恋愛感情がわからない!? 恋愛感情診断8項目と恋愛感情がわかない理由5つ

恋愛感情がわからない、恋愛感情ってなんだっけ!? そんな気分になること、ありますよね。恋愛感情がなかなかわいてこないのってなんでなのかな……年なのかな? いえいえ、もっと他に原因があるかも。恋愛感情がわからない理由と、恋愛感情診断について、恋愛心理カウンセラーの筆者がお答えします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:病気なの?恋愛感情がわからない

恋愛感情がわからない! その理由は人それぞれ様々です。

中には、「無性愛者」といって、恋愛感情や性的欲求を抱くことがないタイプの人もいます。

しかし、そうではなく、性的欲求はあるけれども、過去の恋愛のトラウマによって恋愛感情が鈍くなってしまったり、親からの育てられ方によって恋愛感情がわからなくなってしまうこともあるのです。

 

2:恋愛感情のレベルを診断する方法8つ

恋愛感情のレベルを診断する方法がありますので、ご紹介します。

(1)異性にドキドキするか?

(2)ひとりで勝手に恥ずかしくなることがあるか?

(3)相手と自分のデートシーンを想像してしまう?

(4)相手と会うとき自分のファッションが気になる?

(5)相手と離れたくないと思う?

(6)相手を独占したいと思う?

(7)相手に見せられないと思う部分がある?

(8)相手に触りたいと思う?

下に行くほど、当てはまれば、恋愛感情のレベルは高いと言えるでしょう。逆にこうした気持ちがなければ、もう本当に「恋愛ってなんだっけ?」となってしまいますよね。

恋愛感情診断について、詳しくは過去記事「恋愛がわからない?“恋愛感情診断”であなたの恋レベルをチェック」もご覧になってみてくださいね。

 

3:恋愛感情がわかない原因5つ

(1)真面目が正義と思い込んでいる

親からの育てられ方に原因があるケースは、ほとんどがこのタイプです。

真面目が正義、恋愛は不真面目だからいけないこと……こうした意識が潜在意識に根付いてしまっている人が、日本には結構たくさんいます。

親から「真面目に」「良い子に」と育てられた結果、恋愛ができなくなってしまうのです。思い切って人生変える勇気が必要です。

(2)異性と接していない

異性と接していなければ、当然ドキドキするといった感情も存在しません。異性と触れ合う機会がないうちに、すっかり忘れてしまった人は大勢います。

異性のいるところに足を運び、異性と接してドキドキ段階から思い出させてもらう必要がありそうです。

(3)異性を楽しんでいない

異性と接する機会がある人でも、異性との交流を楽しんでいなければ、そこに恋愛感情は生じません。

中には、異性不信の気持ちがあり、異性との交流を楽しむつもりなどない!と最初から諦めている人もいますが、そこをなんとか楽しまないと恋愛には発展しないでしょう。

(4)毎日忙しすぎる

現代人は、忙しい人が多いですが、特に「仕事が忙しすぎて……」と発言する人はたくさんいます。

自分の興味のほとんどが、仕事に向いてしまっていますので、恋愛したいとボンヤリ考えていたところで、異性にあまり意識を向けることができていません。

その結果、異性の良いところも見えてこず、恋愛感情が鈍くなってしまうのです。

(5)ちゃんと生活できていない

「忙しい」に通じるところがありますが、食事をきちんと摂れていなかったり、睡眠が足りなかったりすると、恋愛感情が鈍くなります。

これは、新しい恋をして、新しい生命を生み出す活動をするよりも、自分の生命を維持することに集中しなくてはならないためです。

「そんな余力はない」と自分の肉体が思いはじめないように、自分自身のメンテナンスはちゃんと行いましょう。

 

4:彼・彼女への恋愛感情がなくなったら別れる?気持ちを復活させる方法5つ

(1)しばらく待ってみる

相手に対する恋愛感情がなくなったと思われても、しばらく待ってみましょう。

自分の機嫌が悪かったり、相手のコンディションが悪かったりするだけで、しばらくすると恋愛感情が復活することもあります。

(2)相手を観察してみる

最近、相手がそばにいることが普通になりすぎて、相手の良いところが見えなくなっているのかも。相手を観察してみましょう。あなたが好きになった、いいところが必ず見つかる……かも?

(3)ピンチに陥ってみる

わざと、自分の環境をピンチの状態に置いてみましょう。相手の人が自分を助けてくれることで、魅力を再認識できるかもしれません。

但し、相手も気分が下がっていて、助けてくれないかもしれませんので、それによって相手の愛情のレベルを再認識する結果になる可能性も……。

(4)距離を置いてみる

相手と距離を置いてみましょう。

しばらく会わないとか、連絡を取らないことで、相手からのアプローチがあるかもしれませんし、あなたもまた会いたくなるかもしれません。

(5)相手がいなくなったと想像してみる

自分の生活から相手が消え、全く相手がいなくなったと想像してみましょう。

寂しいですか? そんな生活はありえないですか?

失ってから思い知ることもたくさんあります。そうならないよう、できるだけリアルに想像力を働かせてください。

ただし、相手がいなくなったと想像したらものすごく自分の生活が楽しいように思えるときは、もう手遅れかもしれません。

 

5:恋愛感情はアンテナを敏感にして感じ取るもの

恋愛感情は、多くの人が忙しく毎日を送っているこの現代、実はとても感じづらい感情になりつつあります。

しかし、恋愛に対するアンテナを敏感にすることで、たいていの場合ちゃんと感じられるようになります。自分にとってどのようなことが、敏感にするためのメンテナンスになるのかを考え、実行してみてくださいね。