職場にいるいる!独身お局様の特徴と心理とは?いじめ・無視対策など完全攻略法18

会社に就職すると、意外なところにトラブルの元が転がっているものです。その中でも意外と厄介なのがお局様問題。たとえ苦手な相手であっても、仕事を進めるうえで必要あれば一緒に仕事をしなければなりません。それに相手から嫌われてしまった場合は更に大変です。そこで今回は、このお局様の特徴や心理と、お局様から受けるいじめや無視への対策方法をご紹介します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:「お局」「お局様」とは?

(1)「お局」「お局様」の意味

デジタル大辞泉によると、御局(お局)の意味は

1 宮中で、局(個室)を与えられた女官の敬称。
2 江戸時代、将軍家・大名家で局を与えられた奥女中の敬称。また、その奥女中を取り締まった老女の敬称。

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

とのこと。またそれに関連して御局様(お局様)に関しては

俗に、職場で、勤続年数が長く、特に同性の同僚に対して力をもっている女性のこと。

(出典:デジタル大辞泉/小学館)

とあります。

どちらも、多くの女性が集まる場所で権力を持つ女性という意味があり、他の女性たちからすると少し厄介な存在であるといえます。

(2)お局様の年齢は何歳から?

上記の意味からすると、お局様と呼ばれるのに年齢は関係ありません。むしろ他の女性たちよりも、勤続年数が長いということが関係してきます。

女性の平均勤続年数が短い会社では、20代後半でもお局様になり得ますし、逆に勤続年数が長い女性が多い職場では、お局様と呼ばれる人の年齢も高くなります。

また、筆者周辺の女性に意見を求めてみると、

「お局様のイメージは、他の人より自分の方が仕事ができると思っていて、無駄に交友関係が広く、意地悪な人と仲がいい」(金融機関Sさん 30代)

という意見があるように、勤続年数が長いのに加え、若干人間性に問題があると思われている人が「お局様」と呼ばれやすいようです。

(3)『お局ロック』の歌詞も話題に⁉︎

エレクトロラップユニットの「Charisma.com(カリスマドットコム)」による『お局ロック』の歌詞では、お局様の人間性にフォーカスされています。

女王様気取りで会社を牛耳っているように見せていても、結局は寂しい心の内が見透かされてしまう。

本当にハッピーな人なら誰かに意地悪をしたり、むやみに人と優劣をつけようとしたりなどしないものですよね。

実は寂しいお局様の生態が赤裸々に歌われています。

 

2:職場にいるいる!独身お局様の特徴5つ

(1)他の女性より勤続年数が長い

デジタル大辞泉の定義にもあるように、お局様の特徴の1つは、勤続年数が他の女性社員よりも長いことです。

勤続年数が長ければ、当然社内の人脈も広くなり、仕事についても他の女性社員よりも知っていることが多いでしょう、

それらをまるで自分の能力のように誇示し、他の女性社員に圧力をかけるお局様。勤続年数が長くても、周囲に協力的で尊敬できる女性はお局様とは呼ばれません。

(2)上司にも半ため口

「うちの会社のお局は、外資系企業ということもあって上司をファーストネームの呼び捨てで呼ぶ。さすがに誰もが違和感を感じているけど、本人は上司すらも掌握した感じで我が物顔」(金融機関Sさん 30代)

お局様は自分の権力を見せつけるのに必死です。あの手この手で自分がいかにこの会社で重要人物であるかを誇示しようとします。

上司との距離がやたらと近いというのも1つのサインです。

(3)派手

「流行に超敏感で派手。髪形もファッションも常に抜かりない。その抜かりなさが必死過ぎる感につながってる」(IT関連Tさん 30代)

ファッションは「会社での武装」と言わんばかりに、派手な流行ファッションで登場するお局様。

隙は一ミリも無いその完璧具合が、周囲から見ると「痛さ」につながっているようです。

(4)自分は仕事ができると思っている

「本当に大した仕事じゃないのに、私がやったとか、私がいなかったらとかそういうことを恥ずかしげもなく言う」(保険事務Hさん 30代)

お局様最大の武器は長く勤務していることによる仕事に関する知識。「そんなもの、長く働いてれば誰だってわかるよ……」というようなことも、お局様にとっては大手柄。

「『仕事ばかりしてるから、男ウケ悪いんだよね~』といってるお局様がいたけど、仕事のせいじゃない……」(事務職Aさん 20代)

そんなに難しい仕事じゃないのに、キャリアウーマン的な立ち位置に自分を置きたがるのもお局様の特徴なようです。

(5)取引先などにも知り合いが多く馴れ馴れしい

「取引先のイケメンに『○○さ~ん! また来てたの~?』とかいって近づき、体をべたべたさわるお局。絶対嫌がられているのに本人は全く気付いていない」(保険関連Kさん 20代)

勤続年数が長いおかげで、取引先の人もみんな知り合いであるお局様。相手も取引先であるが故、嫌そうな態度をとることもできず、されるがままになってしまうようです。

 

3:お局様が嫌がらせをする心理5つ

(1)不安

仕事で先を越されてしまったり、もっと優秀な子が入ってきてしまうことを恐れているというのも、お局様を生み出す心理。要は自分に自信がないのです。

それであればもっと仕事を極めればいいのに、そっちにはエネルギーが向かないのがお局様。だからこそ永遠に不安のサイクルが止まりません。

(2)若さに嫉妬

「リクルーティングのときは、若い女性を積極的に採用しようとするのに、採用した途端いじめ抜く。男性は残るのに、彼女の部署の若い女性は全員辞めていく」(コンサルティングSさん 30代)

