遠距離恋愛で会う頻度は重要?経験者が語る遠距離恋愛から結婚する秘訣5選

遠距離恋愛はパートナーに会うこと自体が難しくなる状況。そんな中で会う頻度ってやっぱり重要なのでしょうか? 遠距離恋愛だと結婚は……? そんな気になる疑問に、恋愛心理カウンセラーの筆者がお答えします。遠距離恋愛からの結婚について、経験者にもその秘訣を聞いてきました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:遠距離恋愛で会う頻度はどれくらいがベスト?

遠距離恋愛になったら、会うということそのものに大変な労力やお金がかかってしまうことに……。遠距離恋愛で会う頻度って、どれくらいがベストなのでしょうか?

オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」が、10代~60代の男女1488名を対象に実施したアンケート調査によれば、遠距離恋愛のときは「月1ペース」で会う人が最多のようです。具体的には、およそ34%が月1ペースで会っているとのこと。

しかし、このアンケートでは同時に、遠距離恋愛から結婚に至るのがわずか16%であるという結果も出ているのです。

月1ペースで会っていたとしても、結婚という結果にたどり着けるのはその中で半数程度……。

遠距離恋愛から結婚にこぎつけるには、どうやら頻度以外の秘訣もありそうですね!

 

2:社会人で遠距離恋愛中!結婚する秘訣5選

ここからは遠距離恋愛中の人たちに、結婚する秘訣とは?を聞いてみました。

(1)毎日コミュニケーション!

「秘訣ではないのかもしれませんが、ほぼ毎日電話をしていました。それでも飽きなかったですね。電話できない日はメールなどで必ずやりとりがありました」(25歳女性)

毎日やりとりをしても飽きない、これだけやりとりできる相手だから……と結婚を決めたそうです!

(2)次の予定は決めておく

「1ヶ月も後だったら、予定が確定していない部分もありますが、あえて会ったときに次の予定を決めてしまうことで、お互い相手を最優先して予定を組めました」(30歳女性)

1ヶ月後、2ヶ月後であっても、会う予定が決まっていれば「あとこれくらい我慢すれば会える!」という気持ちで、自分のテンションを維持できます。

予定が決まっていないと、気持ちも落ち込みますし、急に「会えない?」と言われて動揺したり、断ったりすることもありませんよね。

(3)少なくてもこまめなメッセージ

「とにかく会えない時間が長すぎるので、彼が寂しくないように、メッセージアプリを超利用しました。

超利用といっても、用事がなければ1日に1~2通です。でも彼が元気づけられるようなスタンプやメッセージを選んで、毎日欠かさず送りました」(23歳女性)

癒される画像みたいなものも多かったようです。単純ですが、応援してくれている彼女がいることで頑張れると、「オレにはこの人が必要!」と思ってもらいやすいメリットも。

(4)大げさなデート

「デートのときは、会いたかった気持ちを隠さず、逆に大げさなほど喜んで見せました。ムーディーで派手なデートを心がけてました!」(27歳女性)

デートのとき、せっかく遠距離で会いに来たというのに、相手のノリや機嫌が悪かったとしたら、速攻別れたくなってしまいます。

いつも機嫌良く、「会いたかった」「会えて嬉しい!」という気持ちが伝わるデートなら、彼もまたその相手に、次も会いたくなる、そして離れたくなくなるのです。

(5)自分磨きを欠かさない

「彼氏が離れた場所にいるからといって、気を抜いてファッションがひどくなったり、体型が崩れないよう努力しました。

普通のカップルに比べてデートの時間が少ないので、その時間を個人的な勉強や運動に回したり、もちろんその中の半分くらいは話題の1つとして、彼に報告もしましたよ!」(27歳女性)

彼も、自分に気に入られる女性でいるために、彼女が努力している姿を見るのは嬉しいはず!

そんな健気さと、やはり会うたびにキレイになっていく彼女の姿に思わず結婚を申し込んでしまうのでしょう。

 

3:遠距離恋愛で会うときに気をつけること

(1)ウエディング関係は避ける

遠距離恋愛の場合、結婚問題は特にデリケート。遠距離が解消されるタイミングで結婚しようと考える人もいるでしょうし、遠距離だからまだ考えられないという人もいます。

そんな折に女性から結婚を意識させる働きかけをされると、一気にやる気がなくなってしまう男性がほとんど。

たまのデートで相手の気分を悪くさせないためにも、ウエディング関係への言及や関連場所へのデートは避けましょう。

(2)会えないことに不満を漏らさない

会える時間が少ないから、寂しいからと、会う時間を増やそう、増やそうとするのは、相手の負担感を大きくするのでNGです。

会えるときに、次のデートの予定を決めておくのは大変おすすめ。ですが、それまでの期間が長いといって「もっと前倒しできないの?」等とせがむのは逆効果になるでしょう。

(3)気持ちを言葉で伝える

そもそも気持ちは、なかなか言わずに伝わるものではありません。特に男性の脳構造は感情に疎くできています。

それでも近くにいれば、週1のデートで何かと伝わるものもあるかもしれませんが、遠距離恋愛ではなかなか会えないので、なおさら伝わりづらくなります。

会えたときに、気持ちを言葉で伝えましょう。会えて嬉しい、別れるときは寂しい、でもまた会えるときを楽しみにしている等。

感情を言葉にするのを恥ずかしがって、遠距離恋愛が失敗するケースはよくあります。

(4)費用負担に気を配る

費用負担を「公平にする」とはなかなか言えない部分があります。それはお互いに収入も違えば、どちらかが実家で暮らしているなど、生活にかかるお金も違うわけで、仕方ありません。

大切なのは、お互いに「公平感を持てる」ようにするということ。

遠距離恋愛のデートには、交通費や宿泊費が伴うことが多いでしょう。特に男性側としては、自分の負担が多くてしかるべきであると考えている人も。

ただ毎回交通費とデート代を相手が負担していたら、それはいずれ心理的な重荷となるでしょう。

それぞれのケースで、どうやったら公平感が確保できるか、考えてみて。

(5)次なにする?を話す

抽象的に言えば、未来について彼と話すということです。

遠距離恋愛は、通常の恋愛に比べて、先が見えづらい状態が続きます。先が見えないと、人間は疲れてしまう生き物です。

未来といっても、いきなり結婚の話をして、相手を疲弊させるということではありません。もっと近い未来、例えば次のデートや、あるいは今年中にやりたいこと等、イベント性のある未来を彼と語りましょう。

会えたときにこれについて話しておくと、次のデートまでの間が楽しくなります。目的地付近にある飲食店を調べたり、それを話題に話が盛り上がったり、日々の連絡内容の幅が広がります。

 

4:遠距離恋愛で会う頻度は重要?

遠距離恋愛では、会う頻度はそれなりに重要です。ただし、それはあくまでも目安でしかありません。

理想の頻度で会ったとしても、会い方がポンコツではなんにもなりません。

あなたが、遠距離恋愛をスムーズに運べるよう、応援していますね!

 

【参考】

遠距離恋愛から結婚をした人は16%! 海外との遠距離恋愛は、長く続くが結婚率は低いことが判明! 結婚まで行く秘訣は、 遠距離が2年以上続いても別れず乗り越えること!-DeNAトラベル