第一印象は見た目だけ?第一印象の重要性と悪い印象を良くする方法

あなたは、「第一印象がいい」と言われるほうですか? 人によっては、「いつも実際とはかけ離れた第一印象を持たれてしまって困っている」という人もいるかもしれません。今回は、第一印象を良くする方法や、悪い第一印象から挽回する方法を、心理学も交えて紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:第一印象とは?

(1)第一印象の意味って?英語で言うと?

第一印象とは、その人と会ったときに初めて抱く印象のこと。もちろんそれは相手が人でなく物の場合もあります。

第一印象を英語で言うと、“first impression”となります。ほぼ直訳ですね。

(2)第一印象の重要性は?

第一印象の重要性については、みなさん合コンなどの出会いの場だけでなく、仕事での挨拶などでも、日々感じていることと思います。

そして今は相手と会う前から、SNSなどで相手の顔写真を見たり、プロフィールを簡単に調べることもできるので、第一印象はSNSで出来上がっているという側面もあるでしょう。

では、恋愛においての第一印象は、どうすれば良くすることができるのでしょうか? そして、第一印象が悪い場合はどうやって挽回すれば良いのでしょうか?

 

2:第一印象が悪いと恋愛も失敗する? 第一印象を良くする方法8つ

ではここからは、恋愛においての第一印象について考えてみましょう。

男性は女性と出会ったとき、どんなところを見て、どんな女性に好感を持つのでしょうか? 男性たちの意見を分析した、「第一印象を良くする方法」を紹介します。

(1)とにかく笑顔で

誰にでもすぐにできて、効果が高いのが「笑顔」です。男性は女性の笑顔に魅力を感じます。どんなに美人でもムスッとした顔をしている女性には、近寄りがたいと思うのが男心。

第一印象に自信がないと思っている人こそ、笑顔を人一倍輝かせられるようにすると、ガッチリ相手の心をつかむことができるでしょう。

(2)清潔感のあるメイク

男性はあまり盛りすぎたメイクを見ると、引いてしまうことも多いもの。ふっさふさのつけまつ毛や、スーパーボリュームマスカラなどで目元を強調しすぎると、人工物感を盛ってしまうことも。

清潔感というのは、就職などの面接でもキーとなるポイント。メイクでは、素肌感のある、ナチュラルで健康的な肌を演出しましょう。

(3)柔らかく見える髪型

髪型は、印象操作に大きく影響します。

男性は昔からふんわりしたイメージの女性が大好きです。好みは人それぞれあるでしょうが、柔らかい印象を与える髪型で、初対面から嫌いになられることはないでしょう。

第一印象では、多くの人が良しとすることに合わせることが重要ですよ。

(4)体形をきれいに見せる服装

女性にとって、大きな悩みの種のひとつが「体形」。他人からは完ぺきに見えるプロポーションの人でも、密かなコンプレックスを持っている人も多いです。

ですが、生まれ持った骨格などは変えられません。そうであればむしろ、自分の魅力を活かせる服装にチャレンジしてみましょう! 女性が気にしがちな二の腕や太もものむっちりだって、男性にとっては、魅力的な部分なのです。

(5)丁寧な言葉遣い

初対面では、丁寧な言葉遣いが印象を操作します。「話している内容よりも、使う言葉のほうに意識が向く」という男性も少なくありません。

フレンドリーなのは良いことですが、初対面では、敬語を使うなど、最低限の距離を取った方がいいでしょう。そのほうが、男性の好む「清楚で育ちが良いイメージ」を与えられますよ。

(6)ポジティブそうな姿勢

体形のところとも重なりますが、姿勢もすごく大事です。いつも猫背で下を向いて歩いている人よりも、堂々と胸を張って歩いている人のほうが魅力的に見えますよね。

姿勢は意識すればすぐに変えられるので、ぜひ挑戦してみては?

(7)揺れるアクセサリー

人は揺れるものに目がいきやすいです。ですから、胸元でチャームが揺れるネックレスや揺れるピアスなどは、第一印象にも大きな影響を与えますよ。

(8)歯も大事!

そして最後のポイントは歯です。『Menjoy!』の過去記事「年収“700万以上”をゲット!第一印象の笑顔マジックとは…」の記事でも紹介している通り、年収の高い男性は、なんと女性の歯並びをチェックしているようなんです。

歯並びは一朝一夕では変えることはできません。でも、日ごろからホワイトニングなどを行って、清潔感のある健康な歯をキープする努力は可能でしょう。年収の高い男性をゲットしたい!なんて思っている人は、思い切って歯の矯正もしちゃいますか?

 

3:心理学的には…第一印象の法則って?

第一印象が大事だということは誰もがわかっていることでしょう。『非言語コミュニケーション』という、ノンバーバルコミュニケーションの著名な本の中には、

アメリカで多年にわたり非言語コミュニケーションを研究しているアルバート・メラビアンは、人間の態度や性向を推定する場合、その人間の言葉によって判断されるのはわずか七パーセントであり、残りの九三パーセントのうち、三八パーセントは周辺言語、五五パーセントは顔の表情によるものだと述べている。

とあります。これがメラビアンの法則と言われるものです。簡単に言うと、人はその人を判断するときの要素は、表情が55%、声の高さや声の質、大きさやテンポなどが38%、話した内容が7%だということです。

この実験結果をもとに、竹内一郎さんが『人は見た目が9割』を出版、大流行したことを覚えている人も多いでしょう。

ただし、世間には、「これは拡大解釈だ」という見方も広まっています。なぜかというと、この実験が行われた条件が、「言葉自体と表情が矛盾している」という状況下での話だからです。たとえば、「愛してるよ」と言いながら怒った顔をしていたら、人はどれを重要な要素として読み取るか、ということです。

