「私のこと好きなの?」占い5選と恥ずかしい勘違いエピソード

友人知人の男性の言動で、「あれ? このひと私のことが好きなのかな……」と思ってしまうことってありますよね。あなたも彼に気がある場合、なおさら気になっちゃいます! 今回は占い師で、恋愛心理カウンセラーの筆者が、彼の気持ちを知る占い、そして、おまけとして、恥ずかしい勘違いエピソードもご紹介しますよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「私のこと好き?」彼の本音を見抜く方法は?

(1)「私のこと好き?」と直接聞くのは恥ずかしい…

いくら、相手が自分に思わせぶりな言動をしてくるからといって、直接ストレートに

「私のこと好き?」

と聞くのは恥ずかしいものです。

とはいえ、どっちつかずでは落ち着かない、相手の気持ちが知りたい!と思うあなたは、これからご紹介する占いなどを参考にしてみてください。

(2)「私のこと好き?」を英語で? 韓国語では?

英語で「私のこと好き?」は、もちろん

「Do you love me?」

でよいでしょう。うっかり難しく考えてしまいがちですが、答えを聞くと中学生レベルの英語でしたね!

では、韓国語で「私のこと好き?」というのは、どのように言えばいいのでしょうか。

韓国語と言えば、「サランヘヨ」が有名ですが、これは「愛しています」と訳します。

「私のこと好き?」をいちばん短く言うと、「ナ チョアヘ?」となります。「ナ」が「私」、「チョアヘ」が「好き」ですね。

「チョアヘ」だけで「好きだよ!」という意味になってしまいますので、「私のこと好き?」と聞きたいときは、語尾を上げて聞いてみましょう。

 

2:「私のこと好きな人はいる?」こっそり見抜く占い 5選

(1)ニキビ占い

「思われニキビ」という言葉があります。これは、「誰かから思われるとできる」と言われているニキビです。

思われニキビは、主に唇の下あたりからあごあたりにできると言われています。

ちなみに、額のニキビは「あなたに好きな人ができる」、右頬は「あなたの片想い」、左頬は「あなたの好きでない人から好かれる」という占いです。

(2)ほくろ占い

ニキビ同様、ほくろにも「想われぼくろ」と言われるものがあります。

これは、右の目尻にできるほくろで、右目尻にほくろがある人は、恋のチャンスが多い、想ってくれる異性がいると伝えられています。

(3)眉毛かゆい占い

眉毛がかゆくなったら、好きな人があなたのことを想っているのだ!

という言い伝えがあります。

このほかにも、「両思いの人は、右の眉が午前中にかゆくなる」という伝説もあります。眉毛の動向には注意したいものですね!

(4)落ち葉占い

落ち葉の季節は、落葉樹の下に立ってみましょう。

誰かに想われているときは、「落ち葉が左肩に触れる」と伝えられています。

たくさん葉っぱが落ちる木がおすすめ……!?

(5)「もっと詳しく!」なら占い師に聞け!

「もっと詳しく、あの人の気持ちが知りたい!」というときは、占い師に相談してください。

今は、スマホを操作すれば、一瞬で結果を出してくれる有名占い師が監修のアプリも多く出ていますし、占い師と直接やりとりできるアプリもたくさんあります。

すぐに結果が出るものがほとんどなので、利用してみてください。

 

3:「私のこと好きなの?」と感じる男性の言動 5選

(1)飲みに誘われる

「断っても何度も誘ってこられると、相手のことをなんとも思っていなくても悪い気はしない……」という女性が多いのも事実ですよね。

ただ、中には、お酒で酔わせて……と考える男性も少なからずいます。なので、関係の進め方には注意が必要なパターンかもしれません。

(2)褒められる

男性から褒められると、女性としては、「私に気があるのかな……」と考えてしまいます。

この場合、男性側の思惑はさまざま。海外風のジェントルマン教育を受けている男性などは、好きという気持ちがなくても褒めるケースがあります。

ただ日本には少ないので、やっぱり褒めてくるということは、それなりにこっちのことをいいと思っている……のだと思いましょう!

(3)「オレも!」が多い

こっちが何を言っても、

「あ、オレもオレも! ほんとそうだよねー」

なんて同意されると、相手が自分のことを好きであるかのような感覚に陥ってしまいます。

確かに、相手を落とす手法のひとつに、「相手の意見に同意する」というものがあります。

ただ、過剰な同意は嫌悪感のモトにも。男性諸君、やりすぎには注意してくださいね。

(4)帰る時間を被らせてくる

バイトの帰り、職場の帰りなど、なぜか、ばったり会う人がいる。

エレベーターでいつも一緒になって、駅まで一緒に帰る羽目に……。

こんなことが度重なると、「何なの? 気があるの?」と思ってしまいます。

実際、半ばボディガード気取りで、好きな人とわざと帰りの時間をかぶらせる男性は多いです。

(5)ピンチを助けてくれる

自分のバイトや仕事、勉強などで、これは参った、手詰まり!といったようなときに手を貸してくれたり、フォローしてくれる。

そんな相手に出会うと、フラフラっと好きになってしまうことがありますよね。

「助けてくれなくても、しかたないシチュエーションだし、むしろそれが当たり前なのに、わざわざ助けてくれるなんて、脈ありなのかな……」と、女性としては嬉しく思ってしまうでしょう。

【特集】「あなたの彼は何型?」血液型別!男の攻略方法

 

