彼氏が欲しいのにできない…アラサーは何をすべき?彼氏欲しい人への占いも

彼氏が欲しい、結婚したい、もうアラサー……なのに、なかなか彼氏ができない! そんなときは、自分に何かが足りないと思って、ついつい悩んでしまいますね。でも一人で悩まずに、恋愛心理カウンセラーの筆者がご紹介する「何をすべきか」リストを、まずはご覧になってみてください。できることがまだまだあるかもしれません!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:彼氏が欲しいと思わない!?

(1)彼氏欲しいですか?

あなたは、本当に彼氏が欲しいですか?

また、彼氏が欲しいと強く思っているタイプですか?

人間は人それぞれです。高校生の頃から常に彼氏が欲しかったり、彼氏が途絶えないような女子もいれば、「いつかそのうち……」とノンビリ構える派だって少なくないはず。

あなたはどちらのタイプでしたか?

(2)彼氏が欲しいと思わない人も!?

「今まではそうでもなかったけれど、アラサーだから、彼氏が欲しいです!」

と言う人もいます。しかし、一方で、

「別に彼氏は欲しくないんですけど、でも年齢的に、結婚しないといけないですしね……」

こういう人も年々、着々と、確実に増加しています。そう、彼氏が欲しいと思わない人も増えているのです。

その背景には、別に結婚をしなくても生きていける、彼氏がいなくても女性が自分の人生をエンジョイできる……そんな時代になってきたからかもしれません。

とはいえ、ずっと1人というのも、いつかは寂しくなるかもしれません。そのためには、やっぱり「彼氏が欲しい」というのは、肯定するべき心理だと言えます。

 

2:高校生なら?彼氏欲しいと思った時にすべきこと7つ

(1)見た目を磨く

大変残念で、愚かなことではありますが、男性の脳はビジュアルに左右されやすいようにできています。

これはオトコが愚かだということよりも、脳の構造がそうなっているから仕方ない、と考えたほうが無難です。

したがって、彼氏が欲しいならまず自分の見た目を磨くこと。

若いなら、過度なメイクはかえって元々の魅力を曇らせることにつながりかねません。むしろ健康的でツヤのある肌を目指すなら、夜更かしをやめて早く寝ることのほうが効果的です。

(2)異性と交流する

いかに若い高校生といえど、同性つまり女子とばかりツルんでいては、男子から手出しをする隙がありません。

まずは異性と交流を持ち、彼氏ができる機会を増やしましょう。

しかし、もし女子校に通っている等の場合、SNSや恋活アプリなどで、知らない異性と知り合ってまで異性と交流する必要はありません。また18歳未満は利用禁止のものが多く、安全であるとも言い切れません。

もちろん身の回りに好きな男子がいないという女子も、アプリに頼るのはまだ早い! それよりも、予備校や習い事など、学校以外でも異性と交流できる場所を見つけることを考えて。

(3)異性に優しくする

思春期女子はあまのじゃく! 別に好きなわけではなくても、オトコだというだけで邪険に扱ったり、「近づかないでよ」なんて心にもないことを言ったりしていませんか?