ですから、メラビアンの法則はあくまでも非言語コミュニケーションの重要性を言っているのであって、話す内容はどうでもいいと言っているわけではないことに注意する必要があるでしょう。

「人はやっぱり見た目ですか?」

これについて、男性たちに「人はやっぱり見た目ですか?」と聞いてみました。

「初めて会うときは、確かに見た目くらいしか判断材料がないので、見た目の要素は重要になってくると思います。でも、仕事とかで長く付き合っていくと、その人の見た目とのギャップに気づくことも多いので……。見た目が良い方がいいけど、後で挽回できるのも確かだと思います」(Gさん/28歳)

「表情豊かな人は、信頼できそうって感じますね。まぁ、言っている言葉が汚いと、それも台無しになっちゃいますけど。やっぱり、笑顔でいる人の方が話しやすいし、第一印象が良いのは確かでしょう」(Kさん/30歳)

初対面では相手の情報が少ないからこそ、見た目の印象は強く残るようですね。

メラビアンの法則だけを理由に、第一印象が大事ですと断言するのは難しいですが、『Menjoy!』の過去記事「初対面の印象は●分以内で決まる!好感度アップ“男性の心をつかむ方法”」の記事でも紹介している通り、男性は初対面の相手の印象を、最初の2~3分で決定づけることがアンケート結果でわかっています。やはり見た目への気配りは重要な要素になることは間違いありません。

4:合コンでも盛り上がる!第一印象ゲームのやり方とお題3つ

第一印象ゲームというのをご存知ですか? 合コンなど、初めて会う人が複数集まる場所でおすすめのゲームで、物などの用意が必要ないため、手軽に始められて盛り上がります。

やり方は簡単。親を決めて、親が「○○そうな人!」と言います。そしてみんなで一斉に“○○”に当てはまりそうな人を指さします。指を差された数が多い人が負けで、罰ゲームとなります。

ではお題として使えそうなものを紹介しますね。

(1)浮気しそうな人

恋愛において浮気はタブーとされています。だからこそ、こういうお題にもってこい。自分が指を差されたら「えー! 全然違うよー」と一途アピールもできますし、気になっている人が負けとなったら「え? 実は前科あり?」などと聞いてみてもいいでしょう。

(2)内心ビビりな人

男女両方に当てはまるもので、意外な性格というのも盛り上がります。内心ビビりな人や、意外と神経質な人など、初対面ではまったくわからない性格診断をすると、そのあとの話題作りにもなりますよね。

(3)甘えん坊そうな人

「甘えん坊そう」というのは、男性でも女性でも、当てはまってもそんなに嫌なイメージにはなりません。男性の側がみんな揃って、ひとりの男性を指さしているなら、その人は実は彼女の前ではデレデレなワンコタイプなのかも!

ほかにも、「お酒が強そうな人」とか「好き嫌いが多そうな人」なども使いやすいですよね。日ごろから、盛り上がりそうなお題を考えておくと、いざというとき使えるかもしれませんよ。

 

5:恋愛で悪い第一印象を挽回する方法3つ

ここまで第一印象の重要性を紹介してきました。でも、第一印象が悪いと、すべてが終わりなのでしょうか? そんなことはないはずです。では、どうすれば第一印象が挽回できるのでしょうか?

(1)ギャップ効果を狙う

まずは、第一印象が最悪だからこそ使える技を紹介します。それはギャップ効果です。人は最初の印象が悪ければ、それ以上悪いことは想像しません。だからこそ、魅力的な面を見せればギャップで勝手に魅力を感じてもらえる可能性だってあるんです。

その場合には、「無口な子」から「実は頭の中ではたくさんのことを考えているけれど、普段は周りに気を遣ってあまり話さない」など、相手が納得できるギャップを見せましょう。

(2)ふたりきりをチャンスに

第一印象で悪い印象を与えてしまったなと気づいたなら、相手とふたりきりになったときが挽回のチャンス。たとえば、合コンなどで第一印象が悪かったっぽいと感じたら、途中や帰り道にわざとふたりきりになる場面を作ります。

そこで、「実はあがり症で……」などと打ち明けましょう。自分にだけ秘密を打ち明けてくれたと感じた相手は、心理的に距離が縮まったと感じてくれるでしょう。

(3)LINEで挽回

「初対面の印象をよくしようと頑張っているのに、どうしても“怖そう”などというイメージになってしまう」と悩む人もいますよね。その場合は、LINEやメールなどのツールを使って、イメージを変えましょう。

顔文字や絵文字を使うと、柔らかい印象を与えます。また、「チャラそう」と思われているのなら、真面目でていねいなメッセージを送ってみて。

 

6:第一印象は大事だけど変えられる!

第一印象は大事です。それは誰もがわかっていること。だからこそ、日ごろから第一印象で良いイメージをもってもらえるように振舞うことは大切です。

ですが、第一印象だけがすべてではないこともお忘れなく。結婚したカップルに話を聞くと、「第一印象はお互いに最悪だった」ということもよくある話です。

恋愛の場合、相手のことを本当に好きになれたら、第一印象が悪かったとしても、いくらでも挽回できるということでしょうね!

  

【参考】

マジョリー・F・ヴァーガス(1987)『非言語コミュニケーション』(石丸正訳・新潮選書)

 竹内一郎『人は見た目が9割』(新潮社)

「遠恋中の女子必見!声のプロに聞いた“電話だけで彼をメロメロ”にする方法」 – 『Menjoy!』