4:恥っ!「私のこと好きでしょ」と勘違いしちゃったエピソード 5選

(1)手伝ってくれたから……

「職場で、いつも私のことを手伝ってくれる男性の先輩がいました。

こんなに手伝ってくれるなんて、きっと私のこと好きなんだと思っていたのですが、翌年になって社外の彼女と結婚してしまって……。

完全に自分の勘違いでしたね」(28歳・女性)

この彼女、「その先輩に、ちょっと彼女気取りでものを言ってしまったことがあって恥ずかしい」と反省していました。

(2)目が合うと思っていたのに……

「学生のころ、同じ講義でよく目が合う男性がいました。

こっちは、私のこと好きなのかな……とちょっと思っていたのに、共通の友達から、『彼が、“いつも見られてるけどオレ何か変なのか、さりげなく聞いといて”って言われたよ』と……。

向こうのほうが見られてると思っていたみたいで。こっそり赤面しました」(20歳・女性)

それにしても、「さりげなく聞いといて」と言われた友達の聞き方が、ちっともさりげなくないですね!

(3)誕生日プレゼントをもらった

「付き合ってもいないのに、誕生日にプレゼントをくれたら、そりゃ気があると思うじゃないですか!

そうしたら、なんと。その彼、友達の誕生日にもプレゼントをあげていたんです。

調子がいいんだか、何なんだか……お返しはしなくちゃいけないし、ただの脈なし男だしで最悪でした」(25歳・女性)

確かに! お返しを考えるのもめんどうだし、脈なしの相手に出費するのは痛い……。

(4)即レス

「LINEのレスが超早い男性がいて、楽しくやりとりをしていたので、これはいい感じ!と思っていたのですが、共通の知り合いから『○○くんってLINEの既読とかレス超早いよね』と言われて、なーんだ私だけじゃないんだ……と。

彼が悪いわけではないけど、マメに返信してくれているし、既読がつくのも早いし……。この前、“ふたりで飲みに行きませんか?”って誘っちゃったんですよね。こっぱずかしいっ!」(30歳・女性)

誘ってしまったあとに、誰にでも同じ対応をしていると知るとは……。ちょっとタイミングが悪かったですね。

(5)サシ飲み

「ふたりで飲みに行く間柄の男性ができました。

3~4回飲んで、もしかして、そろそろ告白してくれるかな……と思って次の飲みに誘われて行ったら、ナント、彼女に対する悩みの相談をされてしまって。

本人は真剣なんでしょうけど、彼女がいるのにほかの女をサシ飲みに誘うって、かなり興ざめです。

私も盛り上がっていたのに一気に冷めて、そのままフェードアウトしました」(32歳・女性)

異性とふたりで飲みに行くことの倫理観は、個人個人で違います。

どちらがいいということではなく、価値観が合わない場合は、最初から近づかないほうが無難ですね。

 

5:「私のこと好き?」と聞く女性に対する男性の本音 3つ

(1)疑われているのかな?

「好きだから付き合っているんだし、好きじゃなかったら付き合ってはいないわけじゃないですか。

それなのに、好き?って聞かれるのは、疑われているのと同じ気持ちで、正直ウザいです」

確かに、付き合っていることそのものが好きな証拠だというのは、正論です。

(2)どうせ好きとしか言えない

「そんな質問をされても、じゃあ好きじゃないとか、キライと答えたらどうなるんでしょうね。

どうせ好きという答えしか出ないのですから、聞いても意味がないでしょ。

めんどうくさいし、言わされるのはムカつきますね」

付き合っている彼女にキライと答えるときは、もう別れ話ですよね。そうじゃなかったら、答えは好きに決まっているわけで……。

それでも、「私のこと好き?」と聞かれると、男性は「好き」と言わされる感にうんざりするようです。

(3)何度もはキツイ

「私のこと好き?って聞かれるのは、要するに好きって言ってもらいたいんだなぁと思いますから、最初は嬉しいし、別にいいですよ。

ただ、何度も繰り返されるのはキツイかな……。

そういうこと聞く人って、しつこい人が多いじゃないですか。

1回、好きといったくらいでは納得してくれなくて、また次の日とか次の週とか同じことを聞いてくる。

2回、3回と重なると、うっとうしいですよね」

何度も、言葉で愛情を確認したがる人は、基本的には自分に自信が持てずに、不安でいっぱいなタイプであると言えます。

なので、「私のこと好き?」と聞かれたことがうっとうしくて、適当な言葉でごまかしてしまうと、彼女は余計に不安になって、また次「私のこと好き?」と聞いてくるという悪循環になってしまいます。

そして、こうした女性の自信のなさを見抜き、

「自信のない女性=魅力的ではない」

と感じて別れてしまう男性もたくさんいますので、「私のこと好き?」と繰り返し聞くのはNG。

一方、たまーに1度くらいなら、

「言葉で愛情確認できるのはいいこと」

と喜ぶ男性もいますよ。

シチュエーションをよく選ぶといいですね。

 

6:思わせぶり男子にご用心!

女性に対する愛情を、アプローチという形で表現してくれる男性もいますが、一方で、本気の恋というわけではないのに何故か思わせぶりに見えてしまう男性も……。

彼が誰にでも思わせぶりな態度を取っているのか、そうでないのかを見分ける観察力は必要になりそうですね。

一方、「私のこと好き?」と聞くことについては、付き合っていなくても、付き合っていても、一定のリスクが伴うこともわかりました。

女性の側にも、「彼は私と付き合っている。好きな人とは付き合わない。だから彼は私のことが好き!」と頭の中で三段論法を展開し、ひとりで納得する努力が必要かもしれません。