、自然と一緒にいたいと思ってしまうのです。

(3)やっぱり、かっこいい

なんだかんだいって、外見が魅力的な男子はモテます。それは、「外見のいい人は内面もいいに違いない」というステレオタイプ(思い込み)があるからです。

この場合の外見の魅力とは、顔が左右対称(シンメトリー)であること、二重まぶたであることなどが挙げられます。

(4)褒め上手

一般的に、男子は相手を思い通りにしたいという支配欲求が強いので、相手より少しでも優位に立とうとします。うんちくを語り、知識を女子に披露したがるのも、そのひとつです。

なので、普通の男子は褒められたいとは思っていても、反対に誰かを褒めようとはしません。

ですが、褒めるというのは人間関係はもとより、恋愛でも重要な行動です。例えば仕事で失敗をして自信をなくしているとき、失恋をして自分なんて価値がない人間なんだと思っているときに褒められると、自信を取り戻すことができます。そして、そういう自信を取り戻させてくれた相手と人は「一緒にいたい」という気持ちに。

褒めようとしない男性が多い中、褒め上手な男性がいると、周りと差別化ができてモテるというわけです。

(5)話を聞くことができる

聞き上手が、モテるというのは一般的な話。女子の話に対しては答えを出すのではなく、いかに共感できるかが大事なんていわれたりしますよね。

ポイントは「相手の話を最後まで聞くということ」。人になにかを話すというのは、究極的にいえば自己開示(自分自身に関する情報を、言語を介してありのままに伝えること)。親密な人間関係を築くための行為なのです。

最後まで相手の話を聞かないというのは、自己開示を妨げていることに。それでは親密な関係になれるわけもなく、当然モテるわけもないのです。

 

3:モテる男の見分け方

ところで、そんなモテる男を見分ける方法はないのでしょうか。例えば、見た目のかっこよさは、見てわかりますが、仕事ができるとか褒め上手となると、見ただけではわかりませんよね。

(1)会話

一般的に、相手の目を見て話すことが苦手という男子は少なくありません。会話のときに、ちゃんとあなたの目を見て話を聞いてくれるか、注目してみましょう。

また、あなたが話しているときの彼の反応のチェックも大事です。会話はキャッチボールなんていいますが、「うん、うん」と、相づちを打ちながらきいてくれるような相手だと、聞き上手な人です。

そして、会話の内容。「YES / NO」で答えるような会話しかできない男子は、モテません。例えば、食事に出掛けたときに、「美味しい?」と質問してくるようなタイプ。会話が発展していきませんよね。

(2)ささいな変化に気づくことができる

例えば、女子が髪の毛を少しカットしたときに、それに気づく男子も多くはありません。ささいな変化に気づくことができないと、日常生活のなかで相手を褒めるということはできません。

ちょっとした変化に気づくことができる人か、注目してみましょう。

(3)店員さんへの声かけが上手

望遠会や新年会など、会社の同僚との飲み会に出掛けたとき、テーブルに呼び出しスイッチがないお店だと、店員さんを呼ばないと追加の注文ができませんよね。

そんなとき、手を大きく振って「すみませーん」と大声で店員さんを呼ぶ男子、います。こういう男子は、相手の立場は関係がなく、自分のタイミングで注文したいわけです。もしこれが、その男性が自分の上司で、その店員さんが自分で、店が職場だったらどうでしょうか。

いろいろな仕事を抱えて忙しいときに、こっちの都合も考えずに仕事を追加してくる上司は、仕事ができるとは思えませんよね。

 

4:LINEにもあらわれるモテる男子の特徴

さて、モテる男子の特徴はLINEにもあらわれます。

(1)会話が続く

LINEは会話を楽しむもの。定時連絡ツールではありません。モテる男子の特徴で会話を紹介しましたが、LINEについても「YES / NO」で答えるような会話しかできない男子は、モテません。

これは、LINEだけではなく日々の会話にもあてはまるのですが、相手のいったことを反復して、相手にその話を深めさせようとしたり、相手の話に乗っかって共感しているように見せられたりする人は、モテます。

(2)返信のタイミングが絶妙

LINEにまつわる悩みでよく取り上げられるのが、返信の遅さ。相手の気をひくために、あえて返信を送らせたり、反対に仕事中であるにもかかわらず、1日に何通も返信したり。

結果的には、どちらも好ましくありませんよね。店員さんの行動に合わせて、絶妙のタイミングで料理の追加注文ができるように、相手の状況に合わせてLINEが返信できる人はモテます。

相手の状況を把握できるということは、日頃から相手のことを知っているから。どの時間帯だと忙しいとかは、普段からちゃんとコミュニケーションがとれていれば、把握することができます。

 

5:彼女の座を仕留める!モテる男子を落とす方法

では、そんなモテる男子と真面目な恋愛関係になるためには、一体どうすればいいのでしょうか?

まずは、あなたも“モテる女子”になる必要があります。

遊びではなく、真面目な恋愛関係に発展するためには、自分と相手のバランスがとれている必要があります。いわゆる“釣り合い仮説”とよばれるもので、趣味や嗜好、経済感覚など、自分と相手が釣り合い(バランス)がとれていないと、恋愛関係に発展することはなく、発展しても長続きしないといわれています。

モテる男子を落とす方法は、なにかしらの心理テクニックを駆使して相手を自分に惚れさせることではなく、相手と同等の価値があるモテる女子へと自分を磨くしかないんです。

 

6:まとめ

いかがでしたか? モテる男子を手に入れることは簡単なことではありません。恋愛において、希少価値があるからこそ、たくさんの女子たちが好意を向けているんです。

そんな女子たちに勝って、モテる男子を手に入れるためには、自分磨きを怠らないようにしましょう!