結婚するにはなにが足りない?すぐ結婚できる女の7つの特徴

アラサーになって周りの友達が続々と結婚していくと、「自分も結婚したいなぁ」という気持ちになるのは、ある意味自然なことかもしれません。ですが、「したいなぁ~」だけでは、なかなか結婚はできないようです。では、結婚するためにはどんな要素が必要なのでしょうか? 男女に話を聞いてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:結婚したいのに相手がいない……

(1)まずは相手探しから……

結婚したいけど相手がいない……。そんな人は、まず相手探しから地道に頑張るしかありませんよね。誰でも良いから結婚したいなんて人はいないでしょうし、たとえそれで結婚できたとしても、幸せな夫婦生活が営めるとは思えません。

結婚したいことを周りに宣言して回っていると、友達から同じく結婚したいと思っている人を紹介してもらえる可能性は高くなりそうです。

(2)1年以内に結婚したい……何から始める?

「なんとしても1年以内に結婚したい!」と思ったら、何から始めたら良いのでしょうか? 1年は長いようであっという間です。しかも、「結婚」という、その後の将来を一緒に過ごす相手を見つけるとなると、かなりの大仕事。

焦りすぎは禁物。ですが、とりあえず婚活アプリに登録してみたり、近場で開催されている婚活パーティーに参加してみるなどの行動は大切です。

そうやって少しずつでも動きながら、自分が本当に求めている結婚相手への条件を、しっかりと見極める必要があるでしょう。

 

2:早く結婚するには?すぐ結婚できる女の特徴7つ

結婚できないと焦る女性がいる一方、周囲が知らないうちに交際していて、いきなり結婚発表をするという「すぐに結婚できる女」も存在します。

こういう女性たちの共通点は何なのか? 女性たちに特徴をあげてもらいました。

(1)自立している

「私の周りで、最近いきなり結婚が決まった人がふたりいるんですけど、そのどちらも自立したタイプの女性でしたね。精神的にも経済的にも“男性に甘えないと生きていけない”というんじゃなく、別に結婚しなくても生きていけるって感じの人です。そういう人だと、男性の側も結婚を受け入れやすいのかもなぁって思いました」(Gさん/28歳)

(2)家庭のことがひと通りできる

「共働きが増えたとか、カジメンが増えたとか言いますけど、やっぱり料理とか洗濯、掃除は基本的に女性ができて当たり前っていうのはあるじゃないですか。周りの男性たちに聞いてみても、“付き合った子が料理ができないってなると、一気に結婚する気が失せる”って言いますもん。

別に一流シェフみたいな料理はできなくてよくて……。ひと通りの基本メニューができて、掃除とかもそつなくこなせると、結婚への近道になるみたいです」(Hさん/28歳)

(3)理想が高くない

「私の周りで若いころに結婚した人は、みんな現実的なタイプでしたね。20代の前半とかって、まだ結婚に夢見がちなところがある人も多いじゃないですか。そういうのがなくて、結婚するなら毎年一緒に旅行くらいは行きたいなとか、プロポーズとかはなくても良いから、休みの日にふたりでのんびりできる相手がいいとか。

ある意味悟ってる感じの子がすぐに結婚して、今幸せそうです」(Fさん/27歳)

(4)遊びの恋愛はしない

「男性経験が豊富だからって結婚できるとは限らないんだなっていうのが、私の周りの女性たちを見ていての感想です。いくら派手に遊べる相手と付き合った回数が多くても、1回も結婚の話が出ないんだったら意味がないというか。

逆に、遊びの恋愛に興味はなくて、それまで1度も恋人がいなかったような人が、じっくりと見極めた相手を落として結婚したっていうほうが現実には多いですよね。あと、アラサーを意識し始めてからは、結婚に繋がらない恋愛はバッサリ切るタイプが、どんどん結婚し始めましたね」(Iさん/29歳)

(5)金銭感覚がしっかりしていて貯金できている

「やっぱり、男性たちも結婚する相手の金銭感覚はしっかり確認しているだろうから、貯金とか、そういうところがきちんとできていないと、運命の相手と出会えたとしてもチャンスを逃しちゃうと思います。

堅実にコツコツと貯金できてたり、ストレスで散財しちゃったりしない子。これが、私の周りで“結婚した組”の共通点です」(Nさん/26歳)

(6)明るくてポジティブ

「最近私の周りで結婚した友達は、みんな明るくてポジティブ思考です。仕事とかも大変そうな子もいるけど、いつも元気というか、大変だからこそ頑張るって感じで、同性の私から見ていても応援したくなるタイプ。そういう女性だからこそ、男の人がずっと一緒に居たくなるっていう気持ちもわかります。

一緒にいる人がいつも明るかったら、自分が何か辛いこととか苦しいことがあっても、一緒に乗り越えてもらえそうですもんね」(Wさん/33歳)

(7)聞き上手

「学生時代からの付き合いがある女友達で結婚した子は、みんな人の話を聞くのが上手ですね。人から悩み相談とかよく受けるタイプ。癒し系というか、すごく積極的に何かをするわけじゃないのに、なぜか話を聞いてもらえるだけで安心できる子っているじゃないですか。そういう子です。

で、まだ結婚できてない女性陣は自分のことをしゃべるのが大好き。んで、理想が高くて、男に対していつもケチをつけている子が多いかなぁ(苦笑)」(Eさん/31歳)

 

