【検証】使ってみて分かったマッチブックの評判の真実5つを解説!

今人気のマッチングアプリ『マッチブック』は、Facebookと連動した恋活アプリ。機能がとてもシンプルで使いやすいことが特徴です。今回は、そんな『マッチブック』の評判やサクラの見分け方・料金プラン・退会方法まで、筆者の体験を交えながらご紹介!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『マッチブック』を完全解説した記事はコチラ
ペアーズとの違いは?イケメンに出会える『マッチブック』の会員や料金を比べてみた

1:『マッチブック』のモデルが可愛いと評判!会員も美男美女揃い?

みなさんはマッチングアプリの『マッチブック』をご存知ですか?

リクルートグループが手がける、安心と安全が約束されている恋活サービスとして人気を集めています。

そんな『マッチブック』は、「広告のモデルがかわいい♡」と評判!

上のセクシーな動画広告を見たら、「こんなかわいい子と出会える!?」と男性のテンションも上がるのではないでしょうか。

では、実際『マッチブック』には美男美女がそろっているのでしょうか?

『マッチブック』では、こんな企画をやっています!

なんと東京大学や、慶應義塾大学SFCなど、都内大学ミス&ミスターコンテスト出場者100名とタイアップ!

実際に筆者も使ってみて思いましたが、若いユーザーが多く、確かに「美男美女に出会える!」というイメージが持てます。


 

2:サクラはいるのか?『マッチブック』の評判5つ

では、ここからはリアルな口コミや、筆者が実際に使ってみた感想を交えながらマッチングアプリの『マッチブック』の評判についてご紹介!

(1)若い美男美女が多い

とにかく口コミとして多く目につくのが、「美男美女が多い!」というもの。

ミスター&ミスが使っているだけあって、かなり「イケメン」な男性が筆者の検索画面にも多く表示されました。

また、大学生のユーザーも多く、「若い美男美女」が集まっているアプリであることが特徴です。

(2)サクラが多い

『マッチブック』の口コミの中には、「サクラが多い」という書き込みが多く見られます。

「サクラ」の正確な意味は、「異性に有料登録させるためにアプリ側が用意した架空の女性」のこと。『マッチブック』をはじめとした近年の運営元がはっきりしているマッチングアプリには、こういった人物は存在しません。

しかし、「サクラがいる」といわれるのは、『マッチブック』のメッセージの返信率の悪さが原因だと筆者は考えます。

『マッチブック』の特徴は前述の通り、若いユーザーが多く、さらに美男美女が多いこと。

そのため、「かわいい・かっこいい!」と思った人とマッチングしても、人気の美男美女であれば、たくさんの人とマッチングしていると予想されるため、“メッセージが返ってこない”ということが頻繁にあるようです。

そのことが、「サクラがいる!」と口コミで書かれている原因の一つだと考えられます。

(3)カジュアルな恋活向けアプリ

若いユーザーが多いため、「婚活や真剣な恋人探しには向かない」という口コミも多く見られます。他のマッチングアプリと比較してみても、婚活真剣度は低め。また受け取るメッセージから、「ヤリモク」男性も多いと感じました。

この「ヤリモク」は、筆者が色んなマッチングアプリを使ってみた感触として、メインユーザーの年齢層が低く、「恋活~広い意味での出会い」に寄ったサービスである『クロスミー』や『YYC(ワイワイシー)』そして『マッチブック』に多く存在します。

※2018年6月現在(公表されている数字、筆者が実際に使ってみた感じと口コミをもとに作成)

会員が若く「恋活」目的で登録している人が多いので、結婚を意識した出会いが欲しい人は『Omiai』や『youbride(ユーブライド)』など、上記表を参考に「婚活真剣度」が高めのサービスを選んだ方が良いかもしれませんね。

