彼女の写真が欲しい!男性が彼女の写真を欲しがる&撮りたがる理由とは?

彼女の写真を欲しがる男性って、意外と多いのを知っていましたか? 女性から見ると、彼がどうして彼女の写真を欲しがっているのか、いまいちよくわからないもの。今回は、恋愛心理カウンセラーの筆者が、男性が彼女の写真を欲しがる理由や、撮りたがる理由について解説します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「彼女の写真」に対する男性心理とは?

彼女の写真について、男性はどのように考え、どのように扱っているのでしょうか?

友達同士で写真を見せ合う女性たちとは違い、男性は周囲から「見せてー」と言われたとしても、彼女の写真をなかなか見せようとはしません。

つまり、周りに見せるために彼女の写真を所有しているわけではない、ということ!

SNS等にアップすることも、まずありません。

どちらかというと彼女の写真を他の人に見せたくない、それほど大切にしている……ということでもあります。

 

2:彼女の写真が欲しい!男が彼女の写真を欲しがる理由

(1)見ると癒される

彼女に会うと癒される!という男性は多いですが、写真でもある程度、同種の効果を得ることができます。

彼女といえども、会いたいとき、癒されたいときに、いつでも触れられる距離にいるとは限りません。

ましてや、仕事で忙しく、クタクタになるまで働いた後では、会うどころじゃない……でも顔は見たい! そんなときに、写真は大活躍します。

(2)寂しいときに助かる

同様に、仕事で忙しかったり、遠距離だったりして、彼女に会えずに寂しい思いがつのる夜は、彼女の写真を見ると寂しさが紛れます。

また仕事の失敗などで、ちょっと自信を失ったような夜は、「でもオレ、彼女持ちの男だぜ!」と男としての自信を取り戻す糧にもなっているよう。

(3)独占欲を満たす

男性は、女性が想像する以上に、独占欲の強い生き物です。

「オレの女」という言い方がありますが、まさにあの通り。彼女を自分だけのものにしておきたいという欲求を持っています。

自分の手の中にある彼女の写真を見ると、それがいかにも「オレの女」という感じに。彼の独占欲を満たすことができるのです。

(4)待ち受けにしたい

上記の理由から、「待ち受けにしたいので」彼女の写真が欲しい! という男性が数多くいます。

彼女としては恥ずかしいかもしれませんが、彼氏は積極的に、その写真を他人に見せることはしていないはずです。

あくまでも自分だけのものにしておきたい、そして癒されたいというのが動機!

また、職場や接待の飲み屋などで、彼女の待ち受けをチラ見せし、「大切な女性がいるんだぞ……」とアピールしている場合もあります。

いずれにしても浮気の心配がありませんから、彼女としては喜ばしいことかもしれません。

(5)夜、ベッドで使いたい

まあ、男としてはよくあることですが、夜、彼女の写真をベッドで使っている人もいるようです。

どう使っているかは想像にお任せしますが、彼女のみなさんには、大目に見てあげていただきたいと思います。それは彼があなたを好きだということなのですから……。

 

3:彼女の写真が撮りたい!写真嫌いな彼女をかわいく撮影するコツ

(1)褒める

彼氏の写真撮影がヘタクソだと、彼女としては「写真を撮られるのがいやだ!」と思ってしまいます。

男性みなさんが思っている以上に、女性は自分の写真を気にしているもの。なかなか撮らせてくれないのは、あなたの写真撮影が下手だと思われているのかもしれません!

上手に撮影するコツは、彼女を褒めながら撮るということ。撮る前に、他の写真にうつっている彼女を褒めるのもありでしょう。

「写真の中の君も、全然変なんかじゃないよ、魅力的だよ!」と主張することで、写真撮影に応じてくれるかも。

(2)横やナナメから撮る

写真といえば真正面……と思ったら大間違い。それは証明写真です。

かわいく女性を撮るなら、むしろ横顔や、ナナメの位置から撮影したほうが、かわいい!という印象を強めることができます。目線だけ、カメラに向けてもらいましょう。

(3)ちょっと笑わせる

「ちょっとー! やだぁー!」

と言わせるような何かを仕込み、彼女を笑わせるのもテクのひとつ。彼氏くんの変顔でもいいし、「いいねいいね! かわいいね!」というような、プロカメラマン並の褒めテクでも、笑わせることはできるでしょう。

(4)「イ」音で終わる合い言葉を使う

よく、写真撮影のときに言われる「はい、チーズ」は、実は日本ではあまり実用的ではありません。

はいチーズ、は、英語の「Say cheese!」が日本に入ってきたもの。

英語なら、「cheese」と言い終わっても、口の形は「イ」の形のまま「ズ」の発音をします。しかし日本は……「ズ」つまり「ウ」の形で終わってしまいますよね。

これは大間違い!

日本語で、最後に口の形が「イ」になる言葉でないと、意味がありません。おすすめは、「はい、ワタリガニー」か「はい、ミッキー」、もしくは「はい、オッパッピー」です。

「なんで今!?」というような珍妙な言葉や、夢の国を想像する楽しい言葉のほうが、笑顔を引き出せるのでおすすめです!

(5)何枚かを連写する

スマホのカメラでも利用できる、連写機能。これを使うと、同じ構図で何枚もの写真を撮れるので、一番いい表情をした一瞬を選ぶことができるようになります。

彼女も納得しやすいはず!

 

4:写真撮影アプリも上手に使って!

写真撮影アプリは、女子好みのものを中心に様々なものが出ていて、加工や装飾も好きなようにすることができます。特に写真撮影において女性が気にする美肌機能は、活用してしかるべき!

女性側も、彼氏にぜひ、素敵な写真を提供してあげてくださいね。