「一番好きな人と結ばれない理由」と好きな人と結婚したかった女性の本音5

一番好きな人とは結ばれない……と言われるけど、それって本当のことなのでしょうか? 今回は、恋愛心理カウンセラーであり、占い師でもある筆者が、一番好きな人と結ばれないと言われるのはなぜなのか? そして、一番好きな人と結婚しないのは幸せなのか、そうではないのかを検証します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:本当に好きな人とは結ばれない運命?

みなさんは、「本当に好きな人や、一番好きな人とは結ばれない」と言われていることを知っていますか?

世の中ではなぜか、一番好きな人とは結ばれない、結婚できない、などと言われてきました。

今回は、このことについて、エピソードや、なぜ一番好きな人と結ばれないと言われているのかの理由についてご紹介します。

 

2:一番好きな人とは結ばれない理由5つ

(1)期待が大きくなりすぎる

「一番好きな人には、自分のことを一番好きになって欲しい!」

一番好きな人には、期待が大きくなりすぎてしまうことがあります。

しかし、その期待が大きすぎると、それが叶えられなかった時に、

「どうして○○してくれないの?」

「もっと○○してよ!」

と相手を責める気持ちになり、うまくいかないことがあるのです。

(2)執着しすぎる

一番好きな人に対しては、「この人を失いたくない!」と必死になってしまうもの。

それが相手に対する執着となり、束縛してしまったり、嫌な思いをさせてしまうこともしばしばあります。

結果的に、嫌われてしまったり、別れることになった人も……。

(3)素の自分を出せなくなる

一番好きな人には、なんとしてでも好かれたい!と思ってしまい、素の自分を出せなくなる人も多いです。

すると、どこかしら無理が生じて、息苦しさを感じることも増えてしまいます。

必死で、一番好きな人に気に入られるように自分を演じているのに、相手とぎくしゃくしてしまったり、自分の感情が不安定になって相手とケンカをしてしまうことも。

(4)気分が上下しやすくなる

私はこんなにあの人のことが好き。でも、あの人は私のことを、一体どう思っているんだろう……。

そのことばかりが気になってしまうということもあります。

相手の機嫌がちょっと良くなかったりすると、「私が何か悪いコトをしたせいだろうか……?」「嫌われたのだろうか……?」と不安にさいなまれてしまうのです。

結果的にこちらの気分が安定せず、相手から付き合いにくいと思われてしまったり、最終的に別れを告げられることもあるでしょう。

(5)結ばれなかったからこそ一番好きに思える

たとえ別れたとしても、本気で好きだった人。

いい付き合い方であればあるほど、別れたあとに「惜しかった」という気持ちが強くなるものです。

結ばれなかったからこそ、別れたあとになって、「あの人が一番好きだったのになぁ……」と思ってしまうことも。

筆者の経験から言うと、特に、結婚することになった際、ひとつ前の元彼に、そのような思いを抱くことが多いようです。

 

3:一番好きな人と結婚したかった?既婚女性の本音

筆者の数多くのクライアントの中から、既婚女性の本音を拾ってみました。

(1)身を引いて正解

一番好きな人が、思ったより高嶺の花だったことを知ったとき、

「身を引いて正解だったわ」

と思う女性は、一定数いるようです。

たとえば、好きになった人が社長の息子だったり、お母さんが厳しそうだったりした時には、負け惜しみ代わりに「やめてよかった! 一番好きな人とは結ばれないのね」と自分を納得させる傾向が。

(2)今も幸せだけど、比べたら夫じゃなくて…

既婚女性の中でも多いのが、

「夫のことも好きだったけど、過去の男性と比べたらやっぱりそっちのほうが好きだった」

というケースです。

10代や20代の恋は、それだけで甘酸っぱくて幸せな思い出として記憶に残るもの。

夫との結婚生活は幸せだけど、何もかもがキラキラしていた、あの頃の恋に比べたら……という人が多数見られます。

(3)結局、合わなかったのかな

結婚前、大好きな人がいたけど……。

「大好きで大好きで、思いっきり頑張って尽くしていたのに、最後は別れを告げられました。

自分でも全力を振り絞っていたと断言できるから、結局合わなかったのかなと思います。

結婚した人は、一番好きとは言えないかもしれませんが、後悔はしていません」

と納得している方も複数いました。

(4)後悔しています

後悔しているという人も。

「今の夫と生活していても、ことあるごとに(あの人だったら……)と思い出してしまいます。

妥協しなければよかった。後悔しています」

そう語る女性のほとんどは、一番好きな人との関係がうまくいかなくなって、自分から別れてしまった女性たちです。

別れを告げてしまったけど、あとから考えたら、彼以上の人なんていなかった……と後悔してしまうよう。

(5)一番好きだったはずなのにイライラ!