(4)料金が高い

男性の口コミには「料金が高い」という書き込みも見られます。

こちらも、上記表を見るとわかりやすのですが、一般的にマッチングアプリは「婚活サービス」に近くなると金額が高くなる傾向にあります。

一方で、『マッチブック』は恋活寄りのサービスでありながら、料金は高めの設定であることがわかります。

機能がシンプルなうえに恋活寄りのアプリにも関わらず、料金が婚活アプリと変わらないということで、「料金が高い」と感じる男性ユーザーが多いようです。

(5)写真を設定しないとマッチングしない

前述したように『マッチブック』は美男美女が多いアプリです。

そのため、「プロフィール画像」がとても重要。

『マッチブック』は筆者が使ってみた感じ、最もマッチング率に「プロフィール写真の良し悪し」が影響するアプリだと感じました。

「奇跡の一枚」といえるくらいに盛れている写真を設定する必要があります。

口コミの中には「いい写真を設定しないとマッチングしない」という声が多く、「自信ある一枚」がある人におすすめのアプリといえそうです。

※2018年6月現在(公表されている数字、筆者が実際に使ってみた感じと口コミをもとに作成)

「奇跡の一枚がない……」という人は上記表を参考に、写真なしでもマッチングしやすいアプリをチョイスしたほうがよさそうです。


 

3:『マッチブック』の退会方法は?退会したらできなくなること3つ

(1)退会方法はメール

退会する場合は、「各種設定」→「お問い合わせ」→「退会について」をクリック。

他のマッチングアプリと違い、退会したい旨をメールで送信しなければなりませんが、これで退会完了のメールが来て退会が完了します。

その際に、必ず「info@mail.matchbook.cameran.jp」からのメールを受信できるよう設定しておきましょう。

(2)退会したらできなくなること

続いて、『マッチブック』の退会方法と退会したらできなくなることをご紹介します。

1.プロフィールが消える

退会とともに入力したプロフィールが完全に削除されます。

そのため、「また再登録して、前のプロフィールを使おう」ということはできないのです。退会して履歴だけ残すというのは不可能です。

一度退会すると、年齢確認など、一からやり直す必要が出てきます。

2.マッチング情報やメッセージも消える

プロフィール同様にマッチング情報やメッセージもすべて消えてしまいます。

LINE等の連絡先を交換していない場合は、やりとりが途中でも、再登録してまた同じ相手とやりとりを再開しようということはできません。

3.再登録が一ヶ月できなくなる

アプリの注意事項には「退会後は一定期間再登録できなくなります」と記載があります。ネットの口コミを見ると、一度退会すると「不正防止のため」30日間の再登録ができなくなるようです。

また、有料会員の場合に、その契約期間内に退会すると、月割り・日割りでの返金はされないようです。

軽い気持ちで退会してしまって、再登録しようと思ってもすぐには出来ないので注意が必要です。

 

4:『マッチブック』の料金プランは?

マッチブック』は、女性はマッチングに必要な“基本的なサービス”は無料で使えます。

一方で、男性は、女性会員の検索や「いいね!」を送ることはできるものの、マッチング後のメッセージ交換から有料になり、月々の料金がかかってきます。

ただし、他のマッチングアプリでは「いいね!」を送るのが有料のサービスも多く、その意味では『マッチブック』は男性の無料会員ができる範囲は広いといえるでしょう。

料金は1ヶ月4,100円。3ヶ月3,933円/月、6ヶ月3,133円/月、12ヶ月2,483円/月、となっています。(※いずれもiPhoneアプリより確認した料金)

有料会員になると、

・メッセージのやりとりが無制限になる

・相手のいいね!数が見える

といったように基本的な機能がすべて使えるようになります。また、毎月もらえる分とは別に、初回特典で30回分の「いいね!」がもらえます。

さらに、『マッチブック』にはマッチング率が1.8倍にもなるプレミアムオプション(3,980円/月)というものがあります。

プレミアム会員(女性の場合は有料オプション)になると、

(1)メッセージの既読・未読がわかる

(2)相手の検索の上位に表示される

(3)検索機能が強化される

(4)20いいね!(=約2,500円)がもらえる

など素敵なユーザーと出会える確率が高まります。

ペアーズとの違いは?イケメンに出会える『マッチブック』の会員や料金を比べてみた

 

5:まとめ

いかがでしたか?

マッチブック』は筆者が試した主要なマッチングアプリの中で最も「美男美女」率が高いと感じました。

メンクイなあなたは『マッチブック』でカジュアルな出会いを探してみましょう!


 

※記事で紹介したサービスを利用すると、売上の一部がMenjoy!に還元されることがあります。