即OK!「男子が絶対に断ることができない」デートの誘い方7つ

みなさんには、どーしてもデートがしたいッ!という男子がいますか? いまはいないかもしれませんが、好きになると、「なんとかデートできないかなー?」と思うこともありますよね。安心してください。男子をデートに誘うことなど、わけないです。男子の性質をよく研究すれば、「こ、これは断れないな……」という卑劣な誘い方をすることだってできるのです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さぁ、まずはデートに誘うところからですよね。

今回は、新宿・渋谷・秋葉原にて「あなたはどのような誘いをうけたら、断ることはできねぇ……と思いますか?」と街頭インタビューしてきました。

男子が断れない誘いって、いったいどんなのでしょうか?

 

1:ラーメン

「“うまいラーメン屋があるから食いに行こう”と言われたら、断れないですねー! ラーメン通を自称する僕としては(笑)。知らないラーメン屋があるのはダメですから。

“ラーメン行こう”って誘いだったら、男子なら断らないんじゃないですか? 気楽に行けるし、時間もよめるし。とかいって、なぜか帰りが遅くなるパターンですよね」(30歳/営業)

—ラーメンが嫌いな男子が相手だったら、どうしたらいいでしょう?

「そんなのいます? まぁ、いたとして、そしたらカレーかな。飲みを連想させないポピュラーな食べ物系だったら、まず断らないと思いますよ。とかいって二軒目で飲みそうですけどね」

 

2:真剣なお願い

「“話を聞いてもらいたい……”と真剣にお願いされたら、断ることはできないですよね。男として。やはり、人には誰だってそういうツライ時期があるし、忙しくても少しでも時間を捻出して、話を聞いてあげたいと思いますよ」(36歳/マーケティング)

—くだらない内容の相談だったら、どうしますか?

「なにがくだらないかって、人それぞれでしょう。その人はそれで悩んでいるんだから、やはり聞くほうは真剣に聞いてあげないと、って思いますよね」

 

3:肉

「おいしい肉の誘いは、断れないでしょ。“おごり?”って聞いちゃうけど。“超うまい肉を出すお店がある!”と言われたら、“行くしかない!”ですよね。

“ちょっとここ3週くらい空いてないなー”ってときでも、“肉汁がー”とか、“ほぼレアでOKレベル”とか、具体的に並べられると、“明後日の夜なら空けられるかなー”ってがんばっちゃう」(27歳/美容師)

—肉嫌いの男子を誘いたい場合は、どうしたらいいと思いますか?

「肉嫌いな男子なんて、ほっとけ(笑)! まぁ、どうしても誘いたかったら、その人が好きそうな料理がいいのでは? で、具体的にどうおいしいか言われるとやっぱり効くと思いますよ。

うどんだったら、“コシがヤバすぎ。いままでないレベル”とかね」

 

4:ドライブ

「“ドライブ行こうー”って車を出してもらえたら、カラダが空いていたら行っちゃいますね。しかも家まで迎えに来てくれたら(笑)。行き先はどこでもいいですよ。ラーメン食べに行くくらいでもいいですね」(24歳/営業)

—もうお風呂に入ったあとで、パジャマに着替えて、歯も磨いて寝る直前だったらどうしますか?

「そのときどのくらい眠いかにもよりますけど(笑)。あと、相手にもよるかな。でも、他の誘いと比べて、知り合いが車で迎えにくるとなったら、“行こうかな”とは思いやすいですね」

 

5:女

「“女がいるから来いよー!”と誘われたら、断るわけにはいかねぇ……でしょう(笑)。速攻でシャワーを浴びて、しっかりとキレイにして、飛んでいきます」(25歳/営業)

—それは男子から、そういう誘いがあったらってことですよね。女子からの誘いだったら、絶対に行くってことでしょうか?

「女子からねー。相手にもよるけど。あまり興味がナイ女子でも、他に女子がいるというならば、いきます。というわけで、男からでも女からでも“女がいるから”は最強ですね(笑)」

—行ってみたら、知り合いの女子しかいなかったらどうしますか? 「帰っちゃった……」とか言って。

「ふざけんな!と思いますが、せっかく行ったんだから、そのコと遊ぶしかないですかね。向こうがイイんだったら」

 

6:高い酒

「“ドンペリあけるぞ! はよこい”なんてLINEが入ったら、2秒で飛んでいきます。彼女と遊んでいても、“急な仕事が入った”レベルですよ。行かなきゃもったいないでしょー」(25歳/コンテンツ制作)

—次の日の朝、仕事で早かったらどうしますか?

「3秒悩んで、行くと決めそうです(笑)。高い酒を飲むという経験が、仕事に活かせそうだし。……って自分に言い訳しちゃいますね」

 

7:謎

「なんか、なにがあるかわからないけど、“早くっ! いますぐブクロ来て!”なんて言われると、気になって行かざるをえない(笑)。

“なにがあるの?”に、“いいから来てっ”と返されたら絶対に行く」(23歳/クリエーター)

—なにがあるかわからないって、恐くないですか?

「知り合いだったら大丈夫でしょ。助けを求めてるんだったら、行ってあげたいし、どういうつもりで、そんな呼び出ししたのか? 行ってからの言い訳も楽しみ(笑)」

 

いかがでしたか? 男子が断りきれない様々な“お誘い”をご紹介いたしました。

人それぞれ、惹かれる部分は違うと思いますが、“誰と”という“人”ではなく、“モノやイベントで釣る”というのがポイントのようです。

よくある男子の趣味趣向は上記を参考にしてほしいですが、あなたの狙っているカレの好みをよく研究するといいと思いますよ。

(ライター 月島もんもん)