浮かれポンチ注意!浮かれポンチになってる男の行動と失敗談

浮かれポンチになると、いろいろと面白い失敗談を発生させてしまい、女性からも仲間からもクスっと笑われてしまうかも! それにしても、浮かれポンチって何? オレってもしかして浮かれポンチ!? 浮かれポンチ男性のおもしろエピソードを交えて、平成の浮かれポンチを恋愛心理カウンセラーの筆者が解説します!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:浮かれポンチは方言? 浮かれポンチの語源は?

浮かれポンチというのは、方言なのでしょうか? 「浮かれポンチ」と聞いて、「何それ?」「聞き慣れない……」と感じた人もいるはずです。

正確には方言ではありませんが、1950年頃に頻繁に使われていた「いかれポンチ」という言葉があります。関西弁で、軽薄、いい加減といった意味あいの「いかれ」と、世間知らずのおぼっちゃん……といったような意味の「ぼんち」をくっつけてできた言葉です。

小学館デジタル大辞泉では以下のように説明されています。

《「ぽんち」は、若旦那 (わかだんな) の意の「ぼんち」の音変化》しっかりした考えのない軽薄な男。

(出典:小学館デジタル大辞泉)

筆者が調べたところによると、これを、「浮かれている」という意味あいにもじって作られたのが「浮かれポンチ」。「浮かれてヘラヘラになっているちょっとダメな男性」、「片思いで浮かれて周りが見えなくなっている人(男性に限らない場合もある)」といった意味に使われているようです。

 

2:浮かれポンチになってる男のちょっと可愛い行動5つ

(1)LINE頻繁すぎる

浮かれポンチになると、LINEが増える……というのはありがちなこと。

好きになったと自覚した女性に対して、他の女性にはありえないほど頻繁にLINEを送ってしまうようです。

ちなみに、浮かれポンチ女性も男性に対してLINEを頻繁に送りがち。ただでさえLINEを送ることの多い女性が、もっと多く送信するので、あまりに非常識とブロックされることもありますので要注意。

(2)めっちゃ褒めてくる

「あ、そのペンすごい似合ってるね!」「今日の髪型いい! 決まってる」

などなど、普段ならとても褒めるようなところではない細かいところを褒めてくる浮かれポンチもいます。

相手のすべてを褒めたくて仕方ないのかも。

(3)突然くさいことを言う

たとえば「夜景きれーい」「君の方がずっときれいだよ……」という会話を、まだ付き合っていない段階で発言してしまうのが浮かれポンチ。

彼氏に言われるならともかく!とツッコミたくなってしまいます。

また、彼氏になってからでも、「今それ!?」というようなハズしたタイミングで、突然くさいことを言ってくる浮かれポンチはいくらでもいます。

(4)オシャレが変

好きな人と会うとなると、いきなり緊張して、「オシャレしなくちゃ!」と焦る人間は男女ともに多くいます。

しかし、緊張のあまり変なオシャレをしてしまうタイプは、男性に圧倒的に多いようです。

本人は雑誌などを見てオシャレをしたつもりなのかもしれませんが、本人に合っていなかったり、組み合わせがチグハグで残念なことも。

(5)言葉が噛む

コミュ障や人見知り系の浮かれポンチに多いタイプです。

好きな人と話をするとなると、一気にしどろもどろになって、普段噛まないような簡単な言葉でも噛み噛みに!

女性から見たら「フフッ可愛い!」と思えるものでも、本人からしてみたらぐぐんと落ち込むところです。

 

3:浮かれポンチで失敗…恋愛の浮かれすぎ失敗談5つ

(1)花束でフラれました

「付き合う前だったのですが、初デートの約束を取り付けて、あまりに嬉しかったので、バラの花束を買って待ち合わせ場所に行きました。

もちろん周囲からはめちゃくちゃ目立っただけじゃなくて、彼女がその花束を持ち歩く羽目に。

自分も初デートでそんなに長く遊ぶつもりではなかったけど、彼女はランチが終わってすぐに、「次の予定があるから今日は……」と言って帰ってしまって。その後、“花束ありがとうゴメンナサイ”ってメールでフラれました」(20代・営業職)

付き合う前の女性との待ち合わせに花束なんて……ちょっと昭和のマンガみたいですね……。

(2)ダサすぎてお断りされました

「今日告白するぞー! と意気込んで待ち合わせ場所に行ったのですが、どうも服装がよくなかったみたいで……

正直、自分も周囲も脈ありだと思っていた女性だったんですが、“付き合ってください”と告白したら、微妙な表情でお断りされてしまいました。

後になって、共通の知人から、“いい人だと思っていたんだけど、ファッションがダサかった”と言っていたと聞かされてがっかりです」

(30代・IT関連)

まあでも、服装で判断するような相手ですから、それなりにご縁もなかったのかもしれないですよね。

(3)「重い」って言われました

「自分の気持ちを伝えるのが大事だと思って、思ったことは素直に言うようにしていました。

当時好きだったので、思ったことといっても、そんなに異常なことを考えるわけではないし、容姿を褒めたり、性格を褒めたり、あとは一生守ってあげたいとか、オレに任せて!って。

そうしたら、好意は嬉しいけど重いと言われて撃沈しました」

(20代・建築関係)

容姿を褒めたり、性格を褒めるまでは良かったんですが……プロポーズばりのことを日常的に言われると確かに、引かれてしまうかもしれませんね。

(4)いつの間にか自分の中で付き合っていました

「彼女とは結構親しい友人関係だったので、もう自分の中では彼女同然で。

自分が行かない飲み会とかに、彼女が行くと聞いたら、“男来るの?”とか普通に聞いていました。

あと何か悩んでいそうだったら、彼女のためにと思って積極的にアドバイスとかしてたんですけど、それが気に入らなかったみたいで、距離を置かれちゃいましたね」

(20代・営業職)

辛い……。

こういうのを「彼氏ヅラ」と言うんですね。付き合った後ならともかく、付き合う前なら確かにウザイと思われてしまうでしょう。要注意!

(5)LINEしすぎてブロックされました

「合コンで出会った相手だったので、なかなか会えないから、ちょっと思いついたことがあったらすぐLINEしていました。

気がついたらかなり連投していることもあったかな……今じゃ1日に何通LINEしていたか思い出せないくらいです。

で結局、しばらくして全く既読がつかなくなって、アレっと思って、それでも送って、後日確認してみたらブロックされてるっぽかったので……そのままフェードアウトしました」

(20代・販売)

ブロックされているかどうかって、すぐにはわからないので、確認が必要になりますよね。

あなたも、テンションが上がってしまいLINEを送りすぎていないか、自己反省してみてください。

 

4:浮かれポンチは受け取り方次第!

浮かれポンチな行動をしても、「可愛い」と受け取ってくれる女性もいますし、「冷めた。ありえない」と評価する女性もいます。

これは受け取り手の考え方次第なので、どれがいい、これがいいとは一概に言えないのかもしれません。ですが、できれば浮かれポンチな行動は慎んでいくようにすると、恋愛成功の可能性は高まるでしょう!