女の胸をなめるときに男が思っていること8選…いろいろヒドい!?

男性が胸をなめているときってちょっと必死すぎませんか? そんな姿が愛くるしくもあるのですが、胸をなめているとき何を考えているのか気になる~。そんな女性の疑問を筆者が代弁して男性に聞いてみました!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:胸をなめるとき、男って夢中すぎですよね…

みなさんは、男性に胸をなめられるのは好きですか? 胸はほとんどの女性の性感帯。少しなめられただけで、声を漏らしてしまう人は多いのではないでしょうか。ただ、そんな愛撫の最中に、なんとな~く思うことはありませんか?

「男性って、女性の胸をなめるとき夢中すぎない?」

女性の胸を吸ったりなめたり。男性がどうしてあんなに必死になるのか? 何が面白くてやっているんだと考えたことはないでしょうか?

(1)いったい何を考えながらなめているんだろう?

赤ちゃんのように必死になって女性の胸に吸い付く姿は、なんともかわいらしいもの。といっても彼らは立派な大人。なめられている側は気持ちいいですが、なめて気持ちくなるわけではないのに、そんな必死になめる意味がわからない……。

女性にはわからない、そこまで夢中にさせる胸の魅力というものがあるのでしょうか?

(2)胸をなめているときに男が考えていることを聞いてみた!

女性もセックスの際、男性の乳首をなめたりもします。その際に何を考えているかと言われると、「ただひたすら相手に気持ちよくなってもらいたい」と考えていることが多いようです。

男性もそう考えているのでしょうか? 筆者の周りの男性陣に聞いてみました!

 

2:男たちに聞く!胸をなめているときに思っていること8つ

(1)気持ちよくなってもらいたい

「気持ちよくなってもらいたいと思いながら、なめている」(Oくん・23歳)

女性に気持ちよくなってもらいたいと思いながら、ひたすらなめているそう。

激しくなめるほうが、乳腺が刺激されて気持ちよくなると思って、激しくなめることもあるそうで。Oくんはひたすら女性のことを考えてなめ続けているそうです。

女性と似た意見の男性もいるようですね。ありがたい話です!

(2)客観的に見た姿を想像している

「客観的に“おっぱいをなめる自分”と“なめられる彼女の姿”を想像している」(Tくん・27歳)

胸をなめながら、自分はどう見られているのか? 第三者から見たときに自分たちはどのような姿をしているか?を想像しながらなめているそう。そう考えることでより興奮し、我を忘れてなめ続けてしまうTくん。

客観的に見られている姿を想像して興奮するというのは、筆者もなんとなくわかる気もします。

(3)何も考えていない

「特に何も考えていないかな」(Sくん・20歳)

特に何も考えていないという人も。AVを見て、女性の胸を男性がなめているからなめる!というSくん。

少しドライな意見ですが、こういう人も意外と多いようです。無我夢中で何も考えられないというよりは、たんたんと胸をなめているという口ぶりでした。

(4)赤ちゃんプレイ

「胸をなめているとき、何を考えているか? 赤ちゃんプレイですね。自分は赤ちゃんになっているんですよ、存分に甘えている感じですかね」(Tくん35歳)

胸をなめる行為は赤ちゃんプレイだというTくん。また、女性の胸をなめるとどこか安心するようです。

おっぱいを目にすると幼児に戻って、無心に女性の胸にしゃぶりついては甘えたくなるだとか。女性にとってはそんな男性の姿はたまらないものなのでは?と筆者は思います。

(5)自分も恥ずかしい

「実はちょっと最初は恥ずかしかったりもするんですよ」(Aくん・22歳)

実は、少し恥ずかしいというAくん! しかし、慣れていくうち、女性もそれなりの反応を示すようになると、「もっと感じてもらいたい」と激しくなめるようになると言います。

(6)無心

「そこにおっぱいがあると何も考えられなくなる! 本能で気づけばなめています」(Rくん・32歳)

おっぱいがあるからなめるというRくん。おっぱいをなめる行為は、もはや男性の本能。無我夢中でただひたすらしゃぶりつきたくなるそう。

(3)のような「特に何も考えていない」のとはまた違い、何かを考える余裕がなくなるという意見でした。

(7)おっぱいおっぱいおっぱい

「胸をなめながら、頭の中も目の前にあるおっぱいのことばかり。おっぱいおっぱいおっぱいですよ!」(Tくん・36歳)