実際、異性にはなぜか優しくできない……という女子高生は多いものです。

ただ、男子の心は、実は女子が思っているよりもずっと繊細です。邪険に扱われると、もし恋心があったとしても半減してしまうかも……。

逆に、ちょっと優しくされるとすぐに相手になびくのも、単純な男子のいいところです。

(4)1人で行動する時間を作る

高校生とはいえ、女の子には「女の子の付き合い」というものがありますから、いつも1人で行動するべきとはいいません。

しかし、たまに校内などで1人で行動する時間を作ると、あなたのことを気になっている男子から話しかけられるかも……。

いつも誰かと一緒にいると、あなたのことを気になっている男子がいても、なかなか話しかけることができず、恋のチャンスを逃してしまいがち。

(5)笑顔を見せる

笑顔を見せるというのも、大切な恋愛行動の1つです。

特に、異性だけに笑顔を見せるのではなく、同性と異性の双方に笑顔で対応するスキルを身に付けると良いでしょう。

なぜなら、あなたのことを気になっている異性は、女子としゃべっているあなたのこともしっかり見ているからです。

(6)悪口や噂話は言わない

意外にあなたの品位を落とすのが、人の悪口や噂話です。

高校生なら、友達とのおしゃべりで、ついつい人の噂がのぼりがちかもしれませんが、異性は意外とそれを感じているもの。

彼氏が欲しいなら、ネガティブな噂には積極的に触れないのが良いでしょう。

(7)特別感を出す

彼氏を作りたいなら、彼氏にしたい相手の男子に、

「告白したらOKしてくれそうだ」

と思わせることがとても大事です。自信がないのに告白する男子はなかなかいません。

気になる相手としゃべる時だけ他の男子と態度を変えたり、時にはストレートに

「○○くんだけ特別だよ」

という言い方をして、相手に特別感を持たせると効果大!

 

3:アラサーで彼氏が欲しいのにできない原因7つ

(1)本音では彼氏が欲しいと思っていない

今度は高校生ではなく、アラサーに彼氏ができない原因を考えていきましょう。

まずは、口では彼氏が欲しいと言いつつ、心の底では欲しいと思っていないケースが挙げられます。

彼氏がいると自分の時間は拘束されてしまうし、理不尽なことを言われたりしては面倒。

過去に男性のことで苦労したり、おひとり様的な生き方が確立してしまったりなど、様々な理由で、彼氏が欲しくないため、真剣になれないのかも……。

(2)自分を変えたくない

欲しいことは欲しいけれど、本気度が足りない、というケースもあります。

人と付き合うことは、少なからず変化を強いられること。でも変化するって大人になると大変で、面倒なことでもあります。

今が心地良い、変わりたくない……そんなふうに思っていると、彼氏をつくることのハードルは上がってしまうでしょう。

相手に合わせたくない、という姿勢を強く持ったままでは、なかなか好きになってくれる男性に恵まれないかも。

(3)上から目線

年齢を重ねるということは、経験を重ねるということでもあります。さらに、女性というものは、小さい頃から男性よりマセていたり、しっかりしている面が多いですよね。これはアラサーになっても変わりません。

だからこそ、アラサーになると、同世代の恋愛適齢期の男性に対して、どこか上から目線で接してしまいがちなのです。

本人にそのつもりはないことがほとんどですが、女性としての頼りなさやかわいらしさはだんだん表現しづらくなってしまいます。

(4)相手を限定しすぎている

付き合う相手に対して「普通の人でいい」と言う女性はたくさんいますが、ではその「普通の人」とは、どのような人のことを言うのでしょうか?

実際、多くの人が考える「普通」は、ハードルが高く、現実味のない人間像になりがちです。そんな普通の相手を探していると、いつまでも恋できないかも。

普通の人を望むよりは、「笑顔がいい人」「歌がうまい人」など、1点豪華主義で相手を探してみるといいでしょう。

(5)恋心が眠りすぎている

しばらく恋愛をしていなかった! という人は、恋をする心や力が休眠してしまっていて、恋のやり方を忘れているのかもしれません。

そんなときに男性からアプローチを受けても、鈍感になってしまって、反応できないかも?

恋愛モノのドラマを見るなどして、恋する気持ちを思い出してみるのがおすすめです。

(6)がっつきすぎている

逆に彼氏が欲しいことばかりをアピールしすぎると、男性からがっつきすぎ……と引かれてしまっているのかもしれません。

20代の中ごろまで男性からの誘いが引きも切らなかったタイプでも、アラサーになってからご無沙汰、という人は、がっついているように見えているのかもしれません。

ちょっと誘惑すれば、相手が乗ってくるはず……といったような考え方で動いていると、人間的な魅力を理解してもらえる前にシャットアウトされているかも。

また、毎週合コンに行くなど、婚活しまくっている様子をあらわにするのも、身近な男性からのお誘いをシャットアウトする原因となります。

(7)結婚を意識しすぎている

相手との恋愛を楽しむ姿勢以前に、結婚をしたい!という姿勢を前面に出しすぎていると、男性にとっては負担感が大きく、付き合いたくない!と思われてしまいます。

「まだ付き合ってもいないのに、“結婚を前提に”と言われてもな……後戻りできないのか……」と思わせてしまうのが、その原因です。

「次に付き合った人と絶対結婚したいんです!」

なんて言うのは、恋愛にとってはマイナス。

「結婚はもちろんしたいけど、付き合ってみてお互いがいいと思えたらね」

というくらいの姿勢を打ち出しておきましょう。

 

