お酒に弱い男女はかわいい?「酒に弱い」の基準と対策法13個

お酒に弱い女性を「カワイイな」と感じる男性は多いのでしょうか? 目がトロンとして潤んできたり、頬が上気したように赤くなると、同性でも色っぽくみえることもありますよね。しかし、「お酒に弱い」というその基準は、どこにあるのでしょうか? 今回はその基準や、お酒に弱い人必見の対策も併せて紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
©gettyimages

1:お酒に弱いとかわいいの?

お酒に酔うと、その人の本性や意外な一面が垣間見えます。そして、お酒に弱い人は早く酔ってしまうので、お酒に強い人よりもいち早く変化が現れます。そのため、お酒に強い人は冷静な状態で、お酒に弱い人の変化を楽しむ事ができます。

お酒に弱い人は、本人の意志に関係なく、酔って人として無防備な状態になる訳ですから、お酒に強い人にとってはそれが優越感となります。それによって、「お酒に弱い人がかわいく見える」ということがおこりえます。

また、お酒に弱い人は、酔ってしまった自分を振り返って、恥ずかしそうにすることがあります。その姿はか弱さがあってかわいくて……。一方でお酒に強い人が酔ってしまった自分を振り返る姿にかわいさは感じないものです。

 

2:あなたはお酒に弱いですか?みんなの「酒強い or 弱い」ジャッジはここ!

(1)お酒に弱い人のジャッジ

お酒を飲むと気持ちが悪くなってしまう、体調を崩してしまう、あるいは暴れたり、意識をなくしたりする。こういった人は、「お酒に弱い」人ではなく「お酒が飲めない」人だし、「お酒を飲んじゃいけない」人です。

よって、お酒を飲んですぐに気持ち良くなってしまう人を、「お酒に弱い」人と筆者は定義します。

また、甘いジュースのようなお酒しか飲めないという人も、「お酒に弱い」人と言われる傾向があります。

そして、意外と多いのが、バーや居酒屋で照明などの雰囲気で「酔った気持ち」になってしまう人。これも「お酒に弱い」人といえましょう。

(2)お酒に強い人のジャッジ

逆に、飲んでも変化が現れない人は「お酒に強い」人です。稀にいるのが、すぐに気持ち良くなるのに、その状態でいつまでも飲み続けられる人。楽しい時間が長く続く訳ですから、お酒に愛された人ともいえますね。

そして、お酒に強い人は、飲みっぷりの良い人が多く見受けられます。豪快にグラスを空にする姿は、見る人に爽快感すら与えます。

 

3:お酒に弱い男女への異性の本音5つ

(1)食事が楽しめなくてかわいそう

「居酒屋とかお酒を楽しむ場所もそうですけど、フランス料理とかイタリア料理って、お酒と一緒に楽しむこと前提でメニューが作られてるじゃないですか? そういう料理の魅力が半減しちゃうのって可哀想だなって思います。

たとえば美味しいチーズや生ハム、お肉料理と赤ワインの相性は抜群ですからね。人生半分損してるかなって。デートで行ける場所も限られるし」ミカ(仮名)/27歳

(2)頼りない

「私が結構お酒強いので、“飲めない男って頼りないなぁ”って思っちゃいますね。だって、楽しいお酒に付き合って欲しいじゃないですか? ひとりだけ飲むのって寂しいし、なんか気分も乗ってこないし。

ちょっとワインを飲んだくらいでうとうとし始められちゃうと、“なんで先に寝てんだよ”って怒りすら湧いちゃいます。お酒に弱いんなら、そっちは水飲んでればいいから、付き合って欲しいですね」ミヅキ(仮名)/24歳

(3)ワンチャンスありそう

「正直言うと、お酒弱い女の子と飲むと、“ワンチャンあるんじゃないか”って期待しちゃうのが本音ですね。ガードが固い子も緩くなってきますし。

お酒が弱いのわかってるのに勧めちゃう、みたいなのは無意識にやっちゃうかもしれません。だからしつこくお酒勧めてくる男には要注意っすよ」ユウジ(仮名)/26歳

(4)飲まずに車の運転して

「酔うから1杯だけ、とかいう人がイヤですね。だったら、“一滴も飲まずに車の運転手やってよ!”って思います。だってその人には悪いけど、一緒に酔って盛り上がれないんなら、違う形で役に立って欲しいです。

