結婚しない女が急増!?「結婚しない」と決めた女の理由5つと老後の事

結婚観はひとそれぞれ。「●歳までに結婚したい」と思っている人もいれば、「“できれば”でいいかなぁ」くらいの人もいますよね。中には「一生結婚はしない」と決めている人もいると思います。では、「結婚しない」と決めた女性が、そう決断するに至ったのはなぜなのでしょうか? 今回は、結婚しない女性の特徴や老後の考えについてリサーチしました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:一生結婚しない女性が急増中!?

内閣府が発表した「男女共同参画白書 平成25年版」によると、日本人男女の生涯未婚率(50歳まで一度も結婚したことがない人の割合)が、過去最高の割合となっているそうです。世間では「結婚できない」や「結婚しない」といったキーワードがテーマになった映画やドラマなどもありましたよね。

(1)「結婚しない女」という古い映画もあります

最近でこそ日本では、結婚という選択肢をもたない人が珍しくなくなりましたが、海外ではもっと古くに『結婚しない女』という映画がありました。

1978年に公開されたアメリカ映画で、夫に浮気を告白された主婦が離婚を機に精神的に自立し、やがて新しく彼ができるも「結婚」という道は選ばず、また元夫との復縁も断って、ひとりの女性として生きて行くと決める……といった内容。

アメリカで女性の社会進出が広がってきたころに作られた、世相を反映している映画で、主演女優はこの映画でカンヌ国際映画祭の女優賞を受賞しています。

(2)「結婚しない」というドラマもありました

2012年には、『結婚しない』というドラマもありました。こちらは天海祐希さんと菅野美穂さんが、「結婚したい」と思っているのになかなか結婚まで至らない女性と、上司との不倫や仕事を生きがいとしていることから結婚をしないと決めた女性を好演、1人の男性を通じて変わっていくというストーリー。

「結婚しない」ことは同じでも、それぞれの結婚観は大きく違っていて、共感できた人もいたのではないでしょうか。

(3)結婚しない女優さんといえば…

ところで、未婚の女優さんといえば、先ほどのドラマにも出演されていた天海祐希さん。彼女は数年前、映画の舞台挨拶の際にも「結婚する気はない」と宣言されてたそうです。また、出演されたトークバラエティ番組でも、しばしば「私は結婚はしない」と発言されています。

また、昨年大人気のドラマに出演した際、その可愛さから「奇跡の48歳」として連日メディアで引っ張りだこだった石田ゆり子さん。彼女は「結婚しない」と宣言しているわけではありませんが、「一生独りかも……」や「動物が嫌いな人はNG」という発言を度々されています。

「条件の合う人に出会えなければ結婚をしない人生もあり」だと考えている女性のひとりといえそうですね。

 

 2:美人なのに…独身女子に聞いた「結婚しない女の特徴」5つ

みなさんのまわりにも、「結婚しない女性」がいるかもしれません。見た目もキレイだし、性格だって悪くなさそう。結婚したいと思う男性だってたくさんいそうなのになぜ?  彼女たちはどうして結婚しないのでしょうか?

(1)仕事に生きるキャリアウーマンタイプ

「仕事がすごくできる人は、結婚していない人が多いです」(30歳/保険事務)

「責任が大きい役職についている先輩は、婚期が遅いか結婚していない」(34歳/自営業)

女性が結婚しない理由のひとつとして、仕事にまい進しているということがあげられそうですね。

(2)精神的にも経済的にも自立している

「サバサバした性格でなんでもできちゃう人。結婚しなくても生きていけるからだと思います」(34歳/保険事務)

「稼いでるし、趣味も多いからいつも楽しそうな先輩が、“女は結婚しないほうが幸せになれる”と言っていた」(30歳/保険事務)

精神的にも経済的にも自立した女性は、1人でも十分生きていけるから、「結婚しなくてもいい」と考えるのではないかと、周囲は思うようです。

(3)趣味が多い

「先輩に、毎週のように誰かと遊んでいたり一人旅に行くような人がいます」(25歳/メーカー営業)

「趣味に没頭している女性は、心が満たされているので結婚したいと思わないように見える」(33歳/自営業)

自分の好きなことを目一杯楽しんで、人生を謳歌しているような女性を見ると、結婚をせず、今のままでいたいのかな?といった邪推がはたらきます。

(4)人と一緒に暮らしたくない

「すごく神経質な友達が、自分の部屋に人を入れたくないと言っていた。“結婚したらどうするの?”と聞いたら、“考えてない”と」(28歳/WEB制作)

「1人が好きな人は、結婚しないイメージがあります」(34歳/保険事務)

芸能人の中にも、人と一緒に住みたくない、部屋に他人を入れたくないという理由で結婚をしていない人がいますよね。自分以外の人と暮らしたくないということも、結婚しない理由のひとつとなるようです。

(5)相手への理想が高すぎる

「“理想の人が現れないなら結婚しなくていい”と言っている友人がいます。理想が高いことを本人も自覚していて、これはこれでいいと思う」(34歳/公務員)

本人は結婚したいけれど、理想が高くてなかなか結婚「できない」女性もいます。しかしこの彼女の場合は、理想が高いことを自覚していて、それを理由に、「結婚しない人生」も視野に入れているよう。

 

 3:その理由は?結婚しないと決めた女性の理由と心理5つ

では実際、「結婚しない」と決めている女性はどんな理由からそのような決断をしているのでしょうか?