4:アラサーで彼氏が欲しい女性がすべきこと7つ

(1)女性らしさを意識する

「このような見た目が、彼氏をつくるのに理想的」ということはありません。

しかし、自分に似合っていて、しかも女性的であることが欠かせないのは確かです。

問題はこの「女性的である」という部分。アラサー女性で恋愛力に乏しい人は、女性らしく装うことに抵抗感がある人も、少なくありません。

例えば、これまで恋愛で失敗した経験が自分の女性らしさを封印してしまっていたり、年齢的なものから「女性らしい=かわいい=今さら…」なんて考えに陥る可能性もあります。

しかし、これから恋愛をしていこうと思うなら、男性から、異性として意識されることが欠かせません。まずは見た目やファッションについて、女性らしさを意識していきましょう。

(2)高望みをやめる

相手に対する高望みをやめることも、アラサー女性ができることの1つです。

さきほども少し触れましたが、「普通の人でいいんだけど……」など、本人は高望みをしているつもりがないことがほとんどです。

しかし、「普通の人」という希望が高望みである可能性に気付き、恋愛対象となる枠は広げることが、より多くのチャンスを手に入れることにつながるのです。

(3)一歩退く賢さを身に付ける

アラサー女性には、世渡りから仕事まで、ひととおり自分でこなせるようになった人も多いでしょう。しかしそのスキルが、「オトコがいなくても生きていける」というスタンスにつながっていることも否めません。

「いい年になって男性にリードされるなんて恥ずかしい」と思うアラサー女性もいますが、それこそが恋愛を遠ざけます。

男性と一緒にいるときは、一歩退いて男性にリードを譲る賢さを身に付けたいところです。

(4)人に弱みや隙を見せる

アラサーになって彼氏ができにくい人に圧倒的に多いのが、頑張り屋さんの女性です。

「こんなに頑張ってんのに……」と思うなら、まさにそれが原因かも……。

いつでも落ち込んだ姿ばかり見せているのは、他人を遠ざける効果しかありませんが、いつも頑張っている人がたまに落ち込むのは、ギャップがあって魅力的。

そんな時は、周囲の男性に「力になってあげたい」「はげましてあげたい」と思わせるチャンスなんです。

いつでも頑張り過ぎず、時には弱みや隙を見せることも大事!

(5)断捨離する

突然、運気の話になりますが、あなたのお部屋のクローゼットはどのような状態ですか?

クローゼットが満杯で、もう他に入る余地がないような女性には、なかなか良い恋愛運が訪れないという特徴があります。

これはどういうことかというと、今あるものだけで、人生がもう一杯一杯なのです。新しいものが入ってくる余地がありません。

そうなると、やっぱり彼氏という新しい存在が生活に入る余地はなく、そのため、望んではいても、彼氏がなかなかできないという状況を作り出しやすいのです。

古いモノや不要なモノを捨て、家やクローゼットにスキマを空けてください。それは、新しいものを呼び込むための心のスキマなのです。

(6)女子会をセーブする

アラサーで彼氏のいない女性に多いのが、「なにかにつけて女子会」という生活パターンを送っている人です。

多くの男性は、女性が集団になることについて恐怖感を抱いています。そこには彼らの知り得ない、オトコに対する誹謗中傷、悪口、あるいは女同士のドロドロとした何かが渦巻いていそうに見えるのです。

だから、週1とかで頻繁に開かれる女子会の様子をSNSにアップしているなんて、最悪です。ハッキリ言って男性からは、近づきたくないと思われています。

例え好意をもっていたとしても、下手に何かをしたら女子会のネタになってしまいそうだし、そもそも女子ばっかりで楽しんでいる女なんて怖いという思い込みがあるわけですから。

まして、女子会でスケジュールに空白がない……というようなタイプは、間違いなく、男性が近づけない雰囲気を醸し出しています。

思い当たる人は、今すぐ女子会をセーブし、彼氏ができたときのために空白を空けてみましょう。

(7)出会える場所へ一人で行く

彼氏が欲しいのに、出会いの場へ赴かないアラサー女子は大勢います。

しかし残念ながら、自宅と会社を往復していても、出会いはやってきません(会社に相手候補がいるなら別ですが)。家の前で急にイケメンが倒れていて、家に招き入れて介抱するような事態は起こらないわけです。

