共働き夫婦の割合は?男で結婚しても共働きを願う人は多いのか?

結婚してからも働き続ける女性が多いと実感しますが、実際のところ、共働き夫婦の割合ってどのくらいだと思いますか? また、男の人には結婚してからも共働きを願う人は多いと思いますか?少ないと思いますか? 今回は、そんな「共働き」を大特集!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:日本の共働きの割合は?

日本でも、共働き夫婦が増えている印象が強いですよね!

実際、『平成29年版厚生労働白書』(厚生労働省)によると、専業主婦世帯
(男性雇用者と無業の妻からなる世帯)が641万世帯、共働き世帯(雇用者の共働き世帯)が1188万世帯と、共働き世帯の数が約2倍になっています。

専業主婦家庭よりも、共働きしている家庭のほうが多く、もはや「共働きが多数派」と言い切れる時代になっているのですね。

 

2:どっち?男はみんな結婚してからも共働きを願ってる?5つ

では、男の人って「妻にも働いてほしい!」と思っているものなの?

ここでは、男性たちの本音を5つお届けします。

(1)「本当は、専業主婦になってほしいです」(38歳男性/団体職員/子なし)

「僕の妻は、今は働いています。でも、僕は基本的には嫉妬深い性格なので、できれば妻を独り占めしたい。

なので、本当は専業主婦になってほしいです。そのためにも、僕が仕事を頑張らないとって思っています」

(2)「世帯収入は多いほうがいいので、どんどん働いてほしい」(33歳男性/IT/5歳の子あり)

「ウチは、保育園に子どもを預け、夫婦でバリバリ働いています。

今、妻も僕も年収は同じくらい。単純に計算して、ふたりで働けば収入が倍になるので、僕は妻にも大いに働いてほしいです」

(3)「本人が働きたいなら働けばいいと思っています」(35歳男性/専門学校職員/3歳の子あり)

「今は、子どもが小さいこともあって、妻は働いていません。

でも、そろそろ働きたいようなことを言っていたので、自分が働きたいなら働けばいいと思っています。

収入は多いほうがいいですし、僕は賛成です」

(4)「僕の稼ぎが多ければ、家にいてほしいです」(30歳男性/食品/子なし)

「僕は平均程度の収入しか稼いでいないので、僕の稼ぎだけでは、ぶっちゃけ生活が厳しいです。

なので妻も働いていますが、本音では僕の稼ぎだけで生活できるほどの収入があれば、専業主婦になってもらいたいです」

(5)「本当は、僕が専業主夫になりたいです!」(33歳男性/飲食/4歳・2歳の子あり)

「今はカミさんはパートしかしていないので、基本的には、僕の収入で生活しています。

でも、僕は働くのがあんまり好きじゃありません。なので、妻がバリバリ働いてくれるなら、僕が専業主夫になりたいくらいです」

(6)「働いてほしいけど、家のこともしてほしいんです」(29歳男性/美容師/0歳の子あり)

「僕の稼ぎがイマイチなので妻にも働いてほしいけれど、僕が家のことをしないので、妻に両方を押し付けるのは難しいかなって思っています。

本当は、バリバリ稼いで家のこともちゃんとしてくれる妻がいれば理想なんですけど、それって高望みですよね?」

(7) 「共働きがいいですね」(33歳男性/地方公務員/子なし)

「妻には、家にこもって視野を狭めてもらいたくないので、共働きがいいですね。

外に出ていないと、どんどん視野が狭くなりそうだし、僕への関心が高くなりすぎて面倒くさくなりそう。これからも妻には仕事を続けてもらいたいです」

 

3:専業主婦に憧れる?共働きしても良い?女の本音3つ

では、女性たちの本音はどうなのでしょう?

3人の女性に本音を語ってもらいました!

(1)「専業主婦になりたいです」(32歳女性/結婚1年目)

「本当は仕事を辞めたいけれど、旦那の稼ぎだけでは節約生活になりそう。なので、仕方なく働いています。

仕事をしていると毎日通勤電車に揺られ、人間関係にも気を遣うので、本当は夫の稼ぎだけで暮らせる専業主婦に憧れます」

(2)「仕事はずっと続けたいです」(35歳女性/結婚5年目)

「私は仕事が好きなので、これからもずっと続けていきたいです。

同期の中でも私は出世しているほうだと思っているので、辞めてしまうのはもったいないし、自分の限界を試してみたいです。

家事がおろそかにならないよう、夫と分担ルールをつくっていますが、夫が守ってくれないので、ちょっとしたストレスです」

(3) 「共働きでも仕方ないかなって思っています」(29歳女性/独身)

「本当は働きたくないけれど、まわりの既婚カップルを見ていると、みんな共働き。結婚しても働かなくちゃいけないんだろうなって諦めています。

本音では働きたくないですけど、専業主婦で優雅に暮らせる人ってほんの少し。高望みするわけにもいかないですよね」

 

4:共働き夫婦が一般的な時代

結婚が決まると「寿退社」して専業主婦になる女性が多かったのは、少し前の時代。今では結婚後も働き続ける共働きカップルも増えています。

また、独身時代の仕事を辞めて、パートやアルバイトなどで働く妻も、珍しくありません。

みなさんは、共働きしたいですか? それとも、専業主婦になりたいですか?

 

【参考】

平成29年版厚生労働白書 – 厚生労働省