付き合うまでの期間は?出会ってから付き合うまでの男性心理と流れ7パターン

男性と出会って、「この人良いかも」と思って、付き合うまでってどのくらいの期間をかけますか? もちろん相手の性格や、出会い方によって差はあるでしょうが、大体3か月以内には決めたいなどの目安を人それぞれ持っているのではないでしょうか? 今回は、付き合うまでの期間や付き合うまでの男性心理、出会いから交際までの流れを男性へのインタビューを中心に紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:付き合うまでの期間は年代によって変わる?

付き合うまでの期間って年代によって差はあるんでしょうか?

(1) 高校生のときは……

高校生の頃といえば、出会いは入学した時期ですよね。

そこから意識する男子が決まってきて、友達などに相談しながら、少しずつアプローチをしたり相手の気持ちを確認! 大体2、3ヶ月で付き合うかどうかが決まるのではないでしょうか?

もちろん先輩だと話は別で、もう少し時間がかかる場合もあったりしますよね。

(2) 大学生のときは……

大学生になるといきなり出会いの場所が増えるという人が多いはず。学校だけでも生徒の人数が全然違いますし、バイトやサークル、その他遊びなどで結構出会いも別れも頻繁に、という経験をしたことがある人が多いのでは?

大学生の頃は若さもあるので、好きならすぐに告白して付き合うし、ダメなら次を探すという感じで、比較的付き合うまでの期間は短い人が多いように感じます。

(3) 30代、さらに40代は……

30代、40代になってくると、付き合うまでの期間に時間をかける人と、時間をかけない人の差が顕著に現れます。

アラサーで結婚を急ぎたい気持ちがあれば、出会いから付き合うまでの期間は短くなるでしょう。そして40歳を過ぎて結婚をあまり意識せず、落ち着いた恋愛を好むようになると、相手を見定めるまでに時間を多く使う傾向があるように思います。

 

2:出会ってから付き合うまでの男性心理5つ

では、出会ってから付き合うまでの男性ってどんなことを考えているんでしょうか?

(1)どうやって好印象を与えようか

「僕は自分からアプローチを積極的にするというのは苦手なタイプなので、どちらかというと、相手の前にいるときにどのくらい好印象を与えられるかで付き合えるかどうかが決まると思っています。

だから、気になる相手ができたら、まずは服装とか髪型とかに気を付けるようになりますね。で、相手の話をしっかり聞いて理解してあげようとしてみたり。

その過程で、“相手が自分に興味を持ってくれたな”って感じられたら、デートに誘ってみます。その後は流れに任せる感じですね」(Mさん/26歳)

(2)付き合ってから面倒な女性じゃないかな?

「結構今まで、可愛い子ってだけで彼女にしたら面倒な子で、酷い目にあった経験が多いので、良いなって思う子がいても“付き合ってから面倒な女性じゃないかな?”って目線で見定めるようになりましたね。

大丈夫そうなら、すぐにデートに誘います」(Tさん/31歳)

(3)早く付き合いたい!

「僕の場合は、“好きになったらすぐに付き合いたい!”って気持ちでいっぱいになるので、そのことばかり考えちゃいます。

相手が自分のものにまだなっていない状態が長く続くのは辛いので、どうやって落とすかってことばかり考えている気がしますね」(Wさん/30歳)

(4)付き合うまでは良い友達

「昔は女友達とか全然作れないタイプだったんですよ。だから気になる人と出会っちゃうと、すぐに付き合えるか付き合えないかを白黒つけたくなっていました。

でも今は付き合う前は女友達っていう感覚を受け入れられるようになったので、まずは女友達として相手の人柄を見て、その上で恋愛対象になるかを考えるようにしています」(Oさん/29歳)

(5)出会ってから付き合うまでは一定のフローで

「大体出会ってから付き合うまでって、今までの経験から一定のフローができあがってますね。

出会った時点ではなんとなく“良いな”とか“恋愛対象じゃないな”とかだけ感じてて、話をしていくなかで“付き合ってみたいな”に変わって、そのあと調査段階を経て告白って感じですね。

付き合うまでは複数の女性を気にかけてても浮気じゃないと思うので、複数同時進行なこともよくあります」(Sさん/30歳)

 

3:出会うまでの流れは?付き合うまでのプロセス体験談7つ

それではここからは、男性が今まで付き合った女性との出会いから付き合うまでのプロセスについて聞いてみましょう。

(1)バイト先で出会って2ヶ月で付き合う

「大学生の頃の話ですけど、その頃レストランでバーテンをやってたんです。ちょっと隠れ家的なレストランでバイト仲間もセンス良い人がたくさんいて。だいぶバイトにも慣れた頃に1個年下の可愛い子がウエイトレスで入ってきて、一目惚れして。

そこから連絡先はすぐに交換できたんですけど、僕も相手もかなりバイトのシフトたくさんいれてて、デートに誘えなくて。

それでもバイト先では会えるから、話をして段々仲良くなって。ある日2人ともバイトがない日があったので、初デートに誘ってその日に告白して付き合いました。大体2ヶ月くらいかなぁ」(Nさん/26歳)

(2)ボランティアで知り合って即付き合う

「僕大学生の頃からやってるボランティア活動があるんですよ。そこで今の彼女と出会いましたね。正直ピンときたって感じで、お互いに初めて会ってすぐからすごく気が合うって思ってて。出会って1週間くらいでもう交際スタートしましたね。

はっきり告白とかしてないんですけど、もう当たり前に一緒にいるみたいな感じになってて。今でも2人ともボランティア続けながら、お付き合いも続いてます」(Aさん/25歳)