(1)仕事が大好き

「仕事が楽しいので、結婚にまで頭が回らないし、今の生活を変えたくない」(32歳/メーカー)

「部下もいるし、ひとつひとつの仕事が大きい。結婚しても夜遅くなって家のことができないと思うし、かといって仕事を制限してまで結婚したいと思わない」(36歳/出版)

仕事と家庭をうまく両立する人もいます。でも、このタイプは両立というよりも、仕事に常に全力を注いでいたいと思うのかもしれませんね。

(2)結婚のメリットがわからない

「生きていて困ることが何もないので、わざわざ結婚する必要もないし、気の合う人とパートナーとしてやっていくのもありだと思っている」(30歳/自営業)

このタイプの女性は、結婚という形にこだわらなくても良いと思っている人も多いようです。実際、現在も付き合っている方がいたり、複数のボーイフレンドがいたりする女性も。

今だに「結婚=女性が男性に頼る」というイメージをもつ人も少なくない日本。経済的にも精神的にも自立した女性は、結婚そのものに意味を見出せないようです。

(3)結婚して趣味を続ける時間がなくなるのはイヤ

「仕事以外の時間のすべてを趣味に捧げたいと思っているので、私には結婚して家庭を省みる時間がないと思う。趣味を今よりも減らさないといけなくなるのもイヤ」(30歳・自営業)

自分の時間を大切にしている人、自分の人生を自分で充実させている人は、結婚によってそれが変わってしまうことを恐れているようです。

(4)人と暮らしたくない

「家は唯一、自分が安らげる場所。どれだけ好きな人でも、自分のテリトリーの中に他人がいることに、きっと耐えられなくなると思う。それが大好きな人だったとしても」(35歳/自営業)

自分のテリトリーをきっちり守っている、あるいは守りたい女性は、人との生活が苦手となりがち。こうした女性は、ひとりきりの時間をとても大切にしているので、結婚して誰かと生活を共有することは避けたいと考えるようですね。

(5)好きな人と結婚できない

「いちばん好きな人とでないと結婚したくない。その相手と結婚できないのなら、結婚しなくても良い」(29歳/自営業)

彼女の「いちばん好きな人」は既婚者のようで……。その人としか結婚したくないし、でも絶対結婚はしてくれない。だから誰とも結婚しない、となるようです。

 

4:結婚しない女性の老後はどうなる?

今回お話を伺った「結婚しないと決めている女性」たちに「老後はどうするのか」について聞いてみると、少なからず不安を感じているよう。

もっとも多かったのが、“身寄りがなくなったり友達がいなかったりしたらどうしよう”というもの。お金の心配については、「元気な限り働けばいいと思っている」という意見が多数。

「世間一般の男性と同じだけの収入はあるし、既婚男性と違って妻子などがいないぶん貯金できてるので、お金の心配はさほどない」という頼もしい意見もありました。

 

 5:結婚しない女性はこれからも増えていきそう

結婚しなくても楽しめることがたくさんありますし、たとえ彼氏がいても、生涯独身を貫く女性も大勢います。

自ら結婚を望まない女性は、しっかりとした理由も、経済的余裕もありそう。今後も、自らの意思で「結婚をしない」を選ぶ女性は増えていきそうですよね。

 

結婚しないつもりだったけど結婚したくなった!でも出会いがない!どうする?|PR

「結婚しない」と考えいてる女性は増えてきました。今の生活を鑑みて、「別に、結婚しなくてもいいんじゃない?」と思っている人が多いようです。それもまた人生。

でも、人の気持ちというのは、環境などによって変わるもの。そして、変わっていいものです。たとえ周囲に結婚しないと宣言していたとしても、覆すのが恥ずかしいなんてことはないし、「結婚しない」と決めたときと同じように、「結婚したい」と思えば結婚すればいいんです!

とはいえ「結婚したいときに相手なし」という状況も大いに考えられますよね。

出会いの可能性を広げたいと本気で思う人におすすめなのが『パートナーエージェント』。成婚率No. 1の結婚支援サービスだから、本気度が高い人にぴったりなんです。出会いがなければ登録料全額返金というのも安心できるポイント。専任コンシェルジュが実績データをもとにした婚活設計でサポートしてくれます。「今年こそ!」と思う人は『パートナーエージェント』で運命の人を見つけては?

 

【参考】生涯未婚率の推移ー内閣府男女共同参画局