できちゃったの…!彼女の突然の妊娠で逃亡を図る男は●%もいる

「妊娠したの!」2人の間に授かった新しい命、それはおめでたいことなのですが、2人がまだ結婚をしていない状態で妊娠が判明した場合、検討しなければいけない事が湧き上がってきますよね。そこで男性が積極的に動いてくれれば何も問題はないのですが、男の中には人の風上にも置けないようなダメ男が紛れていることをご存知でしょうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

今回は『Menjoy!』が500人の男性を対象に実施した「突然、彼女の妊娠が分かったときについて」の調査をもとに、彼女の妊娠が判明した際の男の行動についてみていきたいと思います。

 

すぐに「結婚しよう!」と申し込んでくれる男性は27%

調査の中で「突然、彼女の妊娠が判明したらどうしますか?」という質問を行ったところ、27%の男性が「すぐに結婚する」と回答していました。つまり男性の約3人に1人は、子どもができたと分かった瞬間に父親になる決心をしてくれるという結果になっていました。なんとも頼もしい限りですよね。

また、すぐに結婚を申し込みはしないものの、現実を見て「まずは話し合う」と答えた男性の割合は52%に上っていました。つまり約半数の男性は、突然の妊娠を告げられた際、まずは話し合いの場を作るということがわかったのです。

「一緒になるにしてもまずは話し合う」、「相手がどう思っているかを、まずは確かめねば何も始まらない」など、話し合いを通じて、彼女に結婚する意志があるのか、子どもを産んでくれる気があるのかを確認したいという男性が多いようでした。話をするとは言っても、彼女の意思を確認するという趣が強いようでした。

 

男の25人に1人は、妊娠がわかった瞬間に逃げる

多くの男性が結婚や出産に向けて前向きに話をしてくれる反面、「すぐさま逃げる」と回答した男性も4%存在しており、25人に1人の確率で彼女の妊娠が分かった瞬間に逃走するという男性が存在しているのです。

「卑怯かもしれないが結婚できない相手には逃げるしかない」

「自由人なので」

身重の彼女を見捨てる男性の多くは、身勝手な理由をつけて「結婚もしたくないし、子どもは育てられない」と現実から逃げているようでした。こんな状況に置かれたら、悲惨ですし、お腹の子どもも可哀想ですよね。

 

そんな最悪の事態を避けるためにも、彼氏にする男性はしっかりとした人を選びたいものです。妊娠した後はもはや2人の問題だけではないので、落ち着いて、まずは話し合いの場を設けるというのがよいかと思います。

(ライター 文平サチオ)