好きになった人に男性が取る行動5つ!ダメンズを好きになる前に見極める方法も

誰だって、人を好きになることはあります。ですが、好きになったはいいものの、付き合ってみたらダメンズだった……という場合もあるでしょう。そうなるとこの先、あなたが苦労することは目に見えています。そうならないために、好きになる前にダメンズかどうかを見極める方法があったら、知りたくないですか? 考えてみました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:好きになった人と言えば…

演歌歌手の都はるみさんの曲に、『好きになった人』というのがあります。都はるみさんの37枚目のシングルで、1968年に発表され、20万枚の売り上げを記録した、都はるみさんの代表曲です。

歌詞を見る限り、男性とは結ばれず、もしかしたら男性は別の女性と結婚をしたのかもしれません。男性が別の女性と結ばれても、それでも愛し続けるという意志が歌詞から読み取れる曲です。

現実にも、既婚者を好きになったり、諸事情により結ばれることが困難な相手を好きになったりすることは、よくあります。

 

2:好きになった人に男性が取る行動

ところで、もし男性が誰かのことを好きになったら、どんな行動を取るようになるのでしょうか?

(1)「手伝おうか」が多くなる

男性は、誰かを守りたいという“養護欲求”が強いと言われています。それが好きな相手に対してなら、なおさらです。そのため、好きな相手に対しては、必要以上にかまいたくなり、仕事や勉強を手伝おうとします。

逆に、好きな相手から「手伝って」と頼まれたら、嫌とは言えないのが男性の性かもしれません。

(2)すぐに近くにいようとする

いやらしい意味ではありませんが、「好きな相手のそばにいたい」のは、男性も女性も同じです。ことあるごとに、気づいたら好きな相手の近くにいようとします。仕事中なら、すぐに近寄ってきて話しかけようとするかもしれません。

(3)LINEの頻度が増える

これは、女性にもあてはまりますよね。好きな人とは、コミュニケーションの量が多くなり、密度が高くなります。

一般的に、男性は女性にくらべてコミュニケーションは得意ではないことが多いため、急にLINEのメッセージの送られてくる頻度が増えれば、ほぼ「好きな証拠」といって間違いないでしょう。

LINEだけではなく、電話についても同じことが言えます。

(4)個人的な質問が多い

好きな相手のことを知りたいと思うのは、女性も男性も同じです。ただ、徐々に相手のことを知ろうとしたりするのが苦手なので、直球で質問してくるのが多いのが男性の特徴かもしれません。

(5)バレバレに優しくしてくる

女性であれば、みんながいる前だと気をつけて相手に接しますが、なかなか男性でそれができる人は多くありません。

男性の場合だと、あきらかに「好意があるでしょ?」とわかるくらいに、他の興味のない女性にくらべて、とても優しく接してきます。

「荷物持とうか?」とか「疲れてない?」といったように、気遣いが見えてきたら、それが好きな証拠とも言えるでしょう。

 

3:好きになった人がダメンズだったら…見極めるための女の行動

自分が好きになった相手がもし、“お金にだらしがない”とか、“女性関係がユルい”とか、「付き合ったら苦労するだろうな」という相手だったら。

好きになったのだから、付き合ってもいいのですが、できることならそんな相手とは関係を深めたくない!と思う人もいるでしょう。では、そんな相手はどうやって見極めたらいいのでしょうか?

(1)相手の嫌なことを少ししてみる

誰だって、嫌なことをされたら怒ったり、不機嫌になったりします。ですが、それだって程度があるわけです。

難しい言葉で言えば、相手の嫌なことを少ししてみて「情緒が不安定じゃないかどうか」様子をみてみましょう。

普段は優しい彼が、ちょっとしたことで予想以上に怒ったりしたら、付き合ったときにも同じように態度が豹変すると思っていいでしょう。

(2)何度か買い物に出かける

お金にまつわるトラブルは、交際を続けていく上で、けっして小さな問題ではありません。

とはいえ、彼の持ち物からそれを判断することはできません。実際に、買い物の仕方からそれを判断するしかないんです。そのためには、何度か買い物に一緒に出かける必要があります。

(3)悪口を言うかどうか

友達や会社の上司の話をして、彼が悪口を言うかどうかもポイントです。自分から少し、誰かの悪口を言ってみて、彼がのってくるかどうか、“かま”をかけてみましょう。また、悪口だけではなく、愚痴っぽいのも要注意です。

 

4:まとめ

いかがでしょうか。

誰かを好きになることは、素晴らしいことです。それがたとえ、どんな相手でも。ですが、どうせなら素敵な人と恋愛したいですよね。