好きな人への脈あり態度は?男女で違う?脈あり行動やLINEをチェック!

好きな人に対する態度、いわゆる脈ありの態度って、男性と女性とで違うものなんです。どこが違うか、しっかり把握していますか? うっかり判断ミスをすると、本当は脈ありの相手に「キライなんだ……」と勘違いして諦める、なんてことになりかねません。今回は恋愛心理カウンセラーの筆者が、男と女の脈あり行動の違いやLINEについて、ご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:男女で違いが?好きな人への脈ありなサインや行動

(1)男も女も好きな人と話したい!でも話題や方法は?

好きな人がいれば、その人と話したい、話していたいと考えている女性は多いですよね。

でもそれって、女だけなのかな?と思ってしまいがち。ですが、いえいえ!そうではありません。男性だって、好きな人と話したいと思っています。

しかし、好きな人と話す方法や、好きな人との話題に選ぶものは、男性と女性とでまったく異なることもあるのです。

(2)脈ありな言動をチェックしよう

好きなら自分と同じような行動をとるはず……、自分と似たような話題を選ぶはず……と思っていたら、意外にそうでもないことも! 男性と女性って、けっこう、わかり合えていないんです。

無用な勘違いを避けるためにも、男性の脈あり行動と女性の脈あり行動を、じっくりチェックしてみましょう。

 

2:男性が好きな人にとる態度!脈あり男性の行動

まずは、男性側からの脈ありサインを見ていきましょう。

(1)テンションが高い

好きな人と話をするとき、女性だったら恥ずかしかったり、引かれたらイヤだな……と思って、わざと静かにすることがあります。でも、男性はたいてい、テンションが高くなります。

機嫌もいいですし、話し方は早口。声もうわずった感じになることが多いでしょう。

これは、好きな人と話をしているということで、わかりやすく言うと「てんぱっている」状態。ドキドキして、焦っています。でも、それは、嬉しさ、喜びが大きいからこその焦りなのです。

(2)家族の話をする

男性が女性に、家族の話をするのは、「自分のことを知ってもらいたい」という気持ちの表れです。

特に好きでもない女性には、家族のエピソードを話そうなどとはしません。家族の話のほかに、休日は家で何をしているかとか、昨日家で何をしたとか。プライベートな話は、好きな女性との話題として鉄板です。

(3)目が合う

男性は、好きな女性のことを、目で追っていることが非常に多いのです。

というのは、太古の時代から狩猟をして生きてきた男性は、目標に定めた相手を「見る」という習性を持っているからです。

好意のある相手と目が合うと、サッとそらしてしまうことが多い女性に比べて、男性は、好意のある相手と目が合っても、そのまま見ていることが多いようです。

逆に、好意がない相手は、見ても意味がないので、見ません。したがって、目が合うことが多いというだけで、それは脈あり行動だと言えます。

(4)返信が早い

LINE、メールなどやりとりをしている中で、好きな女性への返信は早くなるのが男性です。

男性は基本的に、駆け引きをする人はあまりいません。

もちろん、「あまり早く既読をつけたら、ずっと見てたと思われるかな」という気持ちがないではありません。ですが、それよりも、相手のメッセージを早く見たい、早く返信をしてまた返事をもらいたい、という気持ちのほうが大きいのです。

(5)プレゼントをくれる

男性が女性に対して、お金を使うこと自体が、ひとつの脈あり行動であるといえます。

ただ、女性に比べて社会的地位が高い男性など、一緒に食事に行くとおごってくれる場合は多くあります。食事のお会計をしてくれたからといって、脈ありかどうかはわかりません。

しかし、プレゼントは違います。好きでもない女性にプレゼントをする理由はないからです。よほどでない限り、プレゼントをくれるのは脈あり行動と思ってよいでしょう。

 

3:女性が好きな人にとる態度!脈あり女性の行動

続いて、女性側の脈ありサインの紹介です。

(1)ちょっと意地悪する

男性でも「わかる!」と思う人がいるかもしれませんが、女性は好きな男性に対して、ちょっと意地悪してみることがあります。

といっても、好きな相手が本当に困るようなことは絶対にしません。ちょっと憎まれ口をたたいてみたり、小さな失敗をからかったり……。

そんな態度は「好き」の裏返しであることが多いようです。

(2)いつも怒っている

「ちょっと! ここもっとちゃんとしてよ!」なんて、職場でいつも怒っている彼女がいませんか? しかも自分にだけ……。

そんな怒った態度も、女性の場合は脈あり行動に含まれる場合があります。「ひとりにだけイライラする」というのは、恋の初期段階。女性本人もその気持ちにちゃんと気付いていないこともあります。

(3)目が合うとすぐそらす

先述した通り、男性は、好きな人と目が合うとじっと見つめる人が多いのですが、女性はその反対。好きな人のことを見つめていますが、目が合った瞬間に「見ていたのがバレないように!」とササっとそらしてしまいます。