3:結婚するには…男に必須のモノ5つ

女性たちが結婚するために必要なものが見えてきたところで、今度は男性に焦点を当ててみましょう。結婚するために男に必須なモノとは一体なんなのでしょうか? 既婚男性に話を聞いてみました。

(1)覚悟

「覚悟は絶対に必要でしょう。ちょっと古い考えかもしれないけど、やっぱり結婚するってなると、相手のことを一生めんどうみないとって考えちゃうのが男だと思うんです。そこで少しでも不安になったりしたら、何かあったとき相手を守り切れない。こういう気持ちは相手にも伝わると思うんです。覚悟は一瞬でできるものだけど、そこに行きつくまでが大変。自分も覚悟するまでには、結構時間かかりましたよ」(Oさん/38歳)

(2)ある程度の諦め

「男ってロマンチックで、女性より結婚に夢見ているやつも多いんです。結婚できてないやつの話聞いてると、“そんなに結婚って美しいものでも、楽しいものでもないよ?”って言いたくなりますね。

だから結婚したいなら、ある程度は諦めて、“捨てる”こともできないといけないんだなって思っています。たとえば趣味に使える時間とか。あとは相手への理想とか」(Mさん/33歳)

(3)愛情

「当たり前って思うかもしれないですけど、愛情がいちばん重要な要素だと思いますね。それも軽いものじゃなくて、相手のどんな面を見ても受け止めるっていうくらい深い愛情です。

もちろん、そういう気持ちが相手にもないと結婚は成り立たないんですけど、まずは自分から。自分が深い愛情で相手を包み込んだら、相性の合う相手なら、あっちからも愛してくれますから。その結果が結婚だと思います」(Nさん/45歳)

(4)お金

「あんまり生々しいのは嫌かもしれないけど、お金は必要ですよ。そんなに大金じゃなくてもいいけど、何かあって働けなくなることだってあるかもしれない。その時に安心していられるだけの貯蓄は必要でしょうね。それがないと、結婚って踏み切れないでしょ。相手だって不安になって、“貯金がない男は嫌だ”って言い出すかもしれないし」(Kさん/34歳)

(5)失敗した経験

「結婚ってひとりではできないから、相手のことを絶対に考えられるスキルが必要だと思います。そのためには、自分がたくさん失敗した経験が必要じゃないかなって思うんです。

僕自身も学生時代から部活とか、仕事での失敗とか、恋愛での失敗とかからたくさん学びました。だからこそ、今、結婚相手と何か問題が起きても相手を支えようって思えるし、相手の失敗も許せるんです。

すべてが順調に行き過ぎている人生だと、1度の失敗で大きく身を崩すこともあるって言うじゃないですか? だから失敗した経験は持っていないとダメかなって」(Wさん/39歳)

 

4:結婚するには貯金は最低いくら必要?

ここからは具体的に結婚するために必要な貯金について聞いてみました。結婚するためには最低いくら必要なのか……既婚男性の見解は?

(1)300万円

「結婚当初、自分が持っていた貯金がこれくらいでしたね。そんなに多くないのはわかっています。でも、共働きだし、結婚すると妻と光熱費とかが一緒になって、生活の負担は減るし、結婚してからも貯金はできます。引っ越しとか結婚式とか、結婚のための初期費用として300万は最低ラインかと」(Oさん/38歳)

(2)100万円

「実は、僕は結婚しようと思ったとき、100万円しか貯金がなかったんです。でも奥さんの方が500万円くらい貯めててくれたので、初期費用としてあてました。その代わり、結婚してからは奥さんにお給料を全部預けてお小遣い制です。大事なのは奥さんとふたりの貯金合計額じゃないかな」(Mさん/33歳)

(3)最低500万円

「僕の場合、実際に結婚したときはこのくらいの貯金額でした。できれば1,000万円は貯めたいなと思っていたんですが、お金が貯まるまで結婚を待つってなると、時機を逃す可能性もあるし。実体験からしても、30歳ちょっとで500万円あれば結婚は問題なくできると思いますよ」(Kさん/34歳)

 

5:どうやってその気に…?彼氏と結婚する方法

最後に、「彼氏がいるけどプロポーズしてくれない」という場合です。この場合、どうしたら彼氏と結婚できるんでしょうか? なかなかプロポーズしてくれない彼と結婚した既婚女性たちに聞いてみました。

(1)将来の話をする

「私の場合は、素直に相手に将来の話を持ち掛けましたね。“私は5年後も10年後も一緒にいたいと思ってるんだけど……”って。そうしたら、そこから自然な流れで、“じゃあ、結婚しようか”ってなりました」(Kさん/35歳)

(2)家庭的な面を見せる

「付き合って2年経っても、彼から結婚の“け”の字も出てこない。私は何がいけないんだろうって考えて、もっと家庭的な女になろう!って思い立ちました。

そこから毎日料理を作って、料理の腕をあげて。彼氏にもお弁当とか作るようにして。そうしているうちに、彼の中で私との結婚生活を思い描けるようになったみたいです」(Yさん/37歳)

 

6:結婚できる女に!

今回は早く結婚できる女の特徴についてみてきました。もしあなたが「すぐに結婚したいのに、どうしたら良いのかわからない!」と焦っているのなら、まずは「早く結婚できる女」たちが持っているスキルを習得してみてはいかがでしょうか?

そうすることで、結婚相手が目の前に現れたときに、結婚までの道のりが開けやすくなるかもしれませんよ。