(3)友達の紹介ですぐ付き合う

「社会人になると本当に出会いの場所って少なくなりますよね。大学生の頃はこんなに出会いがなくなるなんて思ってもみなかったです。

でも仕事ばかりで全然女性との接点がなくて。だから、男友達と飲んでるときに愚痴ったんですよ。“彼女欲しいー”って。そしたら友達が彼女の友達を紹介してくれて。

その友達とはかなり古くからの友人だったんで、俺の好みとかすごくよくわかってて。出会ってすぐに“当たり”って思いましたね。なので3回くらいデートに誘って告白して付き合いました。友達が“絶対相性良い”っていってくれる子には当たりが多いなって思います」(Hさん/28歳)

(4)職場恋愛で1年後から付き合う

「社会人の恋愛って職場恋愛がほとんどだって聞きますけど、本当ですね。だって、ほとんど外での出会いがないし、家にいる時間より職場にいる時間の方が長いくらいなんだから仕方ないと思います。

僕もご多分に漏れず、職場の別の課の子にずっと好意をよせてました。

でも別の課だと接点がなかなかなくて、まずはその子と仲の良さそうな同じ課の女性と友達になってじわじわとアプローチを始めて。

最初はこんなに付き合うまでに時間がかかるとは思ってなかったんですけど、相手の女性が結構固いというか、真面目な人だったので付き合うまでに1年くらいかかっちゃいました」(Kさん/30歳)

(5)英会話カフェで出会って交際まで3ヶ月

「仕事でいきなりTOEICの成績を必要とされたんですよ。

英語ってかなり苦手に感じてたのでオンラインの英会話を毎日したり、英会話のカフェに行ってみたりいろいろ勉強しました。別に出会いを探してたわけじゃなかったんですけど、その英会話カフェですごく頑張っている女性を見つけて惹かれて。

最初は同じ英語の勉強友達としてスタートして、デートとかでも英語の勉強をしていたんですけど、そのうち、“この人とならお互いを高めあえそう”って感じたので、交際を申し込みました。初めて会ってから交際までは3ヶ月くらいだったと思います」(Uさん/27歳)

(6)料理教室の体験で会ってすぐ付き合うことに

「男が料理教室?なんて思うかもしれないんですけど、僕は食べるのが好きなのから始まって、料理も自分で作ってみたいって思うようになって。最初は独学でやってたんですけど、なかなかうまくいかないから、思い切って料理教室の体験に参加してみたんです。

周りは女性ばかりでかなり浮いてましたけど、そこの先生に一目ぼれしちゃって。

そこからは、先生に会いたくてっていうのもあって、入会したんです。2回目に行ったときにはもう先生にアプローチを開始しましたね。相手も料理好きだから話も合って、家でも料理教えてもらえるようになったので、そのまま付き合う感じになりました」(Oさん/30歳)

(7)アプリで出会って1ヶ月で告白

「本当に出会いがなくて、生活に全然潤いがないなって嘆いてた日々があまりに長くて。土曜の夕方とかにひとりで家にいるとすごく寂しい気持ちになるんですよね。

そこで出会い系アプリに登録してみたんです。ちょっと疑いながらでしたけど、写真見て気になる子には複数に連絡とって。

で、しばらく並行で3人くらいとLINEのやり取りをしていたら、1ヶ月くらいしてからひとりの女性から告白してもらえたんです。もちろんOKして、他の子には謝って、交際をスタートさせました。藁にも縋る気持ちでしたけど、やってみて良かったです」(Gさん/27歳)

 

4:付き合うまでのデートで気を付けるべきポイント3つ

付き合うまでのデートと付き合ってからのデートって違いがあるのでしょうか? 付き合いまでのデートで気を付けるべきポイントをまとめてみました。

(1)相手をしっかり見極める

付き合うまでのデートは男女とも相手のことを見定めている時期でもあります。なので、デートに誘われたことで浮かれすぎたりせず、相手をしっかり見極めるようにした方が良いでしょう。

もちろん相手からも見極められているということをしっかりと自覚して、「2度目のデートはなしだな」などと思われないようにしましょう。

(2)露出の激しすぎる服では攻めない

男はエッチなことが大好きだからといって、露出の激しい服でデートに行くのはあまりおススメできません。オンとオフとの切り替えは必要ですし、普段着よりは着飾った方が相手の男性は喜ぶでしょう。

ですが、露出が多い服を着ていると、「結構遊んでるのかな?」とか「デートに誘われたら誰にでもついていくのかな?」などという印象を与えてしまう可能性があります。

それよりは、少し控えめな服装で攻めた方が良いでしょう。

(3)急いで相手に答えを求めない

デートに誘ってくれたからといって、「相手は自分と付き合う気があるはず!」と決めつけるのはまだ早いです。男性によっては、2人だけの食事に何度も行っても、デートとは認識しない人もいます。

付き合うまでのデートで相手に結果を求めたり「まだ付き合わないの?」などと急かすような行為は危険。付き合ったら束縛されそう……などと思われてマイナスの印象になってしまうかも。

 

5:付き合うまでのデートは気合を入れすぎないで!

今回男性たちに話を聞いてみたところ、付き合う前にデートをしてみて、結局お付き合いに至らないというケースもかなりあることがわかりました。

特に付き合う気満々で相手がデートに来ると、ちょっと引いてしまうという男性が多いようです。あくまでも、付き合うまではまだ友達かそれより少し上くらいの関係性。

1度デートしたからといって彼女ぶるような行為は、男性が嫌がってしまうので気を付けてくださいね!