若い女性にだけ意地悪をし続けるお局様。そのいじめが過激になり過ぎると、チームの若手社員が育たず会社にとっても大きな損害です。

でも、そういうお局様の悪行を見抜けないのか、放っておいているのか分かりませんが、なぜか会社側も何もしようとしない。

このような状況は、どこの会社でも多かれ少なかれ見られるものです。

(3)仕事ができない人が嫌い

「自分だって新卒の頃は仕事ができなかったはずなのに、新卒が入ってくると“仕事できないんだから黙って言われたことやりなさいよ!”とか言う。本当に意地悪としか思えない」(不動産Aさん 30歳)

お局様の中には、ただ単純に仕事ができない状態の人と仕事をしたくないという場合もあるようです。

でも自分だって同じだったはず。結果として大変意地悪なことに変わりはありません。

(4)自分が上だと示したい

「お局からの指示があいまいで間違えてしまったとき、わざわざ上司に告げ口された。言い訳する気にもなれず。次回からは全部自分で調べてから取りかかろうと誓った」(金融機関Yさん 30代)

「自分の方が立場が上であること」を周囲に知らしめるために、嫌がらせをしたり信じられない行動に出るお局様もいるようです。

自分の立場を守るためなら、卑怯な手も辞さないところが恐ろしい限りです。

(5)ただのいじめっ子根性

「“あの子なんか嫌いなんだよね、ひとりっ子だしさ”とトイレで話していたお局。それただのいじめっ子根性じゃん……。恐ろしい~」(販売Iさん 30代)

「なんか嫌い」という理由で、誰かに嫌がらせするのはただのいじめ! そんな人が会社にいたら最悪ですよね。

あまりにひどい場合は、上司への相談も必要です。

 

4:お局様からいじめられないための対策5つ

(1)初めから言うべきことははっきり言う

お局様は弱い女子社員を狙って、嫌がらせをします。なので毅然とした態度で臨むことが大切です。

一度狙われてしまうと面倒です。相手が軽くジャブを売ってきたら、はっきりと自分の言いたいことを伝えましょう。

(2)男性社員に媚びない

お局様は男性社員に媚びる女性が大嫌い。目を付けられないためにも、男性社員とは上手に距離を取りましょう。

社内でいつまでもおしゃべりしていたりすると、いつの間にかよからぬ噂を立てられているなんてことにもなりかねません。

(3)お局様を立てて感謝する

お局様と一緒に仕事をしたら、お局様を立ててきちんと感謝しましょう。

お局様は感謝が大好物。しっかりと感謝しておけば、思いのほかかわいがられてしまう、なんてこともあり得ます。

勤続年数が長いお局様に、好かれておいて損はありません。

(4)お局様からの誘いは断らない

お局様からランチのお誘いがきたら、面倒くさいですができるだけ断らないようにするとよいでしょう。

ランチはたかだか1時間程度。

その間、聞き役に徹してあげれば、ご機嫌でごちそうしてくれるかもしれません。

(5)お局様に媚びない

お局様と仲良くするのはいいのですが、媚びて子分になってしまうのは禁物です。

お局様は上下関係が大好き。

子分になったと思ったとたん、今度は「親分と子分」という人間関係に悩まされる羽目になります。

お局様はそもそも人間性に若干の問題があることをお忘れなく。

 

5:めんどくさい! お局様の“嫌がらせ無視”対処法3つ

(1)必要なことだけ伝えて後は放っておく

「機嫌が悪いと無視してくる同じチームのお局。2人で一緒に仕事をしないと進まないから、こっちが伝えることはきちんと伝えて返事がなくても放っておく。そのうち相手が困って話しかけてくる」(商船Kさん 20代)

お局様だって仕事が進まなければ困ります。自分の意地悪根性で始めた無視も、自分が困れば解消してくるもの。

毅然とした態度で臨みましょう。

(2)お局より仕事ができるようになる

「入社したてで、お局から仕事を教わらなければならず地獄の日々だった。何か聞くたびに“それこの前もやったでしょ”とかやってないことまで言ってくる。

なので、すべてをメモしてマニュアル化し、ひとつも質問しないですべてができるようにした。もう話す必要もない」(保険関連Nさん 30代)

お局様に話しかけなければ仕事が進まない日々は、憂鬱です。それならお局様が必要ないくらい仕事を完璧にし、すべて1人でこなせるようになりましょう。

そうすれば、無視されているということすら気にならなくなるほど、お局様との接点が薄まります。

(3)どうしても困る場合は上司に相談

「お局からのいじめが悪化。精神的に病んできてやめようかと思っていたところで上司から救いの手が。過去にもお局にいじめられてやめた人がいたみたいで、とうとうお局が移動になった」(金融機関Mさん 30代)

あまりにお局様からのいじめが悪化してしまった場合は、上司に相談してみましょう。自分が会社を辞める必要はありません。

お局様の悪行は上司も把握している場合がほとんど。まともな会社なら、助けてくれるはずです。

 

6:我慢しすぎない程度に上手に利用しよう

お局様は本当に厄介な存在です。でも社内の人脈が無駄に広く、仕事に関してもよく知っていることが多いため、時に使える存在であるのも事実。

辛くならない程度に関係を構築し、上手に利用してみる。そのくらいの心構えで接してみるといいでしょう。