結婚式の髪型…ボブ編!簡単にできる「結婚式OKな」ボブアレンジ5選

「結婚式の髪型どうしよう……」と、悩んだときはセルフアレンジに挑戦してみましょう♡ 今回は自分で簡単にできるヘアアレンジをお届け。へアレンジ・ヘアケアなどのレクチャー動画配信が大人気の鶴谷和俊さんにレクチャーいただきました。テーマは「結婚式OKなボブアレンジ」です♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:結婚式です!ボブで簡単な髪型は?

大切な友人の結婚式、悩むのはドレスだけではありません。

「ヘアアレンジはセルフ、それともサロンへ?」というところも人によってさまざまでしょう。

(1)結婚式の髪型、ボブなら「簡単自分で」できる?

「現在、ボブヘアです」という人は、結婚式のヘアアレンジを自分でやってしまうおう!という人も多いのではないでしょうか?

ただし、ボブは短いからといって、ロングに比べてアレンジが簡単なわけではないんですよね。

むしろ髪の毛が短いからこそ、アレンジの途中で短い毛が言うことをきかないことも……。ボブのアレンジでは、スタイリング剤をしっかりと使って長時間の結婚式でも崩れないようにすることが重要です。

(2)結婚式の髪型、ミディアムの場合の基本スタイルは

ボブ~ミディアムの人の結婚式ヘアアレンジといえば、ハーフアップ。

簡単で手軽にかわいくなれる定番のスタイルです。

アレンジも豊富で、三つ編みや編み込み、シニヨンなど自分の気分にあわせてアレンジを楽しむことができるのも魅力的。

またハーフアップスタイルは、バレッタなどのヘアアクセサリーをプラスすると、より華やかになりますよ♡

 

2:結婚式の髪型、ボブの場合

では、ボブヘアの人向けの「結婚式のヘアアレンジ」について、具体的に見ていきましょう。

(1)ショートボブはそのままで行っていい?

ショートボブの人は、「そのまま結婚式に参加したいんだけど……それってマナー的にはどうなの!?」と一度は悩んだことがあるはず。

ショートボブの場合、結婚式でそのままのダウンスタイルで参加してもマナー違反になることはありません。ただし「清潔感」があることが必須。

食事の際に髪の毛が落ちてきたり、お辞儀をするたびに顔が隠れてしまったりするような清潔感のない状態はNGです。

最低でも、前髪を分ける、耳にかける、簡単にハーフアップでまとめるなど工夫をするようにしましょう。

せっかく大切な人の結婚式に出席するのですから、コテでトップを少し巻いてみたり、ストレートアイロンでツヤを出してみたり、ヘアアクセサリーをプラスしてみたりするのがおすすめ。

少しの工夫で、華やかさがぐっと引き立つようにしたいですよね♡

(2)簡単にできるボブアレンジ

早速、基本のボブアレンジを見ていきましょう。

鶴谷さんが紹介しているのは「くるりんぱ×ボブアレンジ」

ヘアアレンジがかぶりがちなボブスタイルですが、これなら周りと差がつけられそう。ワンランク上のセルフアレンジが楽しめそうです♡

上記の動画では、わかりやすくボブのアレンジ方法が紹介されています。簡単に見えますが、実はボブだからこその「難しいポイント」も。

鶴谷さん曰く、ボブのセルフアレンジは、「ほぐしすぎたり、最後の仕上げのスタイリングをしっかり行わないと崩れてきてしまう」という難点があるようです。コツをしっかり押さえてアレンジしてください!

(3)ボブハーフアップ

続いて王道のハーフアップ。

鶴谷さんの動画ではなんとピンを使わず、ゴムだけを使ったボブのハーフアップが紹介されています。

ハーフアップの中でも、くるりんぱアレンジを取り入れると一気に華やかな印象に♡

こちらもボブの長さだと、髪の毛がぴんぴん出てくるので、ほぐしすぎ注意なのだそう。少し、難易度が高めなので練習が必要かも。

(4)ボブポニーテール

「ボブでポニーテールって……?」と不安な人も多いかもしれませんが、ちょっとの工夫で結婚式OKなきちんとスタイルに♡

ポニーテールのセルフアレンジはこちら!

