受験生は恋愛しちゃダメなの?受験生の片思いを成就させる方法5つ

受験生のときに好きな人がいたという人はどれくらいいるのでしょうか。我慢しましたか? それとも受験も恋愛も頑張りましたか? 恋愛も青春なら受験も青春。どうせなら2つの青春を両立したいところです。ということで今回は受験生の片思いを成就させる方法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:受験生は恋愛しちゃダメなの?

受験勉強と恋愛の両立は難しいですよね。筆者にも経験がありますが、自己管理ができないと恋愛にのめり込んじゃって、勉強が手につかなくなる……なんてことにもなってしまいます。

好きな人との距離感や勉強時間の確保、それがしっかりとできるなら、恋愛をしてもいいのではないでしょうかね。要するに、受かればいいんですよ、恋愛しても。

 

2:受験生の片思いを成就させる方法5つ

最終学歴が国立大学文学部の恋愛コラムニスト、箱崎キョウコさんにお話を伺いました。

(1)受験勉強を一緒に

箱崎:王道中の王道はこれ、受験勉強を一緒にする。ここでのポイントは「ひとりでは無理だけど、好きな人がいるから頑張れる」といったシチュエーションに持ち込むこと。

たとえば早朝の教室とか。「早起きがしんどくて早朝の勉強ができない」という人こそ、早朝の教室を好きな人と一緒に勉強する場所にする。そうすることで、「好きな人と会いたい」というモチベーションで勉強時間を確保できるってわけ。

(2)励まし合う

箱崎:これも王道中の王道。受験勉強ってやっぱり辛いから、誰かの支えがあったりすると心強い。ここでのポイントは小さな目標を決めて共有すること。まずは1週間の目標とかね。「来週の月曜日までにここまで終わらせておく」とか、「過去問で●●点とる」とか。好きな人との約束だから、その約束は破れないでしょ。

(3)相手との連絡は勉強のご褒美

箱崎:今度は1日の目標。「問題集がここまで解けたらLINEを送ろう」といった感じ。「1日の目標にした勉強量がこなせたら好きな人と10分だけ電話していい」とかね。ポイントは相手も受験生だから、「相手の勉強の邪魔はしない頻度」っていうのが大切。

でも、「会いたい!」とか、自分の気持ちが直接伝わるようなLINEはNG。気持ちが盛り上がりすぎると、勉強に支障がでちゃうこともあるから気をつけて。

(4)模試デート

箱崎:高校3年生ともなれば、模試を受ける回数も大幅にアップするはず。実際模試を受けるのって怖かったりすると思うんだけど、そこをデートってことにして乗り切ろうってわけ。

自分がどこの会場に割り振られるかはわからないけど、第一希望の会場を同じにしたり、一緒の会場になったらどこかで待ち合わせをして一緒に向かったり。あと、帰りに喫茶店に立ち寄って一緒に自己採点してみたりすると、より親密になれるはず。

(5)合格祈願プレゼント

箱崎:「合格祈願プレゼント」なんてのも効果的。学業成就のお守りを買ってプレゼントするっていうのもいいけど、オススメは手作り。おそろいのミサンガとか、色違いのお守りとかをお互いに身につけ合って絆を深めてみてはいかが?

ミサンガだったら目立たないし、身につけるものだから愛着が湧きやすい。勉強で疲れたときに眺めて励みにすることもできる。

 

3:懐かしい~中学生の頃も…!受験生の恋愛のエピソード5つ

上野のアメヤ横町にいる男女に、受験と恋というテーマでお話を伺ってきました。

(1)一緒の大学を目指した

「高校3年生のときに好きな人と一緒の大学を目指したのはいい思い出ですね。学部は違うんだけど、大学見学とか一緒に行ったり、受かったらサークルは何に入るとかを話し合ったりして、受験の励みにしてましたね。

私は英語が得意だったんです。相手は数学とか物理。文系と理系で教科は違うんですけど、英語は共通なので、よく彼に文法とか教えてました。」(Wさん/21歳)

(2)キスは勉強をし終わってから

「中学生のときの思い出ですけど、受験のときの恋愛って我慢しなくちゃいけないから、そのエネルギーを勉強にぶつけるって感じで大変だった記憶があります。でも、今思い返すと、あれはあの瞬間しかできない恋愛だったなって思いますね。

彼氏と一緒に勉強したりすると、すぐにキスを求めてくるから、“この問題集が溶けるまでお預け”とか(笑)。少女漫画みたいなことしてましたね。でも、進学したら、半年もたたずに別れちゃいました」(Dさん/27歳)

(3)彼からつきっきりの指導

「当時付き合っていた彼が、指定校推薦で先に進路が決まっちゃったんですよ。自分は受験組だから必死に勉強しなきゃいけなくて。でも、彼は私に付き合ってくれて、夜遅くまで一緒に勉強してくれたり、得意な教科を教えてくれたりしてくれましたね。

心が折れなかったのは、きっと彼がいてくれたからなのかなって思います。おかげで第一志望校に合格できました」(Aさん/23歳)

(4)好きな人と同じ進路

「当時、社会の先生のことが好きだったんだ。やりたいことが見つからなくて進路どうしようかなって考えてるときに、その先生から“お前、先生なんてどうだ?”って声かけられて、進路が決まったの。

放課後はその先生に特別授業をしてもらったりして、受験勉強を頑張った。おかげで今は高校の先生です。もちろん、その先生とは何もありませんでしたよ」(Hさん/26歳)

(5)学習塾の自習室

「学習塾の自習室に好きな人がいました。模試の結果に落ち込む姿とか、真剣な横顔とか、居眠りしちゃってるところとか……。色んな彼を見ることができるっていうのが励みで、毎日自習室に通いましたね。話とかは全然できなくて、志望校に合格したら想いを打ち明けようって決めてました。

でも、彼が落ちちゃって浪人することになったので、想いは打ち明けられなかったですね」(Oさん/19歳)

 

4:恋愛を受験の励みに!

いかがでしたか? 受験のモチベーションを維持するのは、難しいことだと思います。しかし、恋愛を受験のご褒美にしてモチベーションの維持を図ることはできるのではないでしょうか? その時しかできないことを全力でトライする。そうすれば、受験も恋愛も両立できるかもしれませんよ。

 

【取材協力】

箱崎キョウコ(はこざき・きょうこ)・・・某国立大学文学部卒業。在学中からスナック、キャバクラなどでホステスとして勤務し、卒業後もOLをしながら夜の仕事にはげむ。2011年ライターに転身。現在はスナックのチーママでもある。女性の赤裸々なインタビューを得意とし、恋愛コラムニストとして活躍中。