「やっぱりやめておくべきだった!」生理前の後悔エッチ…実話2つ

生理前ってすごくムラムラしますよね。生理がいつ来てもおかしくないタイミングでも、彼といい雰囲気になったら、我慢なんてできない!となってしまうかも。それでもやっぱり生理前はやめておいたほうがいい!という理由を、筆者自身の経験談をもとに紹介したいと思います。もしかしたらそれが別れの原因になってしまうことも……!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:触られている途中で……!

生理前ってすごくムラムラしますよね。まだ大丈夫!と思っていても触られている最中にアレが来てしまったら……。

ずいぶんと感じている…な!?

薄暗い部屋で、しかも布団で隠れていると、何で濡れているのか相手も自分も分からないんですよね。

生理が来る前にお腹が痛くなるとか、なにか前触れ的なものがあればいいのですが、本当に突然生理がやってくる人は多いと思います。実は筆者もそのひとり。

せっかく彼といい雰囲気になっているのに相手が血まみれな惨劇に気づいたらどうなることでしょう。

筆者の場合は、彼に「えっ……!?」と叫ばれたのを覚えています。

「まさか……」と思い下を見ると、そこはまるで殺人現場状態。鮮血に染まっていました。ついでに彼の手も指も血まみれ。

私はその瞬間、頭が真っ白。彼も血が苦手だったため、かなり驚いていました。

血が平気な人もいますが、普段血を見慣れていない男性には苦手な人が多いと思います。もちろん、彼もそのうちの一人でした。

それから彼は、あの日の出来事がトラウマになってしまったようで……気まずくなるのはこちら側のはずなのに、彼のほうが気まずい様子。

きっとそのことも原因のひとつだったのでしょう。それから彼と会うことはなくなってしまいました。

 

2:2回戦目で……。

1回目はなんともなかった! だから大丈夫!と思い、2回戦目に突入した時にアレが来てしまったら……。

服、枕、壁にも!?

生理前だと分かっていても、1回目が平気なら「今日は大丈夫!」と思ってしまいますよね。

でも、生理前に子宮が刺激されると、いつもより早く生理が来てしまうことってあるんですよ。

筆者の場合は1回目が平気だったのでいつもと変わらず、2回戦目もいろんな体位に挑戦しました。

部屋が暗かったので気づくのが遅くなったのですが、薄暗い中、彼のシャツが汚れているのに気づいたんです。

まさかと思い、一度ストップ。電気をつけて辺りを見渡すといろんなところに血が飛び散っていました。

1か所だけならともかく、シーツはもちろん服にも枕にも、なんと壁にも真っ赤な血の跡が……。

まさか、生理の血が壁にまで飛び散ることがあるとは思っていませんでした。ちなみにその時していた場所は自分の部屋だったので、すぐにパンツを履いて、上半身裸のまま壁を掃除したのを覚えています。

 

どうでしたか?

生理前にムラムラしてエッチしたい気持ちも分かりますが、筆者自身のこのような経験から、生理前のエッチはあまりおすすめできません。

血が苦手な彼のように、男性側のトラウマになってしまい、別れる原因にもなりかねないのです。

なるべく生理前は避ける。どうしても!という場合は、あまり激しすぎるエッチは控えるようにしましょうね。

(ライター 桃倉もも)