出会いアプリ「with(ウィズ)」のサクラの見抜き方4つ!口コミや男女の料金プランも

みなさんはマッチングアプリの『with(ウィズ)』をご存知ですか? 『with』は、メンタリストDaiGo監修の性格診断コンテンツが充実していて、今若い女子に人気のマッチングアプリなんです。今回はそんな『with』の口コミと料金を大調査!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『with』を完全解説した記事はコチラ
マッチングアプリ「with(ウィズ)」は出会える?体験してみた!口コミから使い方まで徹底解説

1:出会いアプリ『with(ウィズ)』にサクラはいる?サクラと業者の違い

マッチングアプリを使う上で気になるのが「サクラ」の存在。

少し前までは運営元がはっきりしない悪質な「出会い系サイト」がたくさんあり、そこにはたくさんのサクラが存在していました。

運営側が用意したサクラは、サイト内で課金を促すようなやりとりを繰り広げていましたが、『with』をはじめ、運営会社がしっかりしている近年のマッチングアプリには、サクラは存在しません。

しかし、アプリを利用して外部サイトに誘導する業者は男女共に多数存在します。

このサクラと業者は混同して使われることもあり、総称してサクラと呼ばれることもあります。なので、『with』の口コミで「サクラがいる」と言われている理由は、ここにあるかと思われます。

 

 

2:サクラの見抜き方!その特徴6つ

せっかくいい感じでやりとりをしていたのに、「急に外部サイトに誘導された!」ということを防ぐために、その特徴をご紹介します。

(1)男性から見た女性のサクラの特徴3個

特徴1.プロフィール画像が宣材写真風

「これスタジオで撮った!?」と思うような宣材写真風のプロフィール写真には注意!

プロフィール欄に仕事内容をはっきりと明記してある場合を除いて、簡単なプロフィールでキメキメのプロフィール画像は、異性を釣るためのものだったりします。

あまりにも「美人すぎる」というのは危険!

特徴2.会話が成り立たない

メッセージのやりとりで、質問についての回答がなかったり、受け答えの会話がちぐはぐだったりする場合は、外部サイトに誘導する業者である可能性が高いです。

中国系の業者がLINEをハッキングするのが一時期問題になりましたが、同じ様に中国系の業者であれば日本語がちぐはぐな場合があります。

例えば、「趣味に映画とありましたが、どんなジャンルの映画を見るんですか?」という質問に対して、「嬉しいです! 普段はなにされてるんですか?♪」など全く関係ない内容を送ってきたり……。

また、会話の中で急に自分の身の上話をしてきたり、スケールの大きな夢を語りだしたりするなども、ネットワークビジネスの勧誘につなげる業者である可能性があるので注意しましょう。

特徴3.『SNOW(スノー)』や『BeautyPlus』で盛れ過ぎ写真

特徴1のような、宣材写真風の画像に加えて、加工しすぎている盛れすぎ画像にも注意!

『SNOW(スノー)』や『BeautyPlus』が大好きな女性も多いですが、あまりにも盛れすぎているプロフィール画像は危険人物である可能性があります。

もちろん、マッチングサービスでプロフィール画像はとても重要。

だけれど、もはや原型が分からないほどの加工をしている写真をプロフィールにしている人は、業者の可能性が高いといえます。

(2)女性から見た男性のサクラの特徴3個

特徴1.プロフィール欄の空白が多い

真剣な出会いを求めれば求めるほど、「プロフィールを充実させよう」と努力しますよね。

だけれど業者は、魅力的な写真で手っ取り早くユーザーを釣って、外部サイトに誘導することを考えているので、プロフィールがいいかげんなことが多いです。

特に美男美女が集まる『with』だからこそ、写真に力を入れて、プロフィールに手を抜く業者が潜んでいることがあります。

女性は「いいね!」を男性からもらうことが多くなると思いますが、「いいね!」をしてきた男性のプロフィール欄に飛んで、空欄が多いようであれば注意が必要です。

特徴2.プロフィール画像がイケメンで自撮り

真剣な出会いを求めている女性が最も注意しなければならないのは、「ヤリモク」。

『with』は、他の婚活に特化したアプリと比べると、比較的カジュアルな出会いを求める若い男女が集まっている分、特に「ヤリモク」には注意しなければなりません。

プロフィール画像が目を惹くイケメンで、かつ自撮りである男性ユーザーには注意!