最初から“車で来たから”って言って飲まなければ、こっちも安心して酔えますからね。泥酔しても介抱しもらえそうだし」カナエ(仮名)/26歳

(5)気を遣っちゃう

「お酒が弱い女の子と飲むと、実は結構気を遣っちゃって楽しめないんですよね。みんなで盛り上がってても、常に、あの子はちゃんと楽しめてるのかなとか、つまんないんじゃないかなって気になっちゃって。

あと、こっちがお酒が進んでハイテンションになった時に、冷めた目で見られてるんじゃないかとか」マサキ(仮名)/21歳

 

4:お酒が弱い人におすすめのお酒3つ

都内のBarに勤務するバーテンダーのワタルさん(仮名)に、お酒が弱い人におすすめのお酒を伺いました。

(1)緑茶ハイ

「このお酒のオススメポイントは、お酒の濃さを自由に変えられる所ですね。その日の体調や気分で濃くも薄くもできますから。自分で混ぜずに注文する場合は、薄めでお願いすればOKです。また、ハイボールを入れずに緑茶だけ注文して飲んでいても、周囲からは気付かれないというのが大きなポイントです。

お酒の苦味も緑茶の渋みで紛らわせますし、甘いお酒が苦手な方にもぴったりです。そして、緑茶に含まれているタンニンには、アルコールの吸収を抑える効果があります」

(2)梅酒牛乳割り

「梅酒そのものは口当たりが良く飲みやすいですが、実はアルコール度数が高く、酔いやすいお酒です。そこで、梅酒の牛乳割りをオススメします。牛乳によって、ソフトドリンクのようなまろやかな味になります。

それでもまだ強いと感じる場合は、さらにお水やお湯で割って飲んでみてください。牛乳には肝臓のアルコール分解を早める働きがあるので、次の日に酔いを残したくない人にも最適です」

(3)高級なお酒

「シングルモルトや純米大吟醸など、高級なお酒も実はオススメです。ウイスキーや日本酒は、アルコール度数は非常に高いですが、味や香りを楽しみながら少量ずつ飲むので深酔いしにくいんです。

安いお酒は短時間で沢山飲んでしまいがちですからね。また、安いお酒は不純物が多く含まれているので悪酔いしやすいです」

 

5:お酒が弱い人の対策3つ

引き続きワタルさん(仮)に、「お酒の弱い人がお酒を楽しむにはどうしたらいいか?」を訊ねてみました。

(1)ちょっとずつ飲んで飲める量を増やしていく

「自分のペースを守り、ちょっとずつ飲むようにしましょう。体調によって酔いやすい日と、意外と飲める日があります。自分の体と相談しながら調整してみてください。そして、“自分は大体これくらい飲めるんだな”という量を把握します。

それがわかったら、次は少しずつ飲む量を増やしたりお酒の強さを変えてみたりしてもいいでしょう。楽しみながら、試しながら飲むことです。でも絶対に無理はしないでください」

(2)テーブルを片付けながら

「飲んでいない様子を見られると、周囲からお酒を勧められてしまいます。なので要所要所でお酒を飲みつつ、空いたグラスや料理の器を片付けたり、注文を積極的に行ったり、飲んでいない姿をなるべく人に見られないようにしましょう。

皿に少量しか残っていない料理は、自ら食べて空にして片付けましょう。胃に食べ物を入れることでアルコールの吸収も押さえられますので一石二鳥です」

(3)酔っているように振る舞う

「これは演技力が必要ですが、意外と女性は得意かもしれません。最初のうちは軽いお酒を飲み、それ以降はこっそりお茶やジュースに切り替えて、でも、酔ったフリをしましょう。相手も酔っていますから気付くことはありません。

また、お酒が弱い人は、酔ったフリをしているうちに、本当に酔ったような気持ちになってきます。気分やテンションも上がって、アルコールの摂取を抑えることができるのでオススメです」

 

6:お酒の嗜み方は人それぞれ

大切なのは、楽しいお酒の時間をみんなで共有することです。お酒の弱い人には弱い人なりの楽しみ方があります。お酒の強い人は無理にお酒を強要したりせず、マナーを守りましょう。そして、お酒の弱い人は、くれぐれも飲み過ぎてはいけませんよ!