「女性同士」はめんどくさい?女性同士で恋愛感情を持った場合の悩みも

女性同士の関係は「めんどくさい」と思っていますか? 今回は「女性同士」特集! 女性同士で恋愛感情を持った場合の悩みもお届けします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:女同士の人間関係はめんどくさい!?

これまでに「女同士の人間関係が、めんどくさい……」「女同士は、これだからイヤだ……」などと思ったことはありますか?

同性だからこそ、面倒に感じるポイントがあるのも確かですよね。

しかし女同士だからこそ、わかり合える部分も!?

(1)嫉妬やマウンティング…正直気を遣います!?

嫉妬や、相手より自分が上だとアピールするマウンティングなど、相手が同性だからこそ起こりやすい感情もたくさんあります。女同士の関係ではひとたびトラブルが起こると「めんどくさい〜」と感じるケースも多いようです。

例えば、誰かに恋人ができたり結婚が決まったり、あるいはグループ内でひとりだけ出世したりといった環境の変化が起きると、嫉妬やマウンティングの感情が生まれやすい傾向もあります。

要するに、嫉妬やヤキモチによるトラブルが多い!

(2)女性同士の恋愛もめんどくさい!?

一方で、同性に憧れや恋愛感情を持つ場合もあり、相思相愛となれば付き合うこともあります。

しかし異性との恋愛や男性同士の恋愛と同じで、大変な部分もたくさん。「女同士だから、異性恋愛よりわかり合える!」とは、一概には言い切れない実態があります。

女同士の恋愛も、異性同士の恋愛のように、いいこともあれば悪いこともある……というのが傾向です。

 

2:結婚できないし…女同士で恋愛感情持つことによる悩みあるある5つ

ところで、女同士での恋愛では「あるある」なお悩みも。そこで、市議としてさまざまなLGBTの課題に取り組んできた経緯もある筆者が、女同士の恋愛を経て今では互いをパートナーとして暮らす友人へのヒアリングも交えて、ありがちなお悩みを5つお届けします。

(1)結婚できない

これは男性同士でも言えることですが、「結婚したい!」「この人しかいない!」と、どんなにふたりが相思相愛になっていたとしても、異性恋愛と全く同じ“結婚”という形をとることができないのは、女同士の恋愛「あるある」です。

でも、養子縁組や自治体のパートナーシップ制度による結婚的な制度を使うことは可能!

近年では、同性婚に対し世間の理解も深まってきています。

(2)親や兄弟に理解されない

女同士の恋愛はマイノリティなため、場合によっては親や兄弟などの身内に理解されないケースも少なくありません。

本人たちがどんなに真剣に説明しても、場合によっては「認めません!」となることもあります。

(3)まわりからは親友だと勘違いされる

自分たちは恋愛しているつもりでも、周囲からは「あなたたちって、本当に仲良しね!親友ね」なんて誤解されてしまうこともあります。

いちいち説明するのが面倒に感じ「ま、この人には親友だって誤解されていてもいっか」なんて面倒に感じてしまうのも「あるある」です。

(4)相手の感情がわかりすぎて動きにくい

異性恋愛であれば「あなたの考えていることが、わからない!」で済むことも、同性ゆえに「わかってるんでしょ!?」となることも多いようです。恋愛の駆け引きができなくなる場面が増えるのも「あるある」です。

「男と女は脳のつくりが違うし」なんて言い訳は、できないというわけですね。

(5)世間から白い目で見られることがまだある

女同士の恋愛や結婚について世間の目は寛容になってきているとはいえ、白い目で見られることがあるので、肩身の狭い思いをしているカップルもたくさん。

愛があれば、世間なんて関係ない!

けれど、職場や友人などの理解してもらいたい人に理解されず、苦悩を抱えるカップルも少なくありません。

 

3:女性同士でラブホテル!入れる?

ちなみに、女性同士でラブホテルに入れるかという話については、ズバリ「入れます!」。

近年は「女子会プラン」を設定しているラブホテルも増えているので、女同士でラブホテルに入るのも、敷居が低い時代になっています。

つまり、ラブホテルをカップルとして女同士で利用できるのはもちろんのこと、さらには仲良しグループで女子会を開催して、レストランやシティホテルのように大声でキャッキャしながら楽しむことだってできちゃうというわけ。

 

4:女同士はめんどくさい、けど楽しい!

女同士の友情や恋愛は、めんどくさいことだってあるけれど、同性ゆえにわかり合えることも多いから、楽しいことだってたくさんあります。

異性とでは味わえないような楽しいアレコレも、同性だからこそ経験できる部分は大きいです。

「女同士ってめんどくさい……」と避けてしまい、異性とばかりつるんでいると、女同士だからこそわかり合える喜びを体験できずに損をしているのかも!?