キスの相性は遺伝子で決まる!? 相性診断と気持ちがいいキスの方法

キスの相性って、どこで決まるのかな……と考えたことはありませんか? 実はキスの相性は、遺伝子で決まるという話があるのです。じゃあ、キスする前からキスの相性がわかるのでしょうか? 今回は、キスの相性、そして気持ちいいキスの方法について、恋愛心理カウンセラーの筆者が解説します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:キスの相性は遺伝子で決まるって言うけど……

(1)キスの相性に遺伝子は関係あると思う?

「キスの相性は、遺伝子で決まる」という話があります。

あなたは、キスの相性と遺伝子は関係あると思いますか?

確実に関係あるという証拠は、今のところありません。でも、人はキスを通じて、相手とのDNAの相性を測っているのではないか?とは言われています。

(2)キスの相性がいいと結婚しやすい!?

キスの相性がいい相手とは、結婚しやすいという一面があるのも事実です。

それは、キスによってDNAの相性を見抜き、お互いに「この人なら子孫を残してもいいかな」と思って結婚する……からのですが、簡単に言えば、「キスが気持ちいいから、お付き合いを続けたい」となり、「結婚したい」につながるのです。

つまり、キスの相性がいいと思えないと、結婚は遠のいてしまいます。

あなたが、相手とのキスの相性がいいと思えることも大切ですし、相手から、キスの相性がいいと思ってもらえることも大切なのです。

 

2:キスする前からわかる!? キスの相性診断法

(1)いい匂いがする

キスする前にわかるもののひとつが、相手の匂いです。

匂いをかいで、「いい匂い!」と思える相手は、あなたにとって、キスの相性がいい相手である可能性が高いでしょう。

普通に考えても、キスの最中に、たいしていい匂いがしないとか、良くない匂いがするとかより、いい匂いがしたほうがいいですよね。

匂いは、本能で相手を見分ける要素のひとつ。いい匂いのする相手を選ぶと、キスの相性もいい可能性大。

(2)指がセクシーと感じる

相手の指をよく観察してみてください。

指をセクシーだと感じる場合は、キスの相性もいい可能性が高いでしょう。

指は、最終的に恋人同士になった場合、自分に触れてくる第1のパーツですよね。

そんな指が好みなら、実際に触れたあとの感触もいいと感じる可能性大。

(3)そもそもキスしたいと思う

キスの相性がいい相手としか出会ったことがなければ、意外に思うかもしれません。でも、そもそもキスしたいと思える相手か、そうでないかという違いがあります。

もちろん、キスしたいと自然に思う相手こそが、キスの相性がいい相手です。

中には、この相手とキスをするのはあまり好きじゃない……とか、キスはしたくないな!と思ってしまう相手がいるもの。これは相性が良くない証拠です。

 

3:男がとろける……気持ちがいいキスの方法

(1)男性のペースに合わせる

基本中の基本として、男性のキスのペースに合わせる方法があります。

男性はキスの主導権は、基本的に自分にあると考える傾向です。

それは間違いではありません。それでいいのですが、彼主導で進むキスは、女性が主導権を奪おうとしても、彼に不快感を与えるだけになってしまいます。

そのため、浅いキスから深いキスまで、彼のペースに合わせたキスをするのが基本となります。

(2)リズムを合わせる

キスのペースを彼に合わせるだけではなく、意識したいのは、キスのリズムを合わせていくこと。

キスとひとくちに言っても、キスの中で、唇を深く合わせるときと、少し離すとき、息をするとき……といったリズムがあります。

こうしたリズムを相手に合わせてあげると、相性のよさを感じさせることができます。

(3)彼の目を見る

キスのとき、目を閉じる女性は多いものです。でも、キスの時間の中で、一部でもいいですから、目を開けて彼の目を見つめてみましょう。

男性側は、キスの最中に目を閉じているかというと、必ずしも閉じていない。女性に比べて割と開けていることが多いのです。

その理由には、キス中の相手の様子を見たい、観察したい、といったものがあります。

キスの最中、女性が目を閉じているのは、男性としては普通のこと。ですが、その中で、ふと目を開けて、トロン……と見つめられたら……。気持ちいいと思わずにはいられないでしょう。

(4)声をちょっと出す

エッチじゃあるまいし、うるさく声を出すのはよくないでしょう。

しかし、息継ぎのときなどに、気持ちよさそうな声を出すのは、男性としては大歓迎です。

息づかいや声は、女性側が彼のキスをどう思っているかを表現する方法です。

彼のキスを「上手よ!」と伝えてあげると、男性は自信をつけて嬉しくなってしまいます!

(5)相手の体に手を回す

相手の体に手を回すと、密着度が高まって男性も気持ちよさを感じます。

相手の頭や首でもいいですし、腰や背中といった場所でもいいでしょう。

女性の体の柔らかさは、男性のキスの感度をあげるポイントのひとつでもあります。

 

4:遺伝子レベルで相手にアピール!

相手のキスによって、自分が気持ち良くなっている……とアピールすることは、相手と遺伝子レベルで相性がいい、とアピールしていることと同じ。

これがうまく伝わると、相手にも「この女性とならうまくいける」と思わせることができますし、当然、お付き合いの長続き、そして結婚といった可能性も高まってきます。

キスをただの口をくっつける行為だと軽視せずに、ひとつひとつのキスをていねいに行い、彼へのアピールにつなげましょう。