ボブはアレンジしてる間に、ポロポロ髪の毛が落ちてくるデメリットがありますが、逆にそれを利用してかわいくできるのだとか!

このままでも普段のデートにはぴったりですが、結婚式であれば、華やかなパールのピアスやヘアアクセをプラスすることで「上品さ」も出すことができますよ♡ とてもかわいいですね。

(4)ボブで前髪なしの場合は?

前髪が顎ラインくらいまであれば、「三つ編み」や「編み込み」を使うことで、前髪アレンジの幅が広がります。

鶴谷さんの動画で紹介されているのは「ロープ編み」を使ったヘアアレンジです。

ロープ編みをつくって、耳後ろで止めることで、邪魔な前髪をきちんとセットすることができます。結婚式にはぴったりのヘアアレンジですね。

(5)子供でボブの場合は?

結婚式で子供がボブの場合、特別ヘアアレンジをせずに、かわいらしい髪飾りをつけるというケースが多いようです。ハートや星など、カラフルなヘアアクセサリーが人気な様子。

ヘアアレンジをして、かわいくしてあげたいところですが、心配なのは、「ピン」でけがをしないかということ。そんなママにぴったりなのが、鶴谷さんの動画で紹介されている「サイドアップのトリリンパアレンジ」です。

「せっかくなので、子供のヘアアレンジもしたい!」という場合に、ピンなしで安心なヘアアレンジをつくることができます。

 

3:結婚式の髪型、ミディアムの場合

続いて、「ミディアム編」をお届けします。

(1)ミディアムはそのままで行ってもいい?

ボブ同様に、ミディアムヘアのダウンスタイルも問題ありません。

実際に結婚式に参加すると、ミディアムやロングヘアの女性でもダウンヘアで出席するゲストも多いです。

ですが、こちらもボブ同様に「清潔感」があることが必須。

寝起きの状態のまま、式に参加することは当然NGです。

「そのまま」といっても、最低限清潔感があるヘアスタイルで式に臨みましょう。

とはいえ、ミディアムヘアはボブに比べ、「そのまま」の状態では清潔感に欠ける可能性があるので、マナー違反にならなくとも、最低限のヘアセットをしていくのがベターです。

(2)簡単にできるミディアムアレンジ

ではここからは実際のアレンジをご紹介!

結婚式にセルフのダウンスタイルで参加するなら、ストレートではなく、ヘアアイロンを使って巻いて華やかさを出す人も多いですよね。

巻くだけでも華やかさが出るので、ヘアアクセサリーをプラスすれば、ダウンスタイルでも「清潔感」の「華やかさ」を演出することができます。

鶴谷さんの動画では、ミディアムヘア用の巻き髪ヘアアレンジが紹介されています。

「巻く前はオイルをなじませるとツヤが出る」「コテは32mm」「コテの温度は低ければ低いほどいい」などのポイントも動画内で解説されています。

上記のポイントを押さえれば結婚式OKな「簡単」巻き髪が完成!

(3)ミディアムハーフアップ

ミディアムの人はハーフアップが主流。

続いては、「おだんご」にも見えるハーフアップアレンジです。

定番のハーフアップですが、「三つ編み」のアレンジが加わることで、凝って見えるのも結婚式向き。また上品に見えるハーフアップに、“かわいさ”がプラスされたヘアスタイルですね。

 

4:ボブはとっても素敵になれる!

いかがでしたか?

簡単にできる「結婚式OKな」ボブアレンジをご紹介しました。

今、ボブスタイルの『Menjoy!』 読者のみなさんは、ぜひご参考に!

 

【取材協力】

鶴谷和俊

ヘアレンジ・ヘアケアなどレクチャー動画配信が幅広い年代の女性から人気の美ヘアクリエイター。