中にはこんなパターンもあります。

「一番好きな人と結婚したはずでした! そもそも付き合うたびに、その時の相手を一番好きだと思えるタイプなんですけど……。まぁとにかく、結婚したときは最高の相手だと思っていたんです。

でも、いつの間にか、相手の態度が変化し、雑に扱われるようになって、毎日イライラ。もはや、私の一番好きな人ではなくなってしまいました。

何がいけなかったんでしょうか……後悔しています」

「釣った魚にえさはやらない」といったタイプの男と結婚してしまうと、こういったこともあり得るでしょう。

 

4:ショック!好きな人が結婚してたときの対処法

(1)片想いのままでいる

好きになった人が結婚していたことが後でわかる……あるいは、結婚している人を好きになってしまう。そんなこともありますよね。

対処法の第1は、「片想いのままでいる」ということ。

忘れようとしても簡単に忘れられない場合、無理に諦めるというのもむずかしい場合もあります。

そんな時は、片想いのままで、その人のそばで過ごすのもひとつの方法です。

(2)諦める切っ掛けができたとポジティブに捉える

片想いの相手を諦めて、次にいくきっかけができた!と捉える方法もあります。

ポジティブな気分でスッキリして、次の恋愛にのぞみましょう!

(3)好きな人の嫌なところを思い出す

好きな人とはいえ、いくつかは嫌なところもあるはずです。

たとえば、ほかの女とイチャイチャしてるなんて、嫌なところの筆頭かもしれませんね。

そんな、相手の嫌なところをできるだけ思い出してみましょう。好きな気持ちが薄れる可能性があります。

(4)好きな人が嫌なヤツな想像をする

とはいえ、相手は好きな人。実際には、それほどの嫌なところがなく、だからこそ好きだと感じているのですよね。

それなら、想像の中で、好きな人に嫌なヤツになってもらいましょう。

あなたの目の前では、素敵な彼に違いないのですが、それが彼の化けの皮であるとしたらどうでしょう?

家庭では威張り散らし、ギャンブルで家の家計を圧迫している男だとしたら……?

「うわっ、こんな男と結婚しなくてラッキー!」と思えることでしょう。

これはあくまでも想像上の演出なわけですが、実際に家の外では実に素晴らしい男性のような顔をして、妻の前でだけ豹変するような男もいますから……妄想の世界は無限です。

(5)勉強させてくれてありがとうと思う

結ばれなかった好きな人との恋愛は、多かれ少なかれ、何かしらの勉強になります。

賢い女子なら、彼との恋愛で学んだことを、今後の恋愛に活かせるはず。

また、恋愛感情は、「感謝という感情に変化しやすい」という性質があります。

「恋愛感情を感謝の感情にすり替えて、次の恋愛にチャレンジする」という方法もありますよ。

 

5:好きな女性が結婚してしまった! 男性の本音3つ

(1)ものすごい落ち込む

まず、好きな人が結婚した!という現実を見て、非常に落ち込む男性が多いようです。

この世の終わり、もう俺には可能性はないんだ!というショックで心はズタズタ……。

会社にいるうちは、普通に振る舞っているけれど、退社後、家に帰ると涙が流れて止まらない……そんな経験をした男性はいっぱいいます。

爽やかに彼女の門出を祝えるという男性は、実は少数派。でも表面上は、あくまでも普通のフリをして、彼女と連絡を取る機会があるならば、平気な顔で「そうなんだ!おめでとう」なんてLINEをしていたりします。

でも、しばらくは自宅で酒浸りになる人ほうが、多数派なのです。

(2)敗北感でいっぱい

好きな人はもちろん、すでに恋愛感情がなくなった元カノであっても、結婚したと聞けば大ショックなのが男性です。

何がショックって、その女性(元カノでも!)に「俺を選んでもらえなかった」つまり「ほかの男に負けた!」ということがショック……。

自分から振った元カノでさえ、男性はいつまでも「俺のもの」と考えるような思考を持っています。

ましてそれが現在進行形で好きな人だとしたら、妄想の中でいつも自分の彼女として思い描いているだけにショックは大きいのです。

(3)幸せを祈る

懐の深いタイプの男性は、(1)や(2)のような段階を踏まずに、ストレートに「おめでとう! 幸せになってくれ!」と、好きな人の幸福を祈ることができます。

ただし、その裏には、

「ぐだぐだ落ち込んでもしょうがない、彼女が俺のものになるわけじゃないし」

「かえってみっともない真似はしたくない」

という、一種のやせ我慢があることも事実です。

それがわかった上で、

「男たるもの、好きな女の足を引っ張ったり、メソメソするものじゃない!」

という男気が、最終的に彼女の幸せを祈るという形であらわれているケースです。

 

6:順位付けにはあまり意味がない!

一番好きな人と結婚できた、もしくはできなかった……。

それぞれに、色んな結婚事情があるはずです。しかし、ただひとつ言えるのは、歴代の彼氏や彼女に順位付けをすること自体が、あまり意味はないということです。

一番好きだった人と結婚して、最後は一番好きだった人ではなくなってしまった。

一番好きな人じゃなかったけれど、何十年か後に、一番好きな人だと思った。

人には、いろいろな未来が待っています。どんな未来を感じるかは自分次第という部分が大きいです。

自分の未来をできるだけ明るく、楽しいものにするためには、歴代の彼氏彼女の順位付けはしないほうが無難。

そして、やはり、今お付き合いしている、あるいは結婚している相手のことを、「一番好き!」と考えられるように努力を続けていくことが大事。そうすれば、これからの人生が、とても楽しいものになりますよ!