男性は、「気があるなら、そらさないはず」と思っています。なので、女性と目が合ってそらされると、ショックを受けてしまう場合が。

しかし、女性だって男性同様、好きでもない相手をそうそう見ていませんから、目が合った時点で脈あり。恥ずかしそうに目をそらすのは、さらに脈ありだと思いましょう。

(4)会話に興味がありそう

女性の大半は、男性とにこやかに会話をすることに長けています。ですが、そうかといって話のすべてに興味を持っているわけではありません。

特に、興味のない話や、興味のない人との話では、「はい。はい。そうですねえ。はい。はい。そうですねえ……」と同じ相づちばかり打っている……なんてことがよくあります。

興味のある人との、興味のある会話には、様々な相づちが登場しますし、態度もおのずと前のめりになります。そして、そもそも会話をつなげようとしますから、相づちだけを繰り返すといういうこともありません。

(5)ちょっと触ってくる

男性が女性を触ると、場合によっては問題になりますが、女性から男性へのボディタッチのハードルは低いと言えます。

そのため、気のある男性には、ちょっとだけボディタッチをして、好意を伝えようという女性は少なくないのです。

「よろしくね!」「おはよう!」など挨拶がわりに肩を叩いたり、「ちょっと〜」なんて袖口を引っ張ったりするのは、わかりやすい脈ありサインのひとつ。

いくら、気安い感じの女性だって、好きでもない男性に対しては「誰が触るか!」と思っているものですよ!

 

4:男性が好きな人に送る脈ありLINE

ではLINEではどうなのでしょう? 男性の脈ありLINEにはこんな傾向があります。

(1)絵文字、顔文字を使う

まず、男性が絵文字や顔文字を送信してくるかどうかで、脈あり脈なしをある程度判断することができます。「どの女性に対しても絵文字を送る」という男性も中にはいますが、決して多くはありません。

逆に、直接会話するときと同じで、相手に好意を示したいというよりも、自然にテンションが高くなってしまって、絵文字や顔文字を送りたくなる男性は多いようです。

かといって、「好きな人であろうがなかろうが、絵文字はナシ!」という男性も多数いますから、絵文字がないというだけで脈なしだとがっかりしないでくださいね。

(2)質問が多い

好きな人のことを知りたいという気持ちと、好きな人との会話を長引かせたいという気持ち、ふたつの理由から、脈ありLINEには質問が多くなりがちです。

「え、今その質問しなくてもいいよね?」という質問が多く寄せられたときは、あなたに好意を寄せている可能性大。

(3)女性の趣味に合わせた会話

女性を飽きさせることなく、会話を続けることができて、自分をおもしろい人だとアピールできるネタといえば……やっぱり女性の趣味に合わせた話!

ということで、男性から女性への脈ありLINEには、女性の趣味に関する会話がよく登場するようです。

(4)女性を励ます内容

女性の気持ちが弱っているとき……、たとえば、失恋したときや、会社で失敗をしたときなどです。男性にとっては、好きな人がそんなことになってかわいそう……と思う一方で、自分の株を上げるチャンスでもあります。

失恋であれば、すかさず女性を励ますLINEを送って、あわよくば自分が後釜に……!と狙っている男性もいます。なので、失恋直後の男性からの励ましLINEには注目ですよ!

(5)そもそも頻度が多い

内容はともかくとして、そもそも頻繁にLINEが来る! 頻度が多い!

というときは、けっこうな脈ありであると言えます。

男性だって友達とLINEをしないわけではありません。でも、好きでもなければ、それほどの頻度では会話しないことがほとんどだからです。

これは男女問わずですが、ほぼ毎日、何らかの理由をつけてLINEが来る、というのは、だいたい脈ありです。

 

5:職場で気になる子にとる脈あり行動

それでは、職場に限定すると、どんな脈あり行動があるのでしょうか?

(1)手伝ってあげる

頼まれてもいないし、上司の命令でもないのに、気になる子のやっていることを勝手に手伝ってあげることはよくあります。

(2)話しかける

気になる子が一所懸命に頑張っている。そんな場合は、ついつい話しかけてしまうことがあります。

ただし、ときどき、横やりを入れられて鬱陶しい!となって、気になる女性から嫌われることもあるので、男性としては注意したいパターンです。

(3)褒める

仕事について「よくやった」と褒めたり、「そのハンカチきれいだね」と、持ち物を褒めたりします。

ちなみに「髪きれいだね」と言われたときはかなり脈ありかも。

(4)依頼する

「悪いんだけど、これお願いできない?」

とめんどうごとを増やす相手。何も私じゃなくたっていいじゃないか……と思っていたら、実は好きなだけ。会話のきっかけを探しているだけだったりするようです。

(5)見る

同じ職場にいるということで、「毎日とにかく相手を見つめている」という男性は多数いるようです。声をかける勇気がなくても、見ることはできちゃいます!

意図的に見ているというよりも、もう目が勝手にそっちに行っているという人がほとんどです。

 

6:脈あり行動、しよう!

脈あり行動は、相手に「私、あなたに気があるの!」と主張する、大事な行動です。

脈ありだとわかったら、相手のほうから積極的に働きかけてくれることも多いもの。脈ありがわかったら恥ずかしい……などと思わずに、あなたの方からも脈あり行動をどんどん起こしてみてください。自分自身の恋愛運アップにもつながりますよ!