金の切れ目が縁の切れ目!「仕事」「友達」「家族」「彼氏」関係別、縁の切れ目

今回は「金の切れ目が縁の切れ目」を大特集! 「仕事」「友達」「家族」「彼氏」など、お金が原因で疎遠になってしまった人間関係をもつ人たちのエピソードを、一挙お届けします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「金の切れ目が縁の切れ目」の意味が切ない…

時折、「金の切れ目が縁の切れ目」って聞きますけれど、よくよく意味を考えてみると、かなり切ないシチュエーションです。

(1)金の切れ目が縁の切れ目の意味は?

この機会に「金の切れ目が縁の切れ目」の意味をおさらいしておきましょう。辞書によると……

金銭で成り立っている関係は、金がなくなれば終わるということ。(出典:デジタル大辞泉/小学館)

そもそもお金で繋がっていた関係だから、お金がなくなればその関係が終わってしまう……という場合に使われる表現というわけですね。

男女関係でいうと「愛ではなくお金目当てだった!」なケース。けっこうあるんじゃないでしょうか!?

(2)金の切れ目が縁の切れ目を英語で言うと?中国語では?

ところで「金の切れ目が縁の切れ目」を英語で表現したい場合、直訳できる定型句はありません。

しかし「The end of money is the end of love」(お金がないと、人を愛せない)が、日本語でいうところの「金の切れ目が縁の切れ目」の意味になります。

また、中国語では「钱断情也断(qián duàn qíng yě duàn)」が「金の切れ目が縁の切れ目」という定型句です。

 

2:「金の切れ目で離婚!」した人も…「金の切れ目」で切った彼氏の話5つ

ここからは、実際に「金の切れ目」で恋人との関係の節目を迎えた人たちのエピソードをご紹介します。

(1)「借金をしまくる彼氏に、ウンザリして別れました」(27歳女性/ネイリスト)

サキ(仮名):元カレが仕事を辞めてから、私にお金を借りまくるようになり、ムカツいて別れました。

筆者:その彼氏は、再就職しなかったんですか?

サキ:しなかったんです。私だって安月給なのに、デート代を出させるだけでなく、家賃の援助までせびってきました。働いているときには羽振りがいい彼氏だっただけに、残念でした。

(2)「隠れ借金が発覚し、離婚してもらいました」(30歳女性/講師)

ミカ(仮名):元夫が私に隠れて、250万円も借金をしていたんです。

筆者:結構まとまった額ですね。借金の理由は、なんだったんでしょう?

ミカ:職場の女の子との浮気です。すぐに返せる額ではないし、浮気のための借金を私が働いて返すのもバカバカしいと思い、離婚してもらいました。

(3)「貧乏デートに嫌気がさして」(32歳女性/営業)

ユカリ(仮名):元カレが転職してからお給料がガクッと下がり、貧乏デートしかできなくなったのが嫌で別れました。

筆者:どのくらいお給料が下がったんですか?

ユカリ:それまでの2/3くらいです。ケチ臭くなって、外食も控えるようになりました。お金だけで判断するのは悪いと思ったけど、そのせいでケンカも増えてしまったので、雰囲気が悪くなったんです。

(4)「友達に大金を貸した彼に呆れました」(26歳女性/秘書)

ジュン(仮名):元カレが友達に大金を貸したことが発覚し、ありえないと思って別れたことがあります。

筆者:どのくらいの額だったんですか?

ジュン:150万円だったと思います。自分の貯金を全部貸したそうです。もちろんお金は返ってこなくて、その友達にお金を貸したせいで、デートもケチケチするようになったので、“私にとばっちりが来た”と思いました。

(5)「会社をクビになった彼氏がウザくて」(30歳女性/保険)

マイ(仮名):つい1週間前に別れた元カレが、会社をクビになってから私にお金を借りるようになって、ウザくて別れました。

筆者:どのくらい貸したんですか?

マイ:全部で30万くらいです。当面の生活費も貯金していなかったみたいで、呆れましたね。

 

3:彼氏以外にも!金の切れ目が縁の切れ目になったエピソード5つ

続いては、男女関係以外で「金の切れ目が縁の切れ目」になったエピソードを5つお届けします。

(1)「貸したお金が返ってこなかった親友と絶縁」(35歳女性/経営)

マユ(仮名):中学校からの親友が困っているときに、50万円貸したんです。最初のうちは月に2万ずつ返済があったんですが、半年くらいしてから返済が途絶えました。

筆者:ありがちな話ですね……。その後、どうしたんですか?

マユ:連絡しても逃げるので、こっちから手紙を送って“貸したお金の残りはあげるけれど、もう二度と連絡してこないで”って絶縁しました。

(2)「ちょこちょこ借りるお金を、全く返さない友人に嫌悪感」(28歳女性/ネイリスト)

アキノ(仮名):ファミレス代とかコンビニ代とかちょこちょこと、数百円を借りる友達がいたんです。“次会うとき返す”って言うんだけど、返してくれないので、会うのをやめました。

筆者:一度の額は少額でも、回数を重ねるとまとまった額になりますよね。総額でどのくらい貸したんですか?

アキノ:結局、5万円は超えていたかも。「お金返してよ」ってやんわり言っても、知らん顔するんです。神経を疑います。

(3)「お金を貸して欲しいと泣かれても…」(32歳女性/販売)

ヒトミ(仮名):前の職場で仲良くなった子が、彼氏のせいで借金を抱えたけど返せないとかで、30万円を貸して欲しいって泣きながら頼んできたんです。

筆者:で、貸しちゃったんですか?

ヒトミ:いや、そこまで仲のいい子じゃなかったし、貸さなかったです。で、これ以上関わりたくなくて、それから疎遠になりました。

(4)「兄弟とお金が原因で絶縁中です」(33歳女性/派遣)

アヤ(仮名):私の兄は、とにかくお金にルーズ。まともに働かず、お金がなくなると親や私にせびってくるんです。

この前、とうとう堪忍袋の尾が切れて、絶縁しました。

筆者:どんなことがキッカケで絶縁に?

アヤ:同時に2人の女性を妊娠させたとかで、中絶費用をお金をせびってきました。呆れてモノも言えなかったし、そんな男と兄妹だなんて、ほんと、ウンザリです。

(5)「親と距離を置いています」(37歳女性/小売)

ナオミ(仮名):情けない話ですが、親が私にお金をたかってくるので、ウンザリして結婚を機に距離を置くようにしました。

筆者:親御さんは、仕事はしていないんですか?

ナオミ:はい。両親ともに早いうちにリタイヤしています。リタイヤするなら貯金を計画的に使えばいいのに……。退職金も使い切ってまで贅沢してました。

 

4:金の切れ目はガチで縁の切れ目に…

人生はお金だけじゃありませんよね。でも、残念ながら「お金の切れ目が縁の切れ目」になりやすいのは、確か。

みなさんには、「金の切れ目」が原因で、疎遠になった人間関係に心当たりがありますか?

✓ skyticketの格安航空券で年末はラブ旅に!