おっぱいをなめながら、乳首や乳輪の大きさ、またその色など、頭の中は目の前にあるおっぱいのことばかり考えているというTくん。

男性の頭の中はおっぱい祭り!だそう。

(8)元カレのこと

「彼女の胸をなめながら、今までの彼には、どんななめ方をされていたんだろ?とか考えちゃいます」(Yくん・32歳)

昔の男が気になるというYくん。せっかくのセックスだけど、嫉妬の混じった感情がまた男性を興奮させると言います。

 

女性の胸をなめるとき、何も考えていない人もいれば、昔の男のことを考えたり、冷静だったりと色々な人がいるようですね。

これは相手の女性が本命か、遊び相手かによっても変わってくるとは思います。ですが、男性が女性の胸をなめているときに考えていることは、こんなところでしょう。

 

3:女たちに聞く!実はもっと胸をなめてほしい瞬間8つ

女性も男性に胸をなめられるのは大好き! 実はもっともっとなめてほしい!

というわけで、ここからは女性が実はもっとなめてほしい瞬間あるあるをご紹介。そんなんじゃもの足りないんだから~。

(1)挿れてもなめて!

「最初だけではなくて、挿入後もなめてほしいの!」(Mさん・24歳)

最初だけでなく、挿入後もなめてもらいたいのが女子の本音! 下と上の愛撫はたまらな~い♡

(2)片方だけじゃなくて

「彼が右胸だけなめてくるんですが、左も同じくらい愛撫してほしい」(Oさん・24歳)

片胸だけではなく両胸、同じくらい愛撫してほしいとの意見も。右をなめているときは指でせめるとかしてほしいのが女性の本音。

(3)目を見てなめて

「胸をなめているとき、胸をなめながら目も見てほしい」(Mさん・24歳)

なめながら目を見つめられたら、もっとなめてほしくなっちゃう~♡ 胸をなめている際に、目も見てほしいというMさん。

胸をなめているときに向けられた男性の目線は、まるで子供みたい! 下から見上げるようなかわいらしく甘えた顔は、女性の母性本能をくすぐります。かわいくって仕方がない! 頭をなでなでしたくなる!

(4)激しく

「激しく、無我夢中でなめてほしい」(Mさん・24歳)

もっともっと、激しく無我夢中になめてほしい! 多少痛くてもOK! 引っ張ってもOKなのが、M女の本音のようです。

(5)優しく

「激しくなめてきたと思ったら、優しくぺろぺろされたい!」(Mさん・24歳)

激しくなめられたり、優しくなめられたり、なめ方に強弱をつけてほしいというMさん。ちょっと優しくされると激しく!と次々に快楽を求めてしまうそう。

(6)できない日は胸だけでも

「生理などでエッチができないときは、胸だけでもいいのでなめてほしい」(Kさん・22歳)

エッチができないときは、胸だけでもなめてもらいたいもの。「胸をなめる=前戯!」というのはやめてもらいたい、という意見でした。男性には、エッチするしない関係なく、スキンシップとして胸をなめることを推奨したいですね!

(7)焦らしてほしい

「胸の周りをなめまわしといて、肝心の乳首はなかなかなめてくれない感じがたまらない!」(Sさん・27歳)

焦らされると、もっと欲しくなる! 焦らされて焦らされて我慢できなくなったところで胸をむさぼられたい!という、こちらも少しどMな意見でした。

(8)複数になめられたい!?

「ひとりじゃ満足できない。同時に複数になめられたい!」(Kさん・28歳)

ひとりになめられるだけじゃ満足できない! 同時に複数になめられたいというKさん。単純にその倍気持ちいいのではないかという興味本位でもあるそう。

話を聞いてみると、女性はやっぱり男性に胸をなめられるのが大好き!ということがわかりましたね。「こんな風になめられたい!」「もっとなめてもらいたくなる瞬間」についてでした。

読者のみなさんも共感できたのでは?

 

4:まとめ

なんで男性は無我夢中になって女性の胸をなめるのか? この記事を読んで少しは疑問が解消されたかと思います。

女性にはわからない男性の感情、共感できない部分もたくさんあるものですね。

胸毛の処理をこまめに!

最後に、もっと胸をなめられたい女性へのアドバイスとして、乳輪まわりのムダ毛ケアをこまめに行うようにしましょう。

特にセックスがご無沙汰という人は、うっかり処理をし忘れて、彼にドン引きされる……なんて事態も無きにしもあらず。彼に気分よ〜く、胸をなめてもらうためにも、最低限のケアを心がけて。