夫の呼び方どうしてる?旦那の下品な呼び方からあだ名まで、面白20選

夫の呼び方はどうしていますか? 「人前で呼ぶときに、何と呼べばいいか迷ってしまった」なんて経験のある人もいるのでは? 他にも、「普段はあだ名で呼んでいるから誰かに聞かれて恥ずかしい思いをした」なんてことも……? 今回は、旦那の呼び方に焦点を当ててご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:旦那の呼び方はどうしてる?

(1)旦那や主人など色々と呼び方はありますが…

友人に聞いてみたところ、「旦那」や「主人」、「夫」、「お前」といったように、夫婦によって様々なようですね。中でも「旦那」や「主人」が多かった印象です。

(2)他人の旦那の呼び方は?

街で旦那さんの呼び方を聞いてみました。すると、やっぱりというべきか、上述の呼び方が多い印象でした。お子さんがいる家庭の場合は、「パパ」や「お父さん」といった子供目線の呼び方をする人も目立ちました。

そんな中、ちょっと不思議な呼び方の人たちもいました。次章でご紹介しましょう。

 

2:夫婦なのに旦那さん?旦那の呼び方がおかしい人のエピソード8つ

恵比寿横丁で、既婚者の方に旦那さんの呼び方を尋ねてみました。その中で筆者が「変わった呼び方だな」と思ったものを紹介します。

(1)旦那さん

「俺は嫁から“旦那さん”って呼ばれてますね」(Uくん/28歳)

――夫婦なのに“さん”がつくんですか?

「そうですね。なんか旦那って呼ぶよりも旦那さんって呼ぶ方が可愛いって言ってました。その感覚は、ちょっとよく俺にもわかんないんですけど」

(2)「おい」

「私の場合、基本は“おい”かな」(Yさん/32歳)

――どうしてそんな呼び方に?

「休日とかホント何もしないんだもん。だから、ムカつくでしょう? “ねえねえ”から“ねえ”に変わって“ちょっと”を経由して今は“おい”に落ち着いたって感じ」(Wさん/34歳)

(3)ドドリアさん

「うちは旦那のことを“ドドリアさん”って呼んでます」(Rさん/27歳)

――それって『ドラゴンボール』のキャラクターですよね?

「あ、知ってます? 結婚前はイケメンなザーボンさんに似てたんですけど、徐々に太ってきて、ついにドドリアさんみたいになっちゃったので、それに合わせて呼び方を変えました。早くまたザーボンさんに戻ってもらいたいです」

(4)ケイスケさん

「旦那のことは名前で呼んでいます。“ケイスケさん”って」(Tさん/26歳)

――“さん”付けなんですか?

「そうですね。付き合ってるときからそう呼んでいるので、そのままの流れでそうなっています」

(5)33歳児

「私の場合は“33歳児”かな」(Dさん/30歳)

――3歳児ではなく33歳児?

「そう、旦那の年齢。すっごい甘えてくるんだよ、うちの旦那。ほんっとに子供みたいに。で、今4歳の子がいるんだけど、もう1人子供を世話してるみたいなんで、そうなったね」

(6)山田

「嫁には“山田”って呼ばれてます」(Sくん/32歳)

――ちなみに、奥さんの苗字は?

「山田です。苗字で呼ぶ夫婦って普通います? 夫婦別姓ならまだわからなくもないんですけど……。ちょっと意味がわかんないですよね」

(7)どら息子

「夫のことは“どら息子”かな」(Mさん/30歳)

――あなたの息子ではないですよね?

「ですね。旦那の母親がそう呼んでたんですよ。それが私にもうつっちゃって。うちの夫、お金借りたり喧嘩したりして昔は随分どら息子だったらしいですよ」

(8)旅人

「嫁からは“旅人”って言われてる」(Nさん/37歳)

――旅してるんですか?

「昔、バックパッカーしてたんですよ。オーストラリアを一周したりとか。髭が伸び放題のそのときの写真を見られてから、そう呼ばれるようになりました。嫁は結構気に入ってるみたいです」

 

3:何でそうなった?耳にした下品な旦那の呼び方8つ

(1)裸族

「旦那のことは裸族って呼んでます」(Dさん/27歳)

――どうしてそんな呼び方に?

「旦那は1人暮らしのときから、部屋に1人でいるときは基本裸で生活していたんですって。それを聞いて、冗談で裸族って呼んでいるうちに定着しちゃって。子供ができたら呼び方を変えなきゃとは思ってるんですけどね。息子が裸族になると困るんで」

(2)顎が先割れ太郎

「“顎が先割れ太郎”です」(Tさん/28歳)

――顎の先端が割れてるんですか?

「酔っ払って帰ってきた時に、駅のホームから落ちて顎を割ったんですよ。救急車に運ばれるくらいの大騒動になっちゃって。それから戒めのためにそう呼んでます」

(3)たまきん

「人前でいうのは恥ずかしいんですけど、旦那のことは“たまきん”って」(Mさん/31歳)

――それ酷くないっすか?

「違うんです! 苗字が“タマキ”なんですよ。でも、なんとか可愛くしようとあだ名を考えてたらこうなりました……。だから、そっちの方ではないです。旦那は嬉しくないみたいですけど、私は気に入っているんです。結婚前からのあだ名」

(4)Tバック

「旦那の呼び方なんて“Tバック”ですよ」(Aさん/34歳)

――あれ? 旦那さんに呆れてます?

