脱がせてがっかりッ!男子がびっくりした「女子の下着姿」3つ

みなさんは勝負下着を持っていますか? 今夜はそろそろだな……というときは、バッチリとセクシーな下着を身につけ、最後のとどめをさしたいですよね。ですが、男子のエロEyeは不思議なもの。「えーっ、そんなのがいいの?」というものに興奮したり、「なんでそれがダメなの!?」というものに萎えたりします。頑張って自分で選んだ下着も、やはり女子視点。もしかしたら、男子ウケが悪いかも……?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、男子が“嫌いな”下着について徹底調査。池袋・新宿・渋谷にて、「脱がせたとき、萎えちゃった下着姿ってありますか?」と街頭インタビューしてきました。

勝負日にこんな下着姿じゃダメぇッ!

 

1:ナプキンがついている

「脱がせたというか、触ろうとしたら生理用ナプキンがついていました。さすがにそれに興奮できるほど、僕は変態ではないです。

“ン……大丈夫……”と吐息まじりに言ってくれましたが、僕が大丈夫じゃなかったです。

一応最後までしておきましたが、ちょっと残念でした」(24歳/蟹座B型)

生理用ナプキンではなく、おりものシートかもしれませんが、男子にとっては違いはわかりません。大事な日だからこそ、つけていたのかもしれませんが、不評なようなので気をつけましょう。

 

2:洗濯タグがついてる

「まるで紐のようなTバックをはいていて、それはよかったんだけど、洗濯タグがぴろっと出ていました。

布部分の面積が小さいだけに、白い洗濯タグが目立っちゃって、なんか笑えてしまいました。

雰囲気を出したかったので、精神集中して、なんとかイメージで、洗濯タグだけ脳内補正をかけようと思ったんだけど、やはりぴろっとしちゃってムリでした」(27歳/牡牛座A型)

普通のパンティなら目立たないかもしれませんが、Tバックとなると、洗濯タグのほうが幅が広い可能性もあります。

セクシーな下着だけに、ツメが甘いと余計にがっかりされてしまうかも。

 

3:毛が飛び出している

「薄い下着だったからなのか、毛を短く処理しているからなのか?

横からハミ出ているのではなく、パンティを突き破り、何本か毛が飛び出している女子がいて、非常に萎えました。

そんなものが私の大事な部分に突き刺さったら危ないだろう……と身の危険も感じました。とはいえ、一度抜いた刀をおさめては男がすたるので、しっかりしっとりとさせて、味合わせていただきましたがね……」(34歳/山羊座A型)

横からのハミ毛には気を配っても、なかなかはいたときに突き出ているかどうかまではチェックしないもの。ですが本番では、相手の男子は女子よりも接近して見ることになります。しっかりと事前に確認しておきましょう。

 

いかがでしたか。男子が萎えてしまう女子の下着を3つご紹介しました。

どれも気をつけておけば避けられそうなものばかり。デザインだけを気にするのではなく、こうした部分も抜かりなくお手入れしておきたいですね。

(ライター 月島もんもん)