量産型女子って?量産型女子が好きなファッション・ブランド10選

「量産型女子」という言葉をご存知でしょうか? たとえば欅坂46。同じ衣装に身を包み、みんなかわいいですよね。ゆえにオジサマがたは、見分けがつかない……。でも、心だけは若いつもりでいるから、見分けがつかないことを人のせいにしたい!ってことで、揶揄して「量産型女子」なんていってしまうのです。女子にとっては、あまり気分のいい言葉ではないけれど、要するに「普通にかわいい」ってこと! 今回は、量産型女子に人気のファッションやブランドをピックアップしてみました。自身のファッションに自信がない……って女子も必見です!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:量産型女子って?

そもそも「量産型女子」ってどういう意味なんでしょうか?

辞書に「量産型女子」という言葉そのものがなかったので、まずは「量産」について調べてみました。

りょう‐さん〔リヤウ‐〕【量産】[名](スル)同一規格の製品を大量につくること。大量生産。マスプロダクション。マスプロ。

(出典:小学館デジタル大辞泉)

これをふまえると、量産型は、“大量生産タイプ”となりますね。つまり、同じものがいっぱいある、ということ。当然ながら、人間には個体差があります。しかし、はたから見ると(特に年配者)おんなじに見える。それが「量産型女子」。

たとえば、2000年代前半に起こったエビちゃんブーム。白のヒザ上コットンワンピにちょうちん袖のGジャン、バルーンスカート、シャツワンピなどなど、当時『CanCam』専属モデルだった蛯原友里さんが雑誌で着こなしていた「エビちゃんOL」スタイルの女子が街にあふれました。ファッションだけでなく、巻き髪ヘアや、マスカラで強調したアイメークなど、ヘアやメイクもエビちゃんOL仕様に。

昭和の時代には、聖子ちゃんカットが流行ったり、工藤静香さんのようなワンレンボディコンスタイルがブームになったり、アムラーもそう。時代を反映する「かわいい」と「若者トレンド」をけん引してきたのが「量産型女子」です。

「量産型女子」がネットで多く使われるようになったのは、2014年前後ですが、それよりもずっと前から、「量産型女子」は存在します。

 

2:量産型女子が好きなブランド5つ

さて、現代の量産型女子が好きなブランドには、どのようなものがあるのでしょうか? 今回は女子大生を中心にみていきましょう。

「GU(ジーユー)」「ZARA」は鉄板ですが、それだけではありません! 量産型女子ウォッチャーの筆者が独断で選んだ5大ブランドを紹介します!

(1)LOWRYS FARM

まずは「LOWRYS FARM」。ターゲットが「普通の生活感覚を持った女性」なだけに、飽きのこないベーシックアイテムと、シーズンごとのトレンドアイテムが豊富! 着回しもしやすく、お値段もお手軽で女子大生にも大人気!

「LOWRYS FARM」の服を着て大学へ行くと、その日のうちに数人同じ服を着ている人とすれ違う……というのも女子大生あるあるです。

(2)ViS 

「ViS」はトレンド要素をキャッチした、大人っぽいアイテムが揃うブランド。白、ベージュ、カーキなど、軽やかで清潔感のあるベーシックカラーのアイテムも多く、OLさんにもファンが多い!

(3)mysty woman

オフショルやレース使いのトップスなど、フェミニンな雰囲気の「mysty woman」も量産型女子に人気。「ザ・女の子」的なアイテムは、デート服にも重宝します。こちらも女子大生に大人気で、「新作を買ったら友達とダブっちゃった……」という体験談もあるあるでした。

(4)earth music & ecology

驚くほどリーズナブルな価格設定の「earth music & ecology」。ナチュラルかわいい、カジュアルアイテムは使い勝手も抜群! 懐事情は苦しいけれど、おしゃれをいっぱい楽しみたい!という女子大生の御用達ブランドのひとつです。

人と被ったって可愛いものは可愛い!ってことで買っちゃいます。

(5)PAGEBOY

ベーシックとトレンドのバランスが絶妙な、きれいめカジュアルで人気の「PAGEBOY」。レース使いやシースルーなどトレンドアイテムも豊富ですが、ディテールが甘すぎず、ちょっとクールなカッコいいスタイルもつくりやすい!

 

3:量産型女子のファッションの特徴5つ

次に、量産型女子のファッションの特徴を上げていきましょう。

(1)茶髪ゆるふわパーマ

まず髪型。茶髪のゆるふわパーマが人気です。

悪目立ちしない、適度な茶色に染めた長めの髪の毛に、ゆるふわパーマをかけて大学デビューしたという方も多いのではないでしょうか? 程よく女性らしく見えて、かわいい印象を与えることも可能な、鉄板モテの髪型です。

(2)流行りの服

シーズンごとに変わる流行はきっちり抑えるのが量産型女子。ガウチョパンツもシフォンのふんわりスカートも当然マストバイ! 今は、ビスチェがついたドッキングTシャツやオールインワン、バイカラースカートに熱視線! あと水着! レトロなハイウエストビキニにするか、スタイルアップを狙って、オフショル&フリルショーツにするか……悩んじゃいますよね。

(3)ワンピース

一枚でサマになるワンピース。きちんと女子に見えるシャツワンピも、リゾート感満点のマキシ丈ワンピも、合コンに重宝するAラインワンピもかわいいし、どれも何度も使えるからやっぱり買っちゃうんです!

(4)デニム素材

キレイめからハイダメージまで、デニムアイテムは、丈や幅、長さといったデザインだけでなく、色も多彩!

でも、細部のおしゃれや違いに気づけない男性(とくに中年)にとっては、みんな同じような服を着ている……と感じてしまうんだとか。残念!

(5)カーディガン

羽織に便利なニットのカーディガン。ブラウスでもワンピースでも、カーディガンを羽織ると上半身だけ見ると似た印象になりますよね。また、きれいめ女子が大好物なツインニットも、デザインはほぼ一定。そのせいで、男性(とくに中年)は、「どの子も同じに見える」んだとか。

 

4:まとめ

量産型女子の特徴、いかがでしたか?

量産型女子って、ネガティブな印象がありますが、実は王道。マスど真ん中、おしゃれでかわいい雰囲気がある女子のことなんです。

「個性をとことん見せたい!」「人と絶対被りたくない!」という人は避けたほうがいいですが、男子からの印象もよくて、定番のモテをそこまでお金をかけずに狙いたい人にはおすすめですよ~。

 

【参考】

STUDY HACKER-量産型女子