「旦那が筋トレにはまって、ボディビルの大会とかに出始めるようになったんです。で、その時に履くパンツがすっごいちっちゃいんですよ。私のと見分けがつかないくらい。本当に止めてって言ってるのにいつまでも続けてるから、やめるまでそのあだ名で呼ぶことにしてるんです」

(5)もっこり

「まあ、お酒の場だから言えるんですけど、旦那のことは“もっこり”って呼ぶときもあります」(Dさん/32歳)

――その、大きいってことですか?

「いえ、違います。速水もこみちさんに似てるんです。でも、もこみちって呼ぶとバカップルみたいで恥ずかしいから……」

――もっこりの方が恥ずかしい気がしますけどね。

(6)胸元の寄りとも

「“胸元の寄りとも”だね」(Iさん/29歳)

――胸を寄せてるんですか?

「筋トレしてるから、鏡の前で胸の筋肉を寄せてるんですよ。で、名前が“カズトモ”っていうから“胸元の寄りとも”」

(7)サラサーティ

「旦那を馬鹿にして呼ぶときは“サラサーティ”」(Sさん/26歳)

――呼ぶ方もすっごい恥ずかしい気がしますけど。

「旦那の髪の毛がすっごいサラサラなんですよ。で、学生の頃に“サラサーティ”って呼ばれてたらしくて。それが理由です」

(8)どM

「意味が違うんですけど“どM”です」(Mさん/32歳)

――違う意味があるんですか?

「旦那のイニシャルがM.Mなんですよ。それで“どM”。普段は“どS”なんだけどね」

――聞いてないっす。

 

4:名前が由来?旦那の呼び方 あだ名編4つ

(1)初期アバター

「旦那は子供たちから“初期アバター”って呼ばれてる」(Kさん/28歳)

――課金してないんですか?

「基本、ジーンズと白のTシャツが普段着だから。“お小遣いで服買えば?”って言ってんだけど、買わないんだわ。でも、スマホゲームには課金してるの。どうしようもない男よ……」

(2)上島竜兵

「旦那のあだ名は“上島竜兵”」(Oさん/34歳)

――外見が似てるんですか?

「違うよ。やるなっていったことを、ことごとくやるんだもん。フリじゃないからって、何度言っても聞かないんだよ。本当に腹が立つ」

(3)孤独死

「子供の前じゃ言えないけど“孤独死”ですかね」(Uさん/32歳)

――それヤバくないっすか?

「ある日、家に帰ってきたら真っ暗だったんです。で、電気をつけたら旦那が部屋の隅で体育座りをしてたんですよ……。けっこうホラーでしたね。それをママ友に話したら“孤独死タイプだよね……”って言われて。それから、そのママ友と旦那の話をするときは、孤独死って呼んでるんです」

(4)西郷隆盛

「あだ名っていったら“西郷隆盛”だね」(Nさん/32歳)

――恰幅がいいんですか?

「まあそんな感じ。しかもうちって柴犬飼ってて、旦那が犬連れて散歩をする姿が、本当に上野にある銅像の西郷隆盛に似てるの。ちなみにそのあだ名をつけたのは私じゃなくて、近所の小学生。“西郷さん、こんにちは”って挨拶してるの見て、マジで笑った」

 

5:外では変える?旦那の呼び方 人前編4つ

(1)普段はゆーくんだけど…

「普段は“ゆーくん”ってあだ名で呼んでるんですけど、人前でそれで呼ぶのは流石に恥ずかしいですよね」(Tさん/32歳)

――やっぱり人前では“うちの旦那”とかですか?

「そう。まあ、でも私は“主人”っていう言い方が基本的に多いですかね。旦那を主人って呼ぶの、主従関係があるようでキライって人もいるけど……。私は専業主婦だし、お金を稼いできてくれるのは旦那だから、私は気にならないですね」

(2)流石に「エディ・マーフィ」は無理

「夫が私のことを“崩れたアン・ハサウェイ”って呼び始めてそれから“アン”になったんですよ。それから旦那のことは“小さなエディ・マーフィ”って呼ぶようになって今では“エディ”。でも、人前でそれは無理」(Hさん/34際)

――やっぱり夫になりますか。

「そうですね。でも“うちの”っていう言い方が多いですかね。あんまり仲いい夫婦って思われると恥ずかしいから、仲悪い雰囲気を醸し出すようにしてます」

(3)使い分けている

「私の場合は使い分けていますね。夫とか主人とか」(Dさん/37歳)

――具体的には?

「ママ友とか、自分と対等な人間関係の人には“夫”って言っています。目上の人に旦那を紹介するときは“主人”を使いますね。旦那を立たせるという意味でも、家の長という意味でも。

で、旦那の両親の前では“●●さん”って呼んでます。自分の子供を呼び捨ててにされてたらイヤだろうから」

(4)変えない

「子供がいるんで、普段は“パパ”って呼んじゃうんですよね」(Kさん/32歳)

――人前でも変えない?

「基本的には変えないですかね。ママ友と話すときにも、“うちのパパ”とかそんな感じです。唯一変えるとしたらフォーマルな場かな。でも、子供がいるとフォーマルな場ってあんまりいかないから、やっぱりパパかな」

 

6:旦那の呼び方は夫婦それぞれ

取材を通して、旦那の呼び方はその夫婦の仲がよく表れているような気がしました。仲がいい夫婦だとあだ名や名前で呼び合っている印象、パパとかママと呼び合っている夫婦は子供が第一優先といった感じ。酷いあだ名で呼んでいる夫婦は、それだけストレスが溜まっている感じがしました。

で、あなたは旦那さんのことを、普段なんて呼んでいますか?