したがって、出会える場所へ赴くのが大事ですが、それも「一人で行く」ことに価値があります。

なかなか勇気が出ないからと、友達と一緒に出会いの場を回る人がいますが、男性から見れば、連れがいたら声をかけづらいだけ。

習い事やサークルでも、婚活でもパーティーでも良いですから、勇気を出して、一人で行動するのです。

あなたが一人でいるのを見て、「声を掛けやすい」「チャンスだ」と思ってくれる男性があらわれるかも。

 

5:彼氏が欲しいときの占い5つ

(1)彼氏はいつ頃できる?

彼氏がいつ頃できるのか知りたいなら、運気の上昇する時期を見ることに適している四柱推命か、ホロスコープ占いを試してみましょう。

これらの占い方は、「運気が上昇する時期や下降する時期」を詳しく見ることができます。恋愛運だけに注目することも、もちろん可能です。

彼氏ができる時期は、運気が上昇している時期がほとんどですが、その時期は生年月日や生まれた時間によって異なります。

恋愛運の良い時期を知っておけば、準備や努力もしやすいですね!

(2)どんな人が彼氏になる?

彼氏になる人がどんな人かを見たいなら、タロット占いがおすすめです。

タロットカードで見ることのできる項目はたくさんありますが、中でも「人の感情や性格」を見ることに適しています。

どのような性格の人なのか、何座生まれの人なのか……など、占う人によって見方は違いますが、タロットを使えばある程度、未来の彼氏の性格を見られるかもしれません。

(3)次の彼氏との出会い方は?

次の彼氏とどうやって出会うのかがわかれば、それに即した行動をする等の対策が取れるかも! それを知るには、未来をヴィジョンとして見ることができる、霊視占いが適しているでしょう。

霊視の占い師は、これから起こることをVTRのような映像として見ることができます。ですから、あなたが彼とどのようにして出会うのかも、見ることができるでしょう。

(4)彼氏ができない原因は?

彼氏ができない原因を知りたいなら、易占いに頼ってみましょう。

易は、様々な占い方法の中でもかなり辛口なほうです。グサリと的を射たことを言われて、「ウッッ……たしかに」となった経験者も少なく無いはず。

辛口の易占いなら、あなたに彼氏ができない原因をズバリ教えてくれるでしょう。

(5)彼氏を作りたい時にすべきアクションは?

彼氏を作りたいけれど、何から行動すべきかいいかわからない……そんな時は、オラクルカード占いで、今すべきことを占ってみるのがおすすめです。

オラクルカードとひと口で言っても、様々な種類のカードがあり、どんなカードを使って占うかは、占い師次第なのです。

占ってもらう立場としては、どんなカードに出会えるかという楽しみも、あるかもしれませんね。

どんなオラクルカードでも、オラクルカードであれば、これから何をしたら良いのかを的確に導いてくれます。

 

6:彼氏を作った人の具体的な方法9つ!

(1)女友達を増やした

男友達を増やすのではなく、女友達を増やすことで彼氏ができた、という方がいます。まずは女友達を増やして、そこから彼女の男友達が増える、というメカニズムを利用した方法です。

特に彼氏ができづらい人にとっては、男友達を増やすよりも女友達を増やすほうがハードルが低いことも多いでしょう。

また「良い友達の周りには、良い友達が集まる」という現実もありますので、すてきな女友達を増やすことが、近道になることは確かです。

(2)彼氏を欲しがるのをやめた

彼氏が欲しいからといって「彼氏欲しい!」といつも言っていると、なぜか彼氏ができない……という法則を知っていますか?