筆者は『with』ではないものの、恋活アプリでこのような自撮りイケメンの男性とマッチングし、その後、すぐに夜に会う約束を取り付けてこようとする男性に遭遇しました。

イケメン自撮りとマッチングした場合、LINE交換やデートの場所・時間帯などには特に注意が必要です。

特徴3.すぐにLINEを聞いてくる

上記にもご紹介したように、すぐにLINEを聞いてくる男性ユーザーにも注意!

『with』上でのメッセージは運営によって監視されていますが、LINEに会話の場が移ってしまえば、どんなやりとりも自由です。

「アプリを退会するからLINEしよう」などと、もっともらしい理由をつけてマッチング後、早々にLINEを聞いてくるユーザーは、業者やヤリモクの可能性が高くなります。

特に『with』にはブロック機能があるので、LINE移行後、相手をブロックして、会った後にLINEもブロックしてしまえば、「完全なるワンナイト」だってできてしまうのです。

 

 

3:『with(ウィズ)』の男性・女性の利用料金は?

続いて、『with』の気になる利用料金を見ていきましょう!

『with』の利用料金は女性完全無料! 一方の男性は有料で料金プランは、1ヶ月から12ヶ月までの期間別。

1ヶ月のプランの料金を見てみると『with』は3,400円。同じくマッチングアプリの『Pairs』は3,480円、『Omiai』は3,980円です。

3つのマッチングアプリを比較してみると、1ヶ月のプランであれば一番『with』が安いことがわかります。

また、『with』には「お試しプラン」があるのも魅力的。『1週間プラン』というもので21歳以下限定(※ Androidアプリ内課金は対象外)ですが、1,300~1,400円で1週間試してみることができます。

ですので、「マッチングアプリ初心者」である男性であれば、お試し料金で使うことのできる『with』がおすすめだといえそうです。

また、「with」にはポイント制度があります。withポイントとは「いいね!」の不足分を補えるポイントとなります。

月に30回、プラチナプランであれば50回貰える「いいね!」が無くなったときにwithポイントがあれば、「いいね!」を相手に送ることができます。

「一気に『with』で出会いたい!」という人はこのポイントを購入して、気になる相手に積極的に攻めたいところですよね。

ちなみに、「1ポイント」は、「1いいね」に相当します。

価格は10ポイントで1,000円です。(※クレジットカード決済)

 

 

4:出会いアプリ『with(ウィズ)』の口コミ3つ

続いて『with』のリアルな口コミを見てみましょう。

よく見られる、聞かれる口コミを3つご紹介します。

(1)性格が合う人と出会いたい女子におススメ

周囲の利用者の声を聞いてみると「性格分析から相手を探すことができるので、見た目や学歴などではなく、中身重視の女性におすすめ」だという口コミが多く見つかりました。

確かに従来のマッチングアプリでは、収入やルックスでマッチングさせることがほとんどですよね。一方『with』では、後述するメンタリストDaiGo監修の性格診断テストや、プロフィール設定時に選ぶ自分の趣味や価値観を相手に伝える「好み」カードなど「内面」を重視したマッチングが期待できそうです。

(2)利用者が若く、美男美女が多い

「利用者が若い」「真剣な出会いはあまり期待できない」という意見も。

確かに筆者が使ってみても「若い男性」が多いように感じました。大学生の登録者がいることにも驚きです。

そのため、「大人な男性と出会いたい」、「すぐに結婚前提で付き合いたい」という女性には、婚活サービスに特化した『youbride(ユーブライド)』などのサービスの方が合っているかもしれません。

(3)性格診断テストがすごい!

恋愛において最も大事なのは、相手を知る前に「自分の事を良く知る事」ですよね。『with』の性格診断テストは無料で受けることができるので、口コミを見ていると「性格診断だけでもやる価値がある」と言う意見が多数。

全体的な口コミを踏まえると、「真剣な人と出会ってはやく結婚したい!」と考える人は『with』の性格診断をしてみながら、『ユーブライド』など他のマッチングアプリを併用してみるのがよさそうです。

マッチングアプリ「with(ウィズ)」は出会える?体験してみた!口コミから使い方まで徹底解説

 

5:まとめ

いかがでしたか?

今回はマッチングアプリ『with』のサクラの見抜き方や口コミ、男性・女性の料金プランをご紹介しました。

まとめると、初めてマッチングアプリを使うという人には、性格診断があり、若い美男美女が集まると話題の『with』はおすすめです!

ぜひ素敵な出会いを探してみてくださいね♡

 

 
※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がMenjoy!に還元されることがあります。