これは、男性から「がっついているオンナ」と思われて、なかなかアプローチをしてもらえない、好きになってもらえない……というデメリットがあるためです。

いつも彼氏欲しいと言っていると、男性としては

「オレじゃなくても、オトコなら誰でもいいんだろ?」

と思ってしまうこともあります。

誰かから訊ねられた時に、「今彼氏はいません」「募集中なんですよ!」と話すのは構いませんが、「あー、彼氏欲しいなー」なんて日常的に言うのをやめるだけで、自然といい風向きになるのかもしれませんね。

(3)彼氏ができた自分をイメージした

彼氏を作る早道は、彼氏ができた後の自分をしっかりとイメージすることです。

これは、イメージトレーニングとも引き寄せとも呼びますが、いずれにしても現実的に想像することで、理想的な未来が近づくことは確かなようです。

科学的根拠はありませんが、恋愛でもビジネスでも、イメージすることによって実際に成果を得たと証言する人はたくさんいます。

特に恋愛については、彼氏と付き合っている自分をイメージすることで、日々の言動や装いに色気が出て、その結果として本当に異性を惹きつける結果が期待できそうですね。

(4)フレグランスをつけた

男性は、匂いに強く影響される一面があります。

「イイ匂い!」と感じてしまうと、それだけで相手のことが好きになってしまうんです。

それを効果的に利用して、「フレグランスをつけてみたら、ほどなくして彼氏ができました!」という体験談も耳にします。

フレグランスといっても香りの種類は様々ですが、どの香りがオトコ受けが良いかというよりも、あなた自身が好きだと思う香りを選びましょう。

なぜなら男性側も、好きな香りで女性を選んできます。そこで好みの合う異性を選ぶお手伝いにもなるわけですね。

(5)服の色を変える

あなたが好きな服の色は、何色ですか?

アラサーにありがちなのが、黒、白、紺といったベーシックカラーや、グレーなど、暗めの色の服ばかりを愛用しているパターン。

きれいに見えるかもしれませんが、彼氏ができないパターンを変えたいなら、思い切って色柄の鮮やかな服を着てみましょう。

服を華やかにしたら彼氏ができた、と言う女性も多いものです。

(6)スカートをはく

服の色と同様、常にパンツスタイルで動いているようでしたら、スカートをはくようにしてみましょう。

スカートは女性が着用するもの。つまり男性に「オンナ」を意識させるために効果的なアイテムです。

人によっては、スカートをはくだけで、いつもよりも女扱いされた!という人も。彼氏を作りたいなら必須と言えるかも。

(7)人に甘える、頼る

完璧主義の女性は多いものです。それは小さい頃から「ちゃんとする」ことを求められて育つ日本人女性ならではの現象なのかもしれません。

しかしそれは恋愛においてはマイナスに働きます。「かわいくない」と思われてしまうデメリットが前面に出てしまうことがあるからです。しかも、あれもこれも完璧になんて本当は無理ですよね。

そうならないように、自分のできない部分や苦手な部分は人に頼り、甘えてみましょう。

「甘えるようにしたら男性が喜んでくれて、その結果、彼氏ができた」

という体験談はたくさんあります。

(8)褒め言葉を口に出す

心の中で相手を褒めていることはあっても、それが口から出るか、出ないかというのは大きい違いです。

彼氏ができるようになった人の中には、

「それまで言えなかった褒め言葉を、勇気を出して言うようにした」

という人も多くいらっしゃいます。

(9)素直になる

最後は、素直になること。

自分の気持ちを表に出すようにしたら、彼氏ができた!という体験をした方は多いのです。

自分の気持ちや感情を表に出さないことは、一見、他人に対しての思いやりが深く、マナーにかなっているようにも思えますが、実は相手との間に一線を引いて、関わらないようにしているのと同じ事。

自分の気持ちを相手に伝えるのって、どんな場面でも大切ですね。

特に好きな人に対しては、好きだという気持ちを全力で伝えましょう。要するに、「告白してくれても断らないわよ!」とアピールするのです。

男性は成長してからも、高校生のときと本来はあまり変わりません。成功率の高い相手にアタックしたくなるものです。

 

7:最後のカギは、告白してもらう雰囲気づくり!

例えば、8割がた失敗するような仕事って、挑戦したくはありませんよね?

男性にとっての告白も、それと同じで、失敗しそうなミッションには挑戦したくなくなります。

彼氏を作るには、好きにさせることの他に、「告白されたらOKします」という雰囲気を出すことが大切。それはもう、どの年代でも変わらないのです。

彼氏を作りたいなら、どうやったらそれが伝わるか、